« やってみたら面白い | トップページ | 腰が抜けるという体験 »

2007年12月27日 (木曜日)

食わず嫌い王選手権


「とんねるずのみなさんのおかげでした」の食わず嫌い王選手権を見ていてよく思うのだが、タレントも人間だから、もちろん好き嫌いはあるだろうが、そんなに「食べれない」ほど嫌いなものをみんな持っているんだろうか。 何回もでている人なんか毎回毎回「あれが駄目」「これが駄目」と言うが、普通、さほど好きでなくても、食べるのに汗をかいたり涙目になることは無いだろうから、相手の食べる様子から嫌いなものを当てるなんて、どだい無理だと思うのだが。 まあ、番組自体の趣旨も「クイズ」や「対戦」なんかというより、トークショーだろうから、大人気なく「やらせだ」と騒ぐつもりもない。とんねるずのトークも絶妙なので、楽しませてもらっています。

それよりも、「食べたくないのに食べる」ということで言えば、若手芸人なんかがたまに挑戦する「ゲテモノ食い」のほうがはるかにすごい。ただ、それも「お笑い」のジャンルなのかもしれないが、はっきり言って見るほうも気持ち悪いので、何故ああいう場面をテレビでやるのかがわからない。そういう笑いは「笑い」としてのレベルも低いと思う。芸人が悪いというより、そんな番組を企画するプロデューサーの頭が悪いと思うのだが。

|

« やってみたら面白い | トップページ | 腰が抜けるという体験 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/9599336

この記事へのトラックバック一覧です: 食わず嫌い王選手権:

« やってみたら面白い | トップページ | 腰が抜けるという体験 »