« 高級ウイスキーのセット | トップページ | ●●と○○ »

2008年5月10日 (土曜日)

愛用しているフリーソフト

     
以下の記事は、僕の愛用している「フリーソフト」です。
      
有料の良いソフトはいっぱいあるのですが、僕はパソコンにお金をかける余裕が無いので、必須の「セキュリティソフト」と「office」以外は、極力、無料のソフトを使うことにしています。
無料といっても、有料のものに負けないソフトはいっぱいあります。
       

Mitaka Plus
ダウンロードサイト
     
「Mitaka」は、国立天文台が作成した(07年9月2日にオープンソースとなった)フリーソフト。そして、この「Mitaka Plus」は、「Mitaka」をベースに、使い勝手や機能の向上を行った派生版。最新版は「1.3.1」(2008.5.10現在)。天体の動きを正確に反映し、学校の教材に使われることもあるらしい。僕は「宇宙」に関するものが好きで、「ビッグバン」「ブラックホール」などについて科学雑誌によく目を通すが、そういうことが好きな人には面白いと思う。なお、快適な動作には、ある程度以上の能力を持ったグラフィックカードが必要。詳しい動作環境は、サイトで。
      

BackGround
WallpaperChanger
ダウンロードサイト
      
「BackGround WallpaperChanger」は、「壁紙」を変えるソフトである。
        
Windowsに標準でついている機能なのに何故ソフトが必要かとも思うだろうが、確かに頻繁に壁紙を変えない人にはまったく不要。逆に僕のようにお気に入りの壁紙が40~50くらいあって、気分次第ですぐ変えたい人にはお勧め。変えたいときに好きなものを指定する以外に、いろいろな変更方法が設定できるので、ランダムや起動時の変更などやりたい人にもお勧め。
      

GOM PLAYER
ダウンロードサイト
     
「GOM PLAYER」は、有名なフリーのメディアプレイヤー。
       
パソコンを手に入れた当時は、WindowsにMediaPlayerが標準でついており、メーカーパソコンにはたいていDVD プレイヤーが付属している(その頃のバージョンのWMPではDVD再生が出来なかった)のに、何故世の中にこんなにフリーのメディアプレイヤーが存在するのかと思ったものだが、そのうちWMPでは再生できない動画ファイルが結構あることを知った。これは、数多くのコーデックを内蔵しており、たいていの動画は見れる。現在の僕のパソコン利用状況においては「.swf][.flv」ファイルが見れるのはありがたい。他に静止画像保存なども出来て便利。
        

Win Shot
ダウンロードサイト
「Win Shot」は、有名な「JTrim」と同じ作者が作成した画面キャプチャーのフリーソフト。これも対応OSはXPまでとなっているが、問題なくVistaで動いている。
     
デスクトップ等の画面はキーボードからの操作でキャプチャーできるが、これは「ペイントへの貼り付け」等のわずらわしさが無く、ずっと手軽。「短形範囲指定」での画像コピーは、ネットで調べ物をしていて、この部分だけとりあえず必要とかいうときにその部分だけ範囲指定で選択できるので、特に便利。
ちなみに、このページのソフトの紹介画像は、ほとんどがこれでキャプチャーしたもの。
        

ezjig
ダウンロードサイト
       
「ezjig」は、「ジグソーパズル」のフリーソフト。
         
使う画像もピース数も自由に選べ、ピースの立体感もリアルで、ひまつぶしにはもってこいのソフト。位置がぴったり合うとくっついてしまうという機能は、「これで合っているのだろうか」と不安を持ちながら次へ進む本物の醍醐味を味わえないが、パソコンソフトらしいと言えるかもしれない。ピース数を設定できるといっても、僕の15インチのディスプレイではそんなに細かくは出来ない。最近の大型ディスプレイなら、完成にかなり長時間必要なピース数で遊べるのだろうが。
        

はがき作家4 Free
ダウンロードサイト
       
「はがき作家」は、宛名印刷ソフト。ちなみに、有料ソフトのフリー版なので、裏面はつくれるが、印刷できない(印刷時に「はがき作家」のロゴが印刷されてしまう)。「愛用している」といっても使うのは年2回ぐらいしかないが。
      
年賀状作成に市販ソフトの「筆王」「筆まめ」「筆ぐるめ」等を使っている人は多いのだろうが、一から作るのが面倒なのは葉書の表と裏のどっちだろう。僕は表で、郵便番号の位置合わせが難しい。そこで登場するのがこのソフト。フォントの選択や裏面作成機能は有料の同ソフトProfessional版から限定されているが、僕は表面はこれで十分。
    
