« 個人的備忘録ー「胃と治療」 | トップページ | ブログのアクセス数「500」の壁 »

2008年8月31日 (日曜日)

旧友

●●へ
                                    旧友 ○○より
       
お元気ですか…では始めることが出来ない様子。大丈夫ですか? ブログをよくみています。
           
さて医者の立場から、現状の病気を考えてみました。
# 突発性の腹痛
胃潰瘍は関係していますが、おそらく胃、腸管の蠕動亢進による腹痛と思われます。胃の内容物を早く下部消化管に送りたいのですが、何らかの為に通過障害を起こしており、異常に蠕動が亢進するのではないかと思います。だから胃の拡張が顕著なのでしょう。胃潰瘍の出来る場所によっては、通過障害を起こす可能性はあります。ただこの場合は嘔吐がつきまといます。 嘔気、嘔吐がない様子ですからやや疑問が残ります。救急外来で投与された筋肉注射はおそらく、ブスコパンという名前の蠕動を低下させて痛みを改善する薬だと想像します。今後の治療はまずは胃潰瘍の治療です。現在処方された薬はランサップだけですか?ランサップはあくまでもヘリコバクターピロリ菌の除菌薬であり、潰瘍治療薬ではありません。 ランサップの中にタケプロン(胃薬)が入っていますが、1週間では少なすぎます。また潰瘍の原因ですが、普通は胃カメラの際に組織検査を行います、結果は2週間程度はかかりますが、組織検査をしたのでしょうか? 普通は2週間後に再度来院をしてもらいます。 医療費の問題があるようですが、患者からよほどの希望がない限りは、これらのことは行うのが普通です。
     ………(以下、略)………
        
僕がブログを「再開」した理由のひとつが、この「嬉しかったこと」を書きたかったからである。上の文章は小学校の同級生のメールである。高校卒業後、会ったのはおそらく10回くらいだろうか。年賀状で僕のメールアドレスやブログのURLは教えていたが、ずっと「年賀状のやり取り」くらいの付き合いしかなかったというのが正直なところなのだが、僕のここ3回ほどの「胃の痛み」の記事を見てメールを送ってきたのだ。彼は僕の同級生の中では数少ない「お医者さん」である(「数少ない」と書いたが、彼以外に医者になった者がいるかどうかは知らない)。この「心配している友人がここにもいるよ」という連絡が、かなり落ち込んでいる精神状態のときには、本当に嬉しかったのだ。メールをブログに公開することを本人には伝えていないが、少なくとも上記の部分はプライベートなことは何も無いので、まったく問題ないだろう。
      
僕は、失業してからも、もちろんその前の働いていたときも、いろいろな友人にお世話になったり迷惑をかけたりしてきた。以前の記事にも書いたが、突発的な出費に援助してくれた友人もいるし、現在運転している自家用車も、業者との間に入った友人がいなければあんな価格では絶対に買えないものだ。数日前に友人や知人の勧めで「国民健康保険」に加入したのが、制度は知りつつも「高額な保険料」を心配してずっと未加入だったのだが、結果として「案ずるより生むが安し」のような感じで、僕にとっては良い結果となっている。そして、そんな物理的なことももちろんだが何より、たまにくる「電話」や「メール」が有り難いのだ。
       
「人は一人では生きていけない」「人は周りから生かされている」とよく言われるが、その言葉は、別に「困ったときには誰かが助けてくれる」という安直な意味ではない。だが、今、精神的な部分を含め「困っている」とき、改めて周りにいる友人や知人には感謝するばかりである。
       
        

|

« 個人的備忘録ー「胃と治療」 | トップページ | ブログのアクセス数「500」の壁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

胃の痛み、胃拡張の経過日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/23378484

この記事へのトラックバック一覧です: 旧友:

« 個人的備忘録ー「胃と治療」 | トップページ | ブログのアクセス数「500」の壁 »