« ダイエット | トップページ | 不気味なアクセス »

2008年1月 4日 (金曜日)

教えて欲しいと言ったから

前の記事でダイエットには水泳が一番ということを書いたが、あの話は33歳くらいの頃の話だ。それより前の22歳頃の話。

小学校の教員免許を取ろうという女性がいた。小学校の教師になるには少しは泳げる必要があるらしい(詳しい基準については忘れた)。彼女は当時全く泳げなかったので、僕がプールで泳ぎを教えることになった。まず、平泳ぎを教えようとしたのだが、いくら見本を見せても、手足の動きが全然なっていない。それで、水から上がり、彼女を仰向けにさせて、足首を両手で持って、足の動きを「こうするんだよ」と実際に動かしてあげた。何度もそういうことを繰り返し、またプールに入ったりして、なんとか半日で少しは泳げるようになった。

2週間くらい経った頃、彼女の友人から、「charryはスケベだ。私が泳げないことをいいことに、教えると言いながら、私の足首を掴んで足をいっぱい広げるのよ。泳げるようにならなきゃならないから、我慢してたけど」と彼女が言っているというのを聞いた。誤解もいいところだと腹が立ったが、確かにあのやり方は少しまずかったと反省もした。

その数年後に、若者だけの「平和友好祭」というイベントが真夏の海で開催された。そこで、また水泳を教えることになった。立ち泳ぎを教えて欲しいという前から友人だった女性に、「立ち泳ぎのため」ということで足のつかない深さの海で教えることになったのだが、怖がってすぐに抱きついてこようとする女性に、前述のスケベと言われた経験があったので、なるべく相手の身体に触らないでおこうとしていたら、今度は「charryは冷たい」と怒られた。

女というのは難しい。

|

« ダイエット | トップページ | 不気味なアクセス »

おもしろ体験談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/9714255

この記事へのトラックバック一覧です: 教えて欲しいと言ったから:

« ダイエット | トップページ | 不気味なアクセス »