« テレビ体操 | トップページ | 通ったら声をかけて »

2008年5月14日 (水曜日)

コンタクトレンズ

10938860530034

僕はかなりの近視だ。さらに斜視でもある。こうなった原因はだいたい想像がつく。小さい頃から本を読むのが好きだったが、正しい姿勢で読むことは少なく、夜、横になって枕元の灯りだけで読むことが多かったからだ。

さて、近視だから当然眼鏡をかける。度が進むたびに買い換えたから、かなりの回数買った。しかしコンタクトレンズにしようとは思わなかった。女性がコンタクトレンズを使うのはわかる。僕は「眼鏡フェチ」ではないので、やはり女性は眼鏡をかけた顔よりかけない顔が好きだ。つまりコンタクトレンズを使う理由として「化粧」と同じような意味合いしか考えていなかったので、そんな理由で「眼を傷つける可能性のあるもの」を買おうとは思わなかった。

ところが、魚関係の仕事に就いてから、冷凍室に出入りすることが多くなった。そして、冷凍室内でギンギンに冷えたレンズは、外に出ると空気中の湿気で曇ってしまうのだ。湿気の多い時期なんかは本当に真っ白になり、前が全く見えなくなる。その度にポケットにあるハンカチを取り出して拭うのだが、頻繁になるとこれが相当にわずらわしい。仕事も遅れる。我慢できずに、僕も30歳を過ぎた頃に初めてコンタクトレンズを買うことになった。

ところが …… 買って3日目くらいに、洗おうとしてレンズを台所のシンクから流してしまった。一度やった失敗を繰り返すのが僕の悪いところで、さらに3日後くらいにまた同じことをやった。「水切りネット」をつけてなかった。さらに1週間後くらいに付けたまま風呂に入り、これも流してしまった。さらにしばらく後にレンズと眼球の間にごみが入り、激痛のなか取ったのだが、取る時も痛くて痛くてたまらなかった。それで使うのをやめた。

今、「使い捨てレンズ」というのもあるそうだが、僕がレンズにかけた費用(眼科受診を含め)を使った日数で割ると、いったいいくらになるのだろう。

   

|

« テレビ体操 | トップページ | 通ったら声をかけて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/20947356

この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトレンズ:

« テレビ体操 | トップページ | 通ったら声をかけて »