裏面の作成はMicrosoft Excelさえあれば基本的に作れる。デジカメ写真の加工にはフリーのGIMP、Pixia、JTrimを使えば良いし、イラスト等は、ネットで調べれば自由に使ってよいものがいっぱいある。年賀状や暑中見舞いのテンプレートもある。まあそれらを集めるのが面倒だから有料のソフトを使うのだろうが。 
      

PrimoPDF
ダウンロードサイト
       
フリーのPDF作成ソフトはいろいろ種類があり、好みも分かれるだろうが、某ソフトのように使うたびにサイトに接続するのは僕は嫌い。
    
PDFファイルは元のファイルに比べてサイズを小さく出来るので、保存やメールの添付には便利。有料の多機能ソフトが不要な人にはこれはお勧め。インストールすると、プリンタ選択画面に「PrimoPDF」が現れる。「印刷」を指示し、ファイルの保存先を指定すると、そこにPDFファイルが作られる。
     
ちなみに、PDFファイルの分割・結合のフリーソフトとして、以下の二つもダウンロードすることをお勧めめする。
      
PDF Knife v1.20
pdfpdfpdf.com v1.20
関連ダウンロード

アイコンウイザード
ダウンロードサイ��
       
デスクトップ等の「見た目」は、壁紙やスクリーンセイバー、最近では「ガジェット」等で左右されるが、その他に「アイコン」も結構気になる存在である。この「アイコンウイザード」を知るまでは、サイトから無料ダウンロードできるものを使っていたが、なかなかぴったりとくるものが無かった。
     
これは自分の好きな画像から簡単に作れるので本当に便利である。また作成後は1つのファイルなのだが、いろいろな大きさのものを同時に作っていて、Vistaの「特大アイコン」にも対応している。
      

ネイビーミッション
ダウンロードサイト
       
「ネイビーミッション」は、フリーの3Dゲーム。
    
3DゲームなのでDirectX9が必要だが、僕が7600GTを入れる前でも普通に動いたので、グラフィックカードの性能はそんなに問わないのだろう。やってみての感想は「とにかくおもしろい」の一言。全国にファンも多いようで、いろいろなサイトに記事が載っているようだ。50歳近い僕だが、一時期夢中になってやっていた。「達成率88%」と「1310136pts」は、おじさんの反射神経としてはまあまあのスコアだと思う。これもVistaで使えている。 
         

DVD Shrink
DVD Decrypter
ダウンロードサイト

「DVD Shrink」と「DVD Decrypter」は、セットで使う。
DVDのコピー、書き込みのソフト。

もちろん、友人の結婚式のDVDのコピー等、合法的に使っています。

DAEMON Tools
ダウンロードサイト
        
僕のパソコンの中に上記の「DVD Decrypter」等のソフトで作ったISOファイルがあったとします。これらを見るには、DVDに焼くのですが、パソコンで直接見る方法があります。それが仮想ドライブソフトの利用です。「DAEMON Tools」も仮想ドライブを作成するソフトのひとつです。バージョンアップし、Vistaにも対応した。
       

Photo! 3D
Screensaver
ダウンロードサイト
      
僕が使っているお好みのスクリーンセイバーは「Photo! 3D Screensaver」です。自分のパソコンの中にあるお好みの画像が美術館の中に展示されます。また、スクリーンセイバーとしてだけでなく、3Dゲームのように、自分で移動することもできます。「美術館」の種類も豊富にダウンロードできます。なお、3Dなので、ビデオカードが必要です。
         

SiteMapMaker
ダウンロードサイト
      
「SiteMapMaker」は、ホームページの「sitemap.xml」を簡単に作れるソフトです。
       
ブログの場合、「速さ」が命という面もあり、sitemap はプロバイダが作ってくれることが多く、僕の利用している「ココログ」もそうですが、ホームページの場合は、作りたかったら、自分で作る必要があります。sitemap.xml の作成ソフトは有料・無料いろいろありますが、フリーのものをいくつか試した中で、最も操作が簡単で、高速に作れるのは、このSiteMapMaker です。robots.txt ファイルも作ってくれます。似たような名前のソフトがあるので注意が必要ですが。
      
本来有料のソフトですが、1000ページ以下のホームページのサイトマップしか作成できないということと、サポートが受けられない等の条件で、使用期限の無い「体験版」として使えます。1000ページのホームページなんか誰も作らないでしょう。sitemap.xml を作りたい人にはお勧めです。とにかく簡単です。
       

Google Earth
ダウンロードサイト
     
たぶん、パソコンをやっている人の90%以上の人が知っていると思われる「Google Earth」。テレビ番組にも頻繁に使われている。建物や地形の3D表示、銀行やコンビニ、病院、施設等のスポットの表示、YouTubu等のメディアとの連携など、飽きない。
     
