« 手放せない薬 | トップページ | 免許証の更新 ② »

2007年12月17日 (月曜日)

免許証の更新 ①

免許証の更新に行ってきた。失業中で、ギリギリの生活をしているので、正直言って、2800円すら大きいのだが、問題は、入るのは任意のはずの「交通安全協会」の会費。今まではずっと支払ってきたのだが、今、そんなものを払う余裕は無い。5年の場合、1500円だという。ただ、かなり昔、富山県に住んでいた友人の女性が、「入りません」「じゃあ、免許の更新はできません」「そんな馬鹿な!根拠となる法律は?」のやり取りで30分ももめたという話を聞いたことがあったので、かなりの覚悟を持って窓口へ行った。

必要な手続きを終えて、窓口の担当者が「皆さんに、交通安全協会にお入りいただいているんですが、ご協力いただけますか?」と尋ねてきた。「申し訳ないですが、入りません」と答えると、ほんの一瞬、担当者の手が止まった。さあ、どう言ってくるかと思ったら、「わかりました。続いて適性検査がありますので、……」と、あっさり終わった。ちょっと、拍子抜けした。本来、「任意」である以上、当たり前のことなのだが …… 。

|

« 手放せない薬 | トップページ | 免許証の更新 ② »

おもしろ体験談」カテゴリの記事

コメント

どこへ行ってきたの? 写真を持って警察の窓口に行けば、書類を自分の手でかかなければならないけど、証紙もそこで買えるし、目の検査をするだけで終了するけど。
安全協会に入っていたら、安全協会の窓口に行って書類を作成してもらって、警察に行くわけ。そこで書類を見せて、再度安全協会に戻って、事故歴・違反歴が無ければ、そこでビデオを見て、交付になるわけ。交付は郵送も選べるし、後日取りに行ってもいいし。
だから、再度行くのがいやだったら、郵送料を払ってビデオを見て簡易講習を受けて終わり、ってのが安全協会を利用する利点。そのときは証紙以外に2500円くらいかかるけどね。あと、免許更新の直前に安全協会から案内のはがきがくるという利点? もあるけど。
昔は、安全協会を僕も嫌っていたけど、1回ですむなら、と最近は割り切ってお金を払って解決している。

投稿: kita | 2007年12月18日 (火曜日) 午前 01時23分

行ってきたのは、「運転免許センター」で、写真を自分で準備する必要はない。2800円は証紙代。受付で窓口担当者が書類を作ってくれるので自分で書く必要もない。受付のあと、適性検査、写真撮影と進み、30分のビデオを見たら、その間に免許証は作られていて、その場でもらって帰るので、郵送とかは関係ない。つまり、交通安全協会に入ろうが入るまいが、簡易さは変わらない。へたに警察に行くとかえって手続きはややこしくなるし、免許もその場で貰えない。ここで書いたのは、安全協会が「好きか嫌いか」ではなくて、恥ずかしながら1500円が惜しいということ。今回は「割り切って払う」ことをしたくなかったのだ。

投稿: 管理人 | 2007年12月18日 (火曜日) 午前 10時41分

運転免許センターときたか^^ 金沢は地方都市の県庁所在地だから、いろんな機関が集中していて、しかも車で行ける範囲だから、そういう利点があるわけね。
こちら大阪の運転免許センターは、光明池に行くか門真にいくか、それも行っていたら1日はかかりそう。だから、職場から10分ほどの警察署の後ろにある安全協会に行って、書類を作成してもらうことになる。半日もかからない。2時間もあれば行って来られる。その代わり、手数料的なものが必要な訳なのよね。

投稿: kita | 2007年12月19日 (水曜日) 午後 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/9447515

この記事へのトラックバック一覧です: 免許証の更新 ①:

« 手放せない薬 | トップページ | 免許証の更新 ② »