« 能登大震災(平成19年能登半島地震) | トップページ | 100%の普及率 »

2007年10月 3日 (水曜日)

物持ちがよい


昔から「物持ち」は良いほうだ。 理由は、①経済的に新品を買えない、②捨てるのが「もったいない」、③分別ごみの出す日に忘れているか出すのが面倒くさい、の三つが主なものだが、③の理由のものがけっこう部屋の収納を圧迫している。

昔、レーザーディスクというものがあった。若い人は知らないかもしれない。DVDというものができる前、音楽はCD、映画はレーザーディスクとなっていて、直径30cmの大きさだった。プレイヤーはさすがに大きすぎて邪魔なので、テレビを買ったときに配達の人に引き取ってもらったが、そうなるとそれこそディスクは全くの「邪魔物」。 今時これを持っている人なんて日本に何人いるのだろうか。

|

« 能登大震災(平成19年能登半島地震) | トップページ | 100%の普及率 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/9248066

この記事へのトラックバック一覧です: 物持ちがよい:

« 能登大震災(平成19年能登半島地震) | トップページ | 100%の普及率 »