« 夏向けのアイテム | トップページ | ウィキメディア・コモンズ »

2008年7月16日 (水曜日)

Kiss未満の親友⑦

Rrreeeji664545

「親友」という言葉から、皆さんは連絡を取り合う頻度というものをどのくらいだと連想するだろうか? たとえば僕の場合、「親友」という言葉で思い浮かぶのは、とりあえず3人。もちろん、「友人」ということなら、ずっと多くなる。まあ、「親友」と「友人」の間に特に境界線は無いけれど。さて、親友の3人は、全員金沢には住んでいないから、ある程度の用事がなければ、お互いに1ヶ月以上連絡を取らないことなんてザラにある。独身仲間ならいざ知らず、家庭を持っている者に「暇だから電話した」なんてことは、この歳ではまずやらない。「メル友」でもない。テレビドラマのように毎日毎日つるむことなんて実際にはありえない。

さて、彼女とは、男と女だから、いくらお互いになんでもないといっても、同性を誘うように気軽に誘えないこともある。たとえば僕は以前はよく温泉に行ったものだが、さすがに彼女は誘えない。まして、彼女が結婚してからは、僕のほうから電話をすることはほとんどなかった。たぶん2回ぐらいだったと思う。ご主人も知り合いならそうでもないだろうが、彼女は僕とは面識のない人と結婚した。どちらかが結婚すれば自然と疎遠になっていくものだ。

しかし、「風の便り」という言葉があるように、相手の近況がまわりまわって伝わるということはある。僕の今までの人生において、最も精神的に参っていた時期は2回ある。今の「膝の故障と失業」というのは3回目と言って良いだろうが、過去2回の時期、彼女はさも何気ないような顔をしながら会いに来てくれた。1回目は仕事上「来ても不思議ではない」職場だった。2回目は僕が接客するところにいたから、お客の顔で来ることができる。さすがに、結婚している以上、僕のアパートに来るということは無い。そして、僕の「苦悩する問題」にほんの少しだけ触れながらも、明るく笑い飛ばしてくれた。「おまえも、相変わらず、つまらんことで悩んでいるんやなぁ」という感じで。

まあ、変に同情の言葉をかけられるより、笑顔で「アホやなぁ」と言われるほうが楽だ。「おまえのことを多少は気にかけている人間がここにもいるよ」と顔を見せに来てくれることが、何より嬉しいものだ。

       

      

|

« 夏向けのアイテム | トップページ | ウィキメディア・コモンズ »

Kiss未満の親友」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/22331744

この記事へのトラックバック一覧です: Kiss未満の親友⑦:

« 夏向けのアイテム | トップページ | ウィキメディア・コモンズ »