« ホームページの記事の削減 | トップページ | 長いお休みの終わり »

2008年2月16日 (土曜日)

FFとFR


マイカーをFRからFFの車に代えたとき、正直言って、雪道・凍結路の走行には「そんなに変化は無い」と感じたと記憶している。そして長年FFに乗ってきたのだが、ひさびさにFRで雪道を走ると、「やはり違うもんだな」と思う。今までと同じ感じでカーブを曲がろうとすると横滑りする。まあ、慣れの問題で、若い頃は、今より雪がはるかに多かったが、そんな道をFRで走っていたのだから。

さて、よく「高級車はFR」という言葉を聞く。セルシオ、クラウン、ベンツ、BMW等はすべてFRだが、これはどうしてなんだろう? FRだと、同じ車格ならFFより室内が狭くなる。後席が広い方が良いはずの高級車がなぜそうなのか?また、「スポーツカー」のジャンルに入るような車も、FRが多い。技術の問題なのか「高級車はFRといわれているからFRにする」だけなのか。そういえば、今はそうでもないが、昔は雪国にはありがたい4WDの車は、例えばカローラでも「低グレード」設定だったような気がする。なぜか4WDは「高級ではない」というイメージがあった。

まあ、気分よく運転できれば、僕はどっちでもいいんだけれど、よく運転技術の未熟な若者が、凍結路で、FR車でやたら”ふかす”だけで、はまって動かせないでいるのを見ると、そんな高級車に乗らないで素直にFFや4WDにしなさいと言いたくなる。

|

« ホームページの記事の削減 | トップページ | 長いお休みの終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/10541688

この記事へのトラックバック一覧です: FFとFR:

« ホームページの記事の削減 | トップページ | 長いお休みの終わり »