« 車が届いて3日目の夜 | トップページ | GIMPの質問への回答 »

2008年9月28日 (日曜日)

「日本の教育のガンは日教組だ」

56488668

記事のタイトルに共感して訪れた方がいたら、ゴメンナサイ。 タイトル通りのことを書くつもりはありません。

9月27日、「日教組が強いところは学力が低い」の発言について「撤回はしない。わたしは日本の教育のガンは日教組だと思っている。ぶっ壊すために火の玉になる」と強調した(当時の)中山成彬国土交通相。本日、辞任したが、日教組に関する発言について「撤回しない」のは変わらないらしい。日本では一応「思想・信条の自由」はあるので考え方は自由だし、「言論の自由」もあるらしいからそれを発言するのも良い。僕は、中山氏の発言は、ある意味では素晴らしい発言だと思う。「閣僚として問題」と野党(自民党も)は言うが、そもそも「閣僚になったら言動に気をつける」というのはおかしくないか? 

政治家は自分の考えを実現するために議員になるものだろう。だったら、自分の考えを正直に公約に掲げて選挙に臨むべきだ。議員に当選したなら、いっそう自分の政治ポリシーをちゃんと発言して明らかにするべきだ。閣僚になったらなおさら真の「考え」を国民にきちんと明らかにするべきなのだ。国民の暮らしなんか考えもしないのに、親が議員だったからなどの理由で立候補し、一部の者の利権のために政治を動かし、庶民の暮らしが貧困にあえいでいても自分のことしか考えていない議員には、むしろ「綺麗ごとの発言」なんかさせるべきではないのだ。

「大企業のためなら、国民生活を破壊します」 「アメリカの言いなりになりたいから、国民の税金はアメリカのために使います」 「将来の日本より、自分の保身が大事です」 「閣僚になれるなら政党も変わるし公約も撤回します」 ……… そんな「本音」をなぜ政治家や閣僚は発言しないのか? 本音をちゃんと言ってくれれば、誰もあんたたちには投票しないのに。

中山氏が日教組をつぶしたいのは「本音」だろう。閣僚ポストよりもその主張を重視したことは素晴らしい。彼の思いのなかには、「この発言で、日教組が悪いと思う国民が増えることを願う」意図もあるだろうから、この「素晴らしい」は額面どおりに受け取ってほしくないが、少なくとも、彼は、自分に投票するかどうかの選択時の「自分の本音」の一部を国民に明らかにしたのだ。

夢物語ではあるが、候補者が「本音」しか言わない選挙というものを一度でいいから見てみたいと思いませんか? 今の大部分の議員たちは、自分が思ってもいない「国民のため」という言葉なんか、ただの一度も使わないはずである。 

|

« 車が届いて3日目の夜 | トップページ | GIMPの質問への回答 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/24101578

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本の教育のガンは日教組だ」:

« 車が届いて3日目の夜 | トップページ | GIMPの質問への回答 »