« 和久井映見 ⑤ | トップページ | 膝の負担 »

2007年11月12日 (月曜日)

服のボタン

001世の中には普通の人には理解できない「変人」というのがいるが、実は僕もその一人だ。その変わったところの一つとして、「ボタン嫌い」があげられる。

小さい頃から、服のボタンが駄目なのだ。蛇やミミズが嫌なのと同じように、生理的に受け付けない。そのため、 ①小さい頃、その制服のボタンを触るのが嫌で、通っていた保育所を「中退」した。 ②小学校の入学式で手をつないだ女の子のピンクの薔薇の形をした大きなボタンが嫌で、手を離そうとして先生に注意された。 ③母親の裁縫箱の中にボタンがいっぱい入っていたので、その裁縫箱自体に近づかない。 ④女性の初対面の第一印象に、その人の服装のボタンの占める比重がかなりある。 ⑤女性がボタンのついた服を着ていたら僕からは脱がさない。脱いでもらう。付き合う人のデート時の服装は限定される。 ⑥タレントの画像をよくネットからダウンロードするが、服のボタンが映っている画像はダウンロードしない。ちなみに、下の「和久井映見⑤」の動画は例外中の例外である ……

自分でも異常だとは思う。親しい友人は「幼い頃に飲み込んで息が詰まった経験があり、それがトラウマになっているのではないか?」と言うが、原因はわからない。とにかく僕が自分で買う服は、Tシャツ、、トレーナー、セーター、etc. 全てにボタンはついていない。

|

« 和久井映見 ⑤ | トップページ | 膝の負担 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/8882977

この記事へのトラックバック一覧です: 服のボタン:

« 和久井映見 ⑤ | トップページ | 膝の負担 »