« 現代用語の基礎知識 | トップページ | 不勉強の証拠 »

2007年12月29日 (土曜日)

新語・流行語大賞


「現代用語の基礎知識」という本について書いたついでに「新語・流行語大賞」について一言。

2007年の結果は以下のとおり

【 大 賞 】
(宮崎を)どげんかせんといかん
ハニカミ王子

【 大賞にもれたトップテン 】
「(消えた)年金」
「そんなの関係ねぇ」
「どんだけぇ~」
「鈍感力」
「食品偽装」
「ネットカフェ難民」
「大食い」
「猛暑日」

「大賞」に選ばれた二つ、さらには 「そんなの関係ねぇ」「どんだけぇ~」「大食い」等は、マスコミが100%意図的に作り出したブームである。特に「ハニカミ王子」に関して言えば、確かに日本のプロゴルフ大会においての史上最年少優勝を達成した快挙は認めるが、その後の「他のアマチュア選手はどうでも良い」という感じの異常な持ち上げ方、取り上げ方には、マスコミの品格を疑ってしまう。(ちなみに、「品格」は2006年の大賞に選ばれた。)

「(宮崎を)どげんかせんといかん」の東国原英夫宮崎県知事については、その政治手腕は不明ながら、個人的にはついなんとなく応援してしまうのだが、テレビで映されるのは99%「宮崎産商品の宣伝」ばかり。それはそれで経済的効果もあるのだろうが、宮崎を「どげん」しようとしているのか全く報道してくれないのは、マスコミも彼を「県知事」とは考えていないということか。

「(消えた)年金」「食品偽装」「ネットカフェ難民」等の社会問題に関するものについては、「流行語」という扱い方には不満を感じつつも、こういう発表によって改めてその問題への関心が高まれば良いと思うから、それはそれで良しとしたい。一番わからないのが「どんだけぇ~」で、この言葉のどこが面白いのか、おじさんにはさっぱりわからない。まあ、「そんなの関係ねぇ」も、インパクトがあって面白いと感じたのは、最初のうちだけだったが。

|

« 現代用語の基礎知識 | トップページ | 不勉強の証拠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/9620077

この記事へのトラックバック一覧です: 新語・流行語大賞:

« 現代用語の基礎知識 | トップページ | 不勉強の証拠 »