« 冬限定 | トップページ | 大間の本マグロ »

2008年2月 9日 (土曜日)

卯辰山

以前、このブログに、冗談でお互いを婚約者だと言い合っていた女性の友人がいたことを、「婚約者」という記事で書いたが、その女性のお話。

当時、僕は学生で、彼女は3歳年上ですでに看護婦として働いていた。僕は車を持っていなかったので、よく行ったドライブは、すべて、彼女が運転した。お互いに夜景を見るのが好きだったので、夜のドライブが多かった。

ある夜、金沢市内の「卯辰山」に車を走らせた。山といっても、小さな低い山だ。車を停めて夜景を見るのに絶好の場所へ近づくと、そこには1台の「先客」がいた。もちろん暗くてよく見えないのだが、なんとなく恋人同士が「愛し合っている」ような感じがする。その車を彼女がヘッドライトで照らす。僕は、「邪魔するのも悪いから、別の場所へ行こう」と言うのだが、彼女は「ここがいいのよ」と言って動かない。そして、そのまま30秒くらいしてから、なんとクラクションを鳴らし始めた。こりゃぁ喧嘩になるかなと僕は心配したのだが、「先客」は変な車に絡まれているとでも思ったのか、あわてて去っていった。彼女はにっこり笑って、ゆっくりと車をそれまで別の車が止まっているところまで動かして、エンジンを切った。

念のために書いておくけど、彼女は人を傷つけることが大嫌いな心優しい女性です。

|

« 冬限定 | トップページ | 大間の本マグロ »

冗談婚約者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/10361082

この記事へのトラックバック一覧です: 卯辰山:

« 冬限定 | トップページ | 大間の本マグロ »