« taspoの申込書 | トップページ | それでも「光」はいらない »

2008年1月30日 (水曜日)

車両感覚


我がアパートの駐車場。

新しい車が前のものより20cm近く長くなったので、車の車体を道路に出さないためには、後ろは壁ギリギリに停める必要がある。 乗り始めて5日目。まだ、車両感覚が確実になっていないので、後ろが壁だからこういうふうに停められるが、デパートの駐車場で後ろも車が停まっている場合なんか、怖くてとてもこれだけ近づけない。前の車では5cmまではOKだったのだが。

しかし、今、それよりも大きな問題は、ギアの入れ方の「慣れ」だ。


前の車で、「D」ではなく「2」に入れる(故障していて「D」では走れない)癖がすっかり身についていて、つい「2」に入れようとしてしまう。狭いところで切り返しを何度もしようとすると、「2」から「R」へ戻すつもりで、「D」から「P」に入れようとしてしまう。ただでさえ車両感覚が身についていなくて周りの車との距離が気になっているので、このことを「うっかり」してしまうのだ。

車両感覚はともかく、早く「D」に慣れ(?)ないと、「あのおっちゃん、運転下手やな~」と思われそう。

|

« taspoの申込書 | トップページ | それでも「光」はいらない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/10157006

この記事へのトラックバック一覧です: 車両感覚:

« taspoの申込書 | トップページ | それでも「光」はいらない »