« 順調 | トップページ | Googleのプライバシー情報 »

2008年6月24日 (火曜日)

夏至、冬至、春分の日、秋分の日

56466

夏至を3日ほど過ぎてから書くのもどうかと思うが、以前から思っている素朴な疑問として、なぜ「春分の日」「秋分の日」は祝日で、「夏至」「冬至」はそうでないのかということがある。

もちろん「法律」で決められているわけだが、夜と昼の長さが同じだということには感激はまったく感じないが、「やったーっ、今日は一番昼が長いぞ」、「寒い冬だが、明日から少しづつ日が長くなるんだなあ」と、夏至や冬至には多少の「喜び」があるはずだ。どちらか一方を祝日に選べと言われたら、僕なら今とは逆にする。

しかし、もちろん理想は「全部休日」だ。

     

     

|

« 順調 | トップページ | Googleのプライバシー情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/21851585

この記事へのトラックバック一覧です: 夏至、冬至、春分の日、秋分の日:

« 順調 | トップページ | Googleのプライバシー情報 »