« あっけなく復帰 | トップページ | 能登の海 »

2008年1月10日 (木曜日)

「G」と「H」

昨日、Windowsの更新プログラムをインストールしたらとんでもないことになった。

インストールのあと再起動したのだが、突然、英語がかなりのスピードで次から次と出てきた。普通の日本人なもので、何を書いてあるかわからないのだが、その中に「FAT32」という単語があったような気がした。「FAT32」だって?僕のディスクは内蔵も外付けも「NTFS」でフォーマットしてある。まさか勝手に「FAT32」にしようとはしないだろうなと、何かキーを押すべきかと迷っていたら、また再起動し始めた。そして、今まで「G」が割り当てられていた外付HDDが「H」になり、今まで「H」だったDVD・RWドライブが「G」に勝手に変更されたのだ。こんなことって起こりえるのか? さらに、Vistaのスタートメニューの「ドキュメント」「ピクチヤ」「ミュージック」を全て外付HDDの中に割り当てていたのだが、これを認識しなくなった。「G」だったものが「H」になったから今までのパスが通用しないからそれも当然だが。

さて、原因はともかく、これを戻そうとするのだが、通常の方法で戻ってくれない。そして「ピクチヤ」等が左クリックも右クリックも受け付けな��。それなら、「G」と「H」のパスを全部変えようかと思ってはみたが、自分でインストールしたソフトはともかく、Windowsがシステムとして「ドキュメント」に関連付けしてあるもののリストなんて知らない。さらには、「G」や「H」には関係ない「C」に入れていたランタイム(Visual Basic 6.0 SP6)が「番号(パスのことか?)が違う」のでインストールしろと言ってくる。仕方なくサイトからダウンロードしてインストールしてみたが、変化なし。これはいったい何がどうなったのか?

結論を言えば、「システムの復元」であっけなく修復できたのだが、最初のうち動揺して「システムの復元」は思いつかなかったので、あと少しでクリーンインストールをするところだった。それにしても、本当にこんなことって起こりえるのか?

     

|

« あっけなく復帰 | トップページ | 能登の海 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/9807355

この記事へのトラックバック一覧です: 「G」と「H」:

« あっけなく復帰 | トップページ | 能登の海 »