« 殺すぞ、テメエら! | トップページ | 面倒くさいことは嫌い »

2008年1月24日 (木曜日)

「北の国から」の続編


映画でもテレビでも、ヒットした作品の続編が作られるというのはよくあることだが、「見てみたい」が「作らないでほしい」と思うのが、「北の国から」の続編である。「作らないでほしい」理由は、以前に作られた作品を壊してほしくないからだ。

2002年秋に放送した『北の国から 2002遺言』でドラマは完結し、これが最後だったはずだ。安っぽい番組のように、作らないと言いながら「また視聴率を稼ごう」と続編を作るということは、この「北の国から」ではさすがに無いだろう。見る側の「思い入れ」をテレビ局も知っているだろうから。

だから、心配することは無いのだが、仮に続編が作られたら、困るのは「結」を演じた内田有紀と吉岡秀隆が、実生活で離婚していること。同じ役柄は同じ俳優が演じるというのはこのドラマの鉄則のはずだから、おそらくドラマの冒頭は、「結」が病気で急死したという設定で、その理由が語られるシーンからスタートすることになるのだろうが、それは、『2002遺言』での、「純」がささやかだが暖かい幸せを掴んだというエンディングを壊してしまうものだ。

|

« 殺すぞ、テメエら! | トップページ | 面倒くさいことは嫌い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/10046750

この記事へのトラックバック一覧です: 「北の国から」の続編:

« 殺すぞ、テメエら! | トップページ | 面倒くさいことは嫌い »