« 胃潰瘍の治療開始 | トップページ | 不法投棄 »

2008年9月 6日 (土曜日)

Safari3.1  Firefox3.0  InternetExplorer7.0

       
Googleが新しいブラウザである「Google Chrome (BETA) for Windows」を公開した。
      
2008年3月   Safari 3.1公開。
2008年6月   Opera 9.5、Mozilla Firefox 3.0公開。
2008年8月   InternetExplore8.0(ベータ2)公開。
        
…… と、最近のブラウザ開発の動きは激しいが、現在のシェアは、「Safari」「Firefox」「InternetExplore」がベスト3である。そして、どのブラウザも「自分が最速だ」と言っている。例えば、下のものは本日アクセスした「Safari」の公式ホームページのもの。
      
      
「Firefox 2.0」よりもはるかに高速となった「3.0」が公開されて2ヶ月近く経ちながら、比較対象をいまだに「2.0」にしているのは、サイト更新の「怠慢」というより、「高速な3.0とは比較したくない」ためだろうか? それで、自分で実際に比較してみることにした。ちなみに、正式なバージョンは以下のとおり。
      
Safari 3.1.2(525.21)
Firefox 3.0.1.
InternetExplore 7.0.6001.18000

     
読み込み速度
       
   Safari 61秒
   Firefox 57秒
   InternetExplore 63秒
         
実験環境
O S Windows Vista SP1
CPU Pentium4 630 (3.0GHz)
メモリ BUFFALO DD400(PC-3200)1GB ×2
HDD Serial ATA II 150 7200 rpm 
回線速度 ADSL 100MB/S
読み込みページ 僕のブログページ
   記事数     30
   使用画像    84枚(21.7MB)
       
「こんな低スペックのパソコンで実験するな」「光ではなくADSL環境なんかで実験するな」と叱られそうだが、「僕のための実験」である。他の人のパソコンでどうかなんて関係ない。そして結果は、「どれもそんなに変わらない」というものであった。
     
使用メモリ量
          
         
この比較は、本来ソフトの「初期状態」で行うべきだとは思うが、僕は愛用している「Firefox」には「アドオン」をかなり加えているから、初期状態よりも使用メモリは増加している。しかし、それでも「Firefox」のメモリ使用量は、他の二つの半分以下である。「3.0」は高速であると同時にメモリ使用が少ないという宣伝文句に偽りは無さそうである。
      
結  論
      
スクリプト、クッキー等の調整のし易さから愛用している「Firefox」だが、読み込み速度、メモリ使用量の面からも、他のブラウザに切り替える理由は今のところ無さそうである。「Google Chrome for Windows」「InternetExplore8.0」のふたつは「ベータ版」なので、まだ試していない。正規のバージョンアップがあったら、試してみたいと思っている。
       
        

|

« 胃潰瘍の治療開始 | トップページ | 不法投棄 »

ブラウザ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/23546784

この記事へのトラックバック一覧です: Safari3.1  Firefox3.0  InternetExplorer7.0:

« 胃潰瘍の治療開始 | トップページ | 不法投棄 »