« 消臭の仕組み | トップページ | 灯油ポンプが …… »

2008年1月19日 (土曜日)

サイドバー・ガジェットの比較


Vistaの「Windowsサイドバー」は確かに便利だとは思うが、僕は邪魔なので使っていない。それはそうなのだが、暇に任せ、OSがXP時代に使っていたGoogleの「Googleデスクトップ」のサイドバーと比較してみた。まあ、比較といっても、全くの個人的趣味です。

 サイドバーの大きさ
 Googleデスクトップ  Windowsサイドバー
Googleデスクトップは、サイドバーの横幅の調整が自由。これは、ガジェットをサイドバーから分離せずに、大きさを調整できるので、例えば写真のスライドショーを少し大きめの画面で見たいときには大きな利点。 Windowsサイドバーは、サイドバーの横幅の調整ができない。ガジェットをサイドバーから切り離せば、そのガジェットだけは大きくなる。 

分離ガジェットの大きさ
 
Googleデスクトップ   Windowsサイドバー
 大きさ調整自由。  調整はできない。
 
標準アナログ時計
 Googleデスクトップ  Windowsサイドバー
 個人的にはこちらのほうが好みだ。  こればかりは、個人の好き嫌いだけの話だ。
 
RSS情報
 Googleデスクトップ  Windowsサイドバー
 読みたいRSSのサイト設定は自由。さらに、よく利用するサイトの自動取り込みの機能など、設定の自由度は高い。 InternetExplorerで設定してあるサイトの範囲からしか選択できない。まあ、それで基本的にはOKだろうが。
 
CPUメーター
 Googleデスクトップ  Windowsサイドバー
 適度な大きさで視認性が良く、見やすい。  やや見づらいが、形はかっこいい。
 
天気予報
Googleデスクトップ Windowsサイドバー
 見やすい。  サイドバーに格納されていると少し見にくいが、下のように、ガジェットをサイドバーから切り離せば、見にくさはともかく、やはりかっこいい。
 
スライドショー
Googleデスクトップ Windowsサイドバー
 パソコン内の画像以外に、ウエブ上の写真を自動で取り込んで表示できるのが大きな特徴。しかし、自分の好みの写真とは限らないから、この機能が便利かどうかは、好みの分かれるところだろう。 画像の切り替え効果を設定できる。これは嬉しい機能だと思う。ただ、できれば、その切り替え効果を「ランダム」という設定も作れたはずなのに、なぜ作らなかったのか? 
また、画面を「横長」「縦長」「変形自由」等設定できるのが良い。僕は、「横長」の画像ばかりのフォルダ、「縦長」の画像ばかりのフォルダを作っておき、画面の形をどれにするかで参照フォルダを変えている。 「縦長」の画像はこうなってしまう。お好みの画像が全て横長とは限らない。ただでさえ小さい画面が、いっそう見にくい。
 
      
 

|

« 消臭の仕組み | トップページ | 灯油ポンプが …… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/9956598

この記事へのトラックバック一覧です: サイドバー・ガジェットの比較:

« 消臭の仕組み | トップページ | 灯油ポンプが …… »