« 膝の負担 | トップページ | 上杉謙信 »

2007年11月12日 (月曜日)

ネット碁のマナー

002 ネット碁を打っていて、ネット碁だからできる(?)マナー違反によく出会う。

① 100目近い大差なのに、1手に数分かけて延々と打ち続け、投げずに半コウまで争うという人。

② 大石が死ぬと、普通は投了の場面なのに次の手を打たない。10分で時間切れで負けるのだが、負けた腹いせに相手に10分間イライラさせる効果でも狙っているのか。

③ ちょっと序盤で気に食わない展開になると、勝負はまだこれからなのに10手も打たないで投了する。早く投げると「レート」の変動が無いから。

④ 大差がついて負けているとき、投了しないで「このゲーム、無かったことにしませんか?」と言ってくる人。

|

« 膝の負担 | トップページ | 上杉謙信 »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/8888305

この記事へのトラックバック一覧です: ネット碁のマナー:

« 膝の負担 | トップページ | 上杉謙信 »