« 新しくなった Google Earth | トップページ | 裁判員制度について »

2008年4月17日 (木曜日)

イラク派遣は憲法9条に違反する。


自衛隊のイラク派遣は違憲であることの確認と、派遣そのものの差し止めを求めた集団訴訟の控訴審判決が本日、名古屋高裁であり、裁判長は、航空自衛隊が行っている現在のイラクでの活動について「憲法9条1項に違反する活動を含んでいる」との判断を示した。イラク派遣をめぐる訴訟はいくつかあるが、「違憲」の判断を裁判所が示したのは初めてだ。自衛隊が活動を行なっている地域で、首都バグダッドを「戦闘地域」に該当すると認定し、多国籍軍の空輸は武力行使を禁じた同法と憲法に違反するとした。「派遣差し止め」と「慰謝料支払い」については、原告の主張が退けられた一審の名古屋地裁の判決を支持し、控訴をいずれも棄却したが、原告団も慰謝料が欲しくて裁判をしているわけではない。目的は「違憲」という判断を裁判所が示し、そのことが世の中に知れ渡ることが重要なわけで、実質的には「勝訴」と言っていいだろう。

「現代戦においては、輸送等の補給活動も、戦闘行為の重要な要素だ」
「憲法第9条に違反するような国の行為、すなわち戦争の遂行などによって個人の生命・自由が侵害される場合や、戦争への加担・協力を強制される場合には、その違憲行為の差し止め請求や損害賠償請求などの方法により、裁判所に救済を求めることができる場合がある」

…… こういうあたりまえのことが、司法判断として出されるのはきわめて当然のはずなのに、残念ながら「三権分立」といいながら、司法が行政の違法性を指摘することは、この日本ではなかなか無い。今回も、「差し止め請求」や「違憲確認」はいずれも「不適法な訴え」だとして、他の判例と同様に、違憲かどうかの判断は避けている。

しかし、画期的な判決だ。「風穴」は開けられた。政府の対応は、予想通り「裁判のためにどうこうする考えはありません」「自衛隊の活動への影響は全くありません」というものだが、憲法改悪、第9条の撤廃へのレールが敷かれようとしている今、このイラク問題ばかりではなく、「平和」という問題への関心が、この判決を機に少しでも高まることを期待する。


|

« 新しくなった Google Earth | トップページ | 裁判員制度について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/20333053

この記事へのトラックバック一覧です: イラク派遣は憲法9条に違反する。:

« 新しくなった Google Earth | トップページ | 裁判員制度について »