« 近況の写真 | トップページ | カーテンを洗う »

2008年4月21日 (月曜日)

見通しの無い着手

  
先の読めない級位者同士の碁。

「65」と打ったのは、地合でかなり負けているので、まったくの「どさくさまぎれ」を狙ったもの。この右下4分の1のスペースを「弱い者同士の打ち方」で決めていては勝てない。「65」よりも「66」、その一路左、「67」、「71」、「73」、「74」、「75」、etc.…… どこが良いかもまったくわからん。

結果は、見てのとおり「望外の利」。僕にとって最も都合のよい変化で、ここで逆転。白が「92」で「93」と打っていたらどうなっていただろう。これだから、僕らのレベルの碁は恐い。

  

|

« 近況の写真 | トップページ | カーテンを洗う »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

白68では69と引いておくのが普通で、下辺と右下隅は白地です。黒はその後66の左に当てて70とつないでおくのが相場。白が先手で右辺に回りそうなので、今の図よりは白にいい図になったはず。中央の黒の壁? がそんなに活きない図になると思う。

投稿: kita | 2008年4月21日 (月曜日) 午後 06時25分

そうなんです。
まあ、「そうなんです」と言っても、何もわかってはいないのだが。
格言に「切り違いは一方を伸びよ」というのがあり、僕も「白68では69と引いておくのが普通で、下辺と右下隅は白地です。黒はその後66の左に当てて70とつないでおくのが相場。」という君の言う進行がぼんやりと頭にはあった。ただ、相手が一方を伸びずにどちらかの石を当ててくれば「まぎれる」チャンスがあるかなと思っていた。文章にも書いたが、いわば「どさくさまぎれ」を狙ったもの。そういう手は成功しないのが普通だが、「僕らのレベルではこういう進行がよくあるよ」という記事だ。実戦の進行は、本当に「望外の利」なのだ。

投稿: 管理人 | 2008年4月21日 (月曜日) 午後 07時36分

ついでにいうと、黒71で80にノビて、用済みの67の石を捨てる。または、71は先に黒73とツケるのがいいのでは? 71の左にアテたり隅からハネを打てば、黒は隅にとって変わる手が有力です。また、白も72は白73とノビる一手だろうと思います。それで隅は安泰です。

投稿: kita | 2008年4月23日 (水曜日) 午前 09時18分

返事を「図」入りにしたいので、『記事』にしました。以下のリンクです。

http://charry.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_c993.html

投稿: 管理人 | 2008年4月23日 (水曜日) 午後 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/20440151

この記事へのトラックバック一覧です: 見通しの無い着手:

« 近況の写真 | トップページ | カーテンを洗う »