« チャールトン・ヘストンの死を惜しむ | トップページ | 「時空」の自分なりの解釈 »

2008年4月 7日 (月曜日)

はっさく


はっさくは僕の大好物のひとつだ。甘いだけの蜜柑より、甘酸っぱいところが良い。

さて、小さい頃、「名前」「名詞」「固有名詞」をカタカナで表記するのは「外来語」の場合が多いと聞いたことがある。なのに、なぜこの包装は「はっさく」ではなく「ハッサク」なのだろう。はっさくは「八朔」という立派な日本語のはずである。

日本語で、カタカナと平仮名では、カタカナが先にできたらしいから、本来、カタカナでも問題は無いとは思うが、なんとなく違和感を感じる。

まあ、ちょっと思っただけのことです。この記事を投稿してから10分も経てば忘れてしまうことだ。

|

« チャールトン・ヘストンの死を惜しむ | トップページ | 「時空」の自分なりの解釈 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/12388375

この記事へのトラックバック一覧です: はっさく:

« チャールトン・ヘストンの死を惜しむ | トップページ | 「時空」の自分なりの解釈 »