« Vistaが起動しない⑥ | トップページ | 温水暖房 »

2008年6月19日 (木曜日)

英語の試験

     
僕の経験した「英語の試験」での偶然。
    
大学入試の前夜、「今更あせってもしょうがない」と思いながらも、まったく勉強しないのも不安なので、英単語を30個だけ覚えることにした。たしか辞書の「E」か「I」で始まるものの中で適当に選んだはずだ。そうしたら、そのうちの5~6個もが「長文読解」の問題で使われていた。「長文」でこの差は大きい。
大学一年生のときの「前期試験」中に、盲腸で入院し手術をした。試験を受けなかったのがそんな理由なので、退院後、一人だけの追試に臨んだのだが、なんと英語の試験は、入院中に買って読んだ小説(外国文学の翻訳書)の「原文」の和訳だった。出題はそのかなり長い長文(もちろん「抜粋」)1題のみ。はっきり言って「和訳」というより「記憶」で書いて良い点数を取れた。 これはすごいでしょう!
     
     

|

« Vistaが起動しない⑥ | トップページ | 温水暖房 »

おもしろ体験談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/21733021

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の試験:

« Vistaが起動しない⑥ | トップページ | 温水暖房 »