« VALENTI | トップページ | サンダル »

2008年3月30日 (日曜日)

シチョウ当たり

5級の僕ですら下手だなあと思える布石を打ち、黒番の僕は劣勢。しかし失礼だが、相手も十分ヘボで、僕の「1」でやっとシチョウに気づいた。そして、問題はここから。

5分の考慮で相手の打った手は、「A」。本人はシチョウ当たりのつもりだ。対して、僕は当然ながらの「B」。「A」がシチョウ当たりと信じる相手は最後まで逃げ、黒は信じられない成果。ここでさすがに投げるだろうと思ったら、なんと「2」と打ってきた。悔しいのでやけくそかと思ったら、そういうわけでもないらしい。まだ勝てると考えているのか、小刻みに時間を使いながら、結局最後まで打った。作って盤面70目差。こちらは安全運転ばかりだからそんなものか。

「A」と「B」の関係は、上級者ではなんでもないことだが、僕らのレベルでは間違えやすい。こう書いている僕も逆の立場で打ったことがある。

|

« VALENTI | トップページ | サンダル »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/11955073

この記事へのトラックバック一覧です: シチョウ当たり:

« VALENTI | トップページ | サンダル »