« 初詣 | トップページ | はっさく »

2008年4月 6日 (日曜日)

チャールトン・ヘストンの死を惜しむ

「十戒」より

名優チャールトン・ヘストンが亡くなった。

「ベン・ハー」「十戒」「猿の惑星」……、ハリウッドの「スペクタル大作」の黄金期を作った俳優。84歳の年齢は、「死を惜しむ」といっても天寿に近いとは思うが、彼の映画から得た感動をもってすれば、やはり「死を惜しむ」という表現にならざるを得ない。

映画の作品としての出来栄えを左右するのは、俳優よりも監督の力が大きいのかもしれない。しかし、僕は、特に「ベン・ハー」については、彼だからこその映画だと思っている。そして、「ベン・ハー」は、間違いなく、僕の人生の中で5本の指に入る映画である。

合掌。

「ベン・ハー」より

|

« 初詣 | トップページ | はっさく »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/12367181

この記事へのトラックバック一覧です: チャールトン・ヘストンの死を惜しむ:

« 初詣 | トップページ | はっさく »