« ジュースの自販機 | トップページ | Vistaが起動しない ② »

2008年3月22日 (土曜日)

夢の中の台詞

嫌な夢を見た。

登場人物は僕以外に4名。そのうち3名は過去の職場の同僚の実在の人物で、1名は夢の中では知人だったが実在しない。場所は何箇所か移動したが、実在の場所もあったがほとんどは見知らぬところ。

その中で、口論が始まった。そして僕は激高する。この怒りで夢から覚めたのだが、夢から覚めても口論の内容が頭にこびりついていて、怒りがなかなか収まらず、再度の眠りにつけなかった。

夢は、当然ながら、僕の頭の中だけの問題だ。ということは、あの相手の発言はすべて僕が考え出した台詞だ。もちろん実在の人物の発言は、その人物との実際の人間関係に対する思いはあるだろう。しかし、「こいつがそんなことを言うのか」と思える台詞ばかりを夢の中のそいつはしゃべった。許せない発言と行動ばかりだった。

「よく見る夢」は、過去にこのブログにいくつか書いたが、こういうとき、「夢の内容をかなり正確に覚えている」という僕の頭の構造は邪魔だ。

         

|

« ジュースの自販機 | トップページ | Vistaが起動しない ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/11637844

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の中の台詞:

« ジュースの自販機 | トップページ | Vistaが起動しない ② »