« 小学校と中学校 | トップページ | 「4u.straightline.jp」って何? »

2008年6月20日 (金曜日)

Kiss未満の親友⑤

741396325644464

僕たちは、お互いをニックネームor「おまえ」で呼び合っていた。彼女は僕を「チャーリー」と呼ぶ。「チャーリー」という単語に良いイメージを持っている人には、僕の「顔」は申し訳ないのだが、中学校のころからのニックネームだからしょうがない。ちなみに彼女のニックネームは僕がつけ、それが彼女の友人にも広く定着したが、正直言って女性につけるニックネームではなかった。そして、呼び方ばかりではなくしゃべりかたも互いにすぐ「お前」と言い合うので、その様子を知らない人が見れば「恋人同士」と思えたかもしれない。

彼女と僕は互いに相手を「親友」と認めていたが恋の対象ではなかった。今の若い人たちはどうか知らないが、僕らが若いころ、特に高校生~大学生頃の時期には、「男女間に友情はありえるか」というテーマで議論(雑談)がよく行われたものだが、「ありえない」という意見が多かった。「友人と思っていても実はそれも恋なんだ」と訳のわからんことを言う奴もいた。だから、僕たちを知る「やや親しい先輩(親友とは言えない)」が、「なんとかしてやろう」と要らぬおせっかいをしたことがあった。なんと彼女に「charryは君のことが好きなのにうまく言えなくて悩んでいる」と言ったのだ。そう聞けば彼女はすぐに「進展」の行動をとると思ったらしい。

ところが、彼女はその当時僕が誰に恋をしているかを知っていた。そして僕に「お前、△△さんのことが好きなんだろう? うまくいかないからって、私と何とかなりたいわけ?」と尋ねてきた。びっくりして何でそんな話になるんだと問いただして「先輩」の行動を知った。その先輩に彼女を好きだと言ったことは一度も無い。余計なお世話とはこういうことを言う。「そんなこと言ってないぞ」と言うと、「だよね。私もおかしいとは思ったんだ」でこの件はそれで終わった。もちろん先輩に悪気は無かっただろうが、僕らは互いに「二人だけで一緒に泊っても何もしようと思わない」という貴重な異性だったのだ。そこで変に「相手は自分を好きだ」と意識してしまったら、「友人」の継続は厳しい。周りがあれこれしなくても、「進展」するカップルは進展するものだ。僕たちが進展しなかったのは、互いに「その気」が無かったからだ。

     

     

|

« 小学校と中学校 | トップページ | 「4u.straightline.jp」って何? »

Kiss未満の親友」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/21765277

この記事へのトラックバック一覧です: Kiss未満の親友⑤:

« 小学校と中学校 | トップページ | 「4u.straightline.jp」って何? »