ただ、「楽しむ」には、ある程度以上のパソコンスペックが必要だ。最低でも7300GTクラス以上のグラボ、2.0GB以上のメモリは必須のようだ。それ以下ではスムーズには動かない。CPUもできればデュアル・コアが望まれる。
       

V i x
ダウンロードサイト
     
「Vix」は、昔から定番と言われる画像ビューワ。
     
最新バージョンが2002年7月のものなので、OSがVistaではどうかなと思ったが、今のところ問題なく動いている。ビューワとして、他と較べてなんといっても優れているのは、サムネイルの上下が切れないこと。たくさんの画像を見た目で検索するとき、これは大きい。僕は画像を捜すとき、「My Picture」のフォルダを見るのではなく、このソフトを使う。動作が軽いわりには、必要と思える機能はそろっている。
           

IrfanView 日本語版
ダウンロードサイト
     
こちらも、定番画像ビューワ。こちらは、Vistaに対応している。 ①処理が高速、②変換等の機能が豊富、な上に、豊富なプラグ・インを追加でダウンロードできる、等、機能重視ならVixよりもお勧めかもしれない。僕は、サムネイルでファイルから画像を探すときは上記のように「Vix」を使い、「ファイルの種類への関連付け」は良く使うもの(.bmp、.jpg等)は全て「Irfan View」に設定してる。はっきりいって、「Windows」や「office」付属の画像ビューワよりも、表示はずっと早い。
    
特に、ファイルの「形式一括変換」「名前の一括変換」は便利。また、GIF形式やPNG形式では「透過の指定」もできる。
      

GIMP 2.4
ダウンロードサイト
GIMPの使い方
     
この「GIMP」ではできないが「PhotoShop」ではできるという機能は、たぶん一般の人には必要無い機能だろう。画像の合成、色の変換等、画像関係でやりたいことはだいたいできる。これが無料だというのだからすごい。
     
プロの人が「PhotoShop」を使うのはわかるが、さほど使いこなさないで10万円近くのソフトを買うくらいなら、このソフトをインストールするべき。
      

Pixia 4.2a
ダウンロードサイト
Pixiaで画像合成
      
「Pixia」は高機能なペイントソフト。このバージョンからVistaに正式対応している。ペイントソフトといっても、僕はもっぱら画像の合成に使っている。簡単に綺麗に合成できるので、「合成ソフト」としては一押し。切り取り等も簡単。僕は「GIMP」とこのソフトを使い分けている。
        

JTrim
ダウンロードサイト
画像ソフトの比較
     
「JTrim」も画像を加工するソフト。
      
だが、例えば「合成」もできないことはないが、レイヤー機能が無いので、「GIMP」や「Pixia」に比べるとやり方が複雑になる。
     
では、なぜこのソフトを使うかというと、トリミングとリサイズがとにかく簡単なため。他のソフトでは「難しい」のではなく操作が煩雑なのだ。トリミングやリサイズという単純な作業は、ブログなんかでも最も使う機能だから、軽い動作で素早くできるソフトが一番。
      
PC Wizard 2008
ダウンロードサイ���
        
過去、いくつかのパソコンの情報を知るソフトを使った経験がある。 「PCView」、「CPU-z」、その他、数種類。 しかし、ふとインストールしてみた「PC WIZARD 2008」は、今まで使ってみたものの中で、最もすばらしい。
    
まず、驚いたのは、僕の「モニター」の情報。
中古で買ったので、わかっていたのはメーカー名が「Iiyama」だということのみ。形式名なんて知らなかった。そして、それが表示されるソフトは初めて見た。こんな古いものでもきちんと判別できるんですね。そしてなにより、僕はこのモニターは15インチだと思ってずっと使っていた。
       
そして、温度表示機能。 もちろん、測定するのは別のハードで、その情報がどこかにあるんだろうから表示しようと思えばできるんだろうが、ここまで「箇所 別」の温度を表示するソフトも初めて見た。ちなみに、データの一部は、リアルタイムでの表示も行える。これは便利だ。
       

TAISEN囲碁
ダウンロードサイト
     
「taisen囲碁」は囲碁の棋譜再現ソフト。
    
「Yahoo! 囲碁」等の棋譜は「SGFファイル」として保存されるが、その棋譜をこれで再現する。おそらく、僕が最も使う機会が多いのがこのソフトだろう。
     
        
        

|

« 高級ウイスキーのセット | トップページ | ●●と○○ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/20887897

この記事へのトラックバック一覧です: 愛用しているフリーソフト:

« 高級ウイスキーのセット | トップページ | ●●と○○ »