« Flashファイルの挿入実験 | トップページ | 初めての …… »

2008年5月31日 (土曜日)

デスクトップ動画ソフトの比較

    
デスクトップの動きを動画として保存できる二つのソフトを比較してみた。比較したソフトは、「Jing」と「DesktopCam」。デスクトップ上の操作を動画として保存すれば、パソコンの操作説明には最もわかりやすいものができる。しかし、僕のような一般の人間には必要の無いことだ。まあ、お遊びです。
    
「Jing」は、画像を「.swf」で保存する。この形式の最大の欠点は、「編集」ができないこと。有料のソフトではできるものもあるらしいが、無料では無いと思う。ちなみに有名な「WinMPG Video Convert」でも出来ない。しかし、画質は綺麗だ。ほとんど実際のデスクトップ画面と同じだと言って良い。下の画像のように、「プレイヤーで再生中の画像」で「DesktopCam」と比べても、文字の鮮明さ等、一目瞭然。ただ、動画の動きがカクカクするのが難点。
    
Jing
   
DesktopCam
    
「DesktopCam」は、画像を「.avi」で保存する。この Windows の標準動画形式であることが、その後の編集を容易にしている。OS付属の「ムービーメーカー」でも編集が可能だ。動きも「Jing」よりはスムーズだ。これで画質が「Jing」並みならいうことは無いのだが。
   
さて、二つのソフトはともに、デスクトップのどの部分を保存するかという範囲設定が出来る。範囲を小さくすればファイルサイズも小さくなるが、それでは動きがわかりにくい。結局、ほぼ全体を範囲指定することになるが、出来上がるファイルの大きさは、「Jing」が18秒のもので8.97MB。「DesktopCam」は13秒のもので、27.0MB。
やはり、動画はファイルサイズが大きいね。
     
      

|

« Flashファイルの挿入実験 | トップページ | 初めての …… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/21309006

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップ動画ソフトの比較:

« Flashファイルの挿入実験 | トップページ | 初めての …… »