« デジカメ写真の修整 | トップページ | 電気毛布 »

2008年2月 5日 (火曜日)

CD-Rへの印刷の苦闘

      

自分の好きな曲を集めてCD-Rに焼くということは、誰でもしていると思う。そして、そのCD-Rの盤面を、自分で好きなように印刷することも。

さて、このCD-R盤面の印刷だが、僕のプリンタの「PIXUS 860i」は数年前のもので、付属のCD-ROMにあるドライバはVistaに対応しておらず、Vista用のドライバを新たに入れているのだが、このCD-ROMの中に入っている「らくちんCDダイレクトプリントforCanon」が無いと、このCD-Rの盤面印刷が簡単にできない。しかし、このCD-ROMはVistaでは開くことすらできない。しかたなく、有名なフリーソフトの「かんたんデザイン工房」というものをダウンロードしてみたが、対応がXPまでのソフトでもVistaで普通に(もしくは「互換機能」で)動くものがかなりあるが、これは僕のパソコンでは、なぜか駄目。

…… 仕方なく、ソフト無しでやることにした。


上の画像は、「PIXUS 860i」で「用紙の種類」を「プリンタブルディスク」にした場合の設定画面。印刷したいものが図の赤い円の中に入るようなものを作らないといけない。円形の画像を作ったあと、白紙の位置を調整するのに15分くらいかかった。もちろん、白紙にしなくても、余白は印刷されないだけなのだが、印刷位置がわかりづらい。やっとできたのが下のようなもの。


これでやっと印刷ができた��次回からは、この画像の中の円形部分だけを編集すればよい。

なお、円形部分の画像の作成・編集や文字の挿入は、「Pixia」「GIMP」等の画像編集のフリーソフトで簡単にできる。僕はとりあえず「pixia」でやったが、たぶん、GIMPのほうが簡単にできる。
完成!

 詳しい方法は下のリンクで!

    

860iでの盤面印刷

      

   

|

« デジカメ写真の修整 | トップページ | 電気毛布 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/10270740

この記事へのトラックバック一覧です: CD-Rへの印刷の苦闘:

« デジカメ写真の修整 | トップページ | 電気毛布 »