« ②と③ | トップページ | 自然の写真 »

2008年7月19日 (土曜日)

高校野球

Ws2000007

夏の高校野球の県大会が進行している。わが母校は、いつものように早々と姿を消した。出身の門前町の過疎化が進行すると、いずれは、高校自体も無くなってしまうかもしれない。

さて、僕が「変人」と言われる性格であることの一面が、この高校野球に現れる。僕は、高校野球が好きではないのだ。

もちろん、一生懸命にプレーする選手たちに怨みは無い。ただ、他の「高校生のクラブ活動」に比べ、高校野球だけが優遇されているような気がすることが、その理由だ。たとえば、NHKでは、全国大会は必ず生中継で全国放送する。地方大会も地方では必ず流す。そして、NHK以外でも、新聞、テレビでは必ず大きくとりあげる。ではたとえば、「高校生囲碁大会」はどうだろうか。「高校生手芸大会」はどうだろうか。「手芸」の全国大会があるかどうかもわからずに書いているが、まるで「青春の汗」が高校野球にしかないような、他のクラブ活動との「差」は何なのか? NHKはまだ良い。「総合放送」ではなくても「教育テレビ」でかなりの大会の放送は行う。しかし、そのNHKでも、一般のニュースのスポーツコーナーで高校野球の結果は必ず流すが、他の大会はほとんど流さない。例外は、プロ入り前の石川僚が出場したゴルフ大会等のように「人気者」が登場する場合だけだ。

マスコミは所詮「視聴率」であり「販売部数」であるから、「売れるもの」しかとりあげないというのはわかるが、それは「プロスポーツ」の世界だけにして、たとえば、「高校生が一生懸命に取り組むもの」には、大人は、平等に、公平に、温かい目で見てあげようとは考えないのだろうか。そして、「甲子園、甲子園」とマスコミが大合唱するから、「甲子園に出場できる強豪チーム」に入ろうと、力のある選手が一部の高校に集中する。プロ野球のような「ドラフト制度」も無い、まったくの不均衡なチーム力で戦いあう。そこに、「純粋にスポーツに打ち込む」という観点はあるのだろうか。なぜ、生まれ育った地元の高校の野球部は駄目なのか。1回戦で負けたらスポーツの喜びは無いのか。その理由は、テレビに映らないからか?

僕は、高校生のクラブ活動が、全て公平にきちんと紹介され、報道される環境でなら、「野球」も素直に応援する。

       

        

|

« ②と③ | トップページ | 自然の写真 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

僕も高校野球はあまり好きではない。だから、放送もあまり見ない。いやほとんど見ない。興味がない。郷土校の勝ち上がり戦を見ていてもつまらない。昔、松井の星陵は応援したが。186cmの超高校級選手がいて、しかも1年でレギュラーということを新聞で見て、興味を持ったので。どんな選手か、顔写真もなし、プロフィールも無しだった。ただ、参加校全部の選手一覧を見ていて気になったので。その後の活躍は知っての通りだ。
僕はやはり見ていておもしろいのはプロ野球だ。技術が違う。1つ1つの試合が独立しておもしろい。しかも、ひいきのチームがリーグ1位の今年は見ていてとてもおもしろい。
高校野球を、「大人の都合」での「商利用」の面からの批判には、加わりたくない。飽きた。あまりにも当然なので、議論に加わりたくない。僕が加わるなら「おもしろくない」、その一点に尽きる。
県予選を勝ち抜きやすい地方校への、大都市からの野球留学は枚挙にいとまがない。大きなお金をかけても、もし甲子園--プロ野球への道が開けたら、親も子もいうことがないからだ。そんな夢をひじょうに多くの親と子と監督(少年野球の)たちが持っている。それは批判しない。夢だからだ。でも、それとは関係を持ちたくない。大阪からは、青森や福井、石川、島根、香川、徳島、高知、果ては沖縄などへ行った中学生の例を知っている。進路指導や野球部の顧問をしていた関係で知ったことだ。たぶん、東京都や神奈川などの、甲子園への予選を勝ちにくい都県ではたくさんあるのだろう。甲子園で小学校、中学校でのチームメートが敵味方で対戦するというのもよく聞く話だ。批判はあるし、僕も反対だ。でも、制度上それができてしまう今の現状は、僕らは変えられない。苦々しく見ているだけだ。だから、なるべく無視を装うようにしている。

投稿: kita | 2008年7月19日 (土曜日) 午後 04時49分

そうか。そういえば、君は野球部の顧問をしていた時期があったね。その立場から見えることもあるわけだ。

僕の場合、好き嫌いの理由は、本文記事のように、単純な理由が出発点となっている。特定のものをチヤホヤすることへの反発だ。プロ野球での「巨人嫌い」も出発点は同じ。これは、はっきり「嫌い」だ。「巨人だけをマスコミがチヤホヤする」ことが一番の理由。そして2番目は、その人気をかさにきた巨人側の「制度改革」等での自説のゴリ押し。ナベツネの存在も大きかったか。まあ、これは余談だが。

投稿: 管理人 | 2008年7月19日 (土曜日) 午後 07時04分

巨人は好きだった。しかし、君とは反対に(?)、江川の入団から嫌いになった。しかも土地柄、自然と阪神ファンになった。弱小チーム、でも、人気チーム。なんで人気があるのかは、大阪に住んでいると分かるような気がする。すぐ近くに近鉄藤井寺球場があったので、近鉄もひいきにしていたが、無くなってしまった。
スター選手がいるからじゃなくて、そのチームにいるからスター選手に見えるということが分かる。他チームへ行ったら、どんぐりの背比べ程度の選手たちが、阪神にいると、ファンから大声援が送られる。それでいいんじゃないかと思う。

投稿: kita | 2008年7月20日 (日曜日) 午前 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/22403968

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球:

« ②と③ | トップページ | 自然の写真 »