« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金曜日)

「おたすけサイト」が始まりました。

         
年末恒例の「Canon 年賀状おたすけサイト」の2009年版がスタートしました。僕は一応Canonの「PIXUS860i」を使っているのですが、Canonプリンタを使っていなくても、誰でも気軽にダウンロードして使えます。これは使わない手はないでしょう。下のボタンからどうぞ。
        
Canon年賀状おたすけサイト
         
        
例① 「フォトフレーム」の利用
          
「フォトフレーム」