« ○個で●円 | トップページ | 至福の時間 »

2007年12月 5日 (水曜日)

文代さん

大学1年のとき、小学校からの友人が、あるパン屋の店長と、とふとしたきっかけで知り合った。その店長が友人に「ねえ、バイトしてくれる人捜しているんだけど、いい人いない?」と聞いてくるので、「僕の友人に●●文夫(僕のこと)という人間がいるんですが、まじめな人間ですよ」と答えたことがきっかけで、面接に行くことになった。

僕が入っていくと、「えっ、お、男?」 

「文夫」じゃなく「文代」と思っていたらしい。パン屋といってもケーキ・菓子パン主体の店で、頭からバイトも女の子と考えていたことが、その原因。 「じゃあ、この話は無かったということに … ?」と尋ねたのだが、なぜか採用となってしまった。おかげでそれから1年半、女子高校生、女子大生の中に男一人でパンやケーキを売っていた。いやぁ~、楽しかったこと。

いろいろなエピソードは、また別の機会に。

|

« ○個で●円 | トップページ | 至福の時間 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/9267352

この記事へのトラックバック一覧です: 文代さん:

« ○個で●円 | トップページ | 至福の時間 »