« 両方とも好物だが…… | トップページ | 異星人の言語 »

2008年8月 4日 (月曜日)

暗号の解読

     
最近の「アクション」ものの映画やテレビでは、コンピュータのパスワードの解析なんていう場面がよく登場し、文章の「暗号を解読する」というような場面は減ってきたように思うが、僕らの若い頃は、そんな場面がけっこうあった。
      
さて、僕がまだ小学生の頃、そういう映画を見ながら、「なんで、そんなに簡単に暗号が解読されるんだ?」と不思議に思い、僕なりに「こういうのは、どうだろうか」と考えたのが以下のようなもの。
      
送信文書
         
受信者の持つ「型紙」
      
なにせ、小学生の考えることだから、そんなに難しいことは考えない。上の二つを見ただけで、原理はわかると思うが、以下のように「型紙」を受信したものに重ね合わせると「本文」が見えてくる。
    
     
①~⑥を番号順に読めば、「はたらきたい」となり、今の僕の「働きたい」ということになる。小学生なりに考えたことは、規則やヒントが文中にあれば解読されるから、そんなものが無い暗号なら良いのではないかということだ。これなら、まったくわからないだろう。さらに言えば、何回も同じ「型紙」を使えばばれるかもしれないが、数十種類の型紙を使い分ければ、その可能性は低い。まして、1通だけの暗号ではそんなことは不可能だろう。
     
ここまで考えて、思ったことは、「小学生の僕でもこれくらいのことは考えられるのに、映画の中の悪の組織やCIAや宇宙人なんかが、すぐに重要な暗号を解読されるなんて、馬鹿じゃないのか」ということだった。傲慢な小学生で申し訳ないが、この僕の方法による暗号を、「型紙を入手する」という手段以外の方法で解読できるという方がいらっしゃったら、ぜひその方法を教えてほしい。
      
      

|

« 両方とも好物だが…… | トップページ | 異星人の言語 »

ゴジラ・サンダーバード・etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/22774461

この記事へのトラックバック一覧です: 暗号の解読:

« 両方とも好物だが…… | トップページ | 異星人の言語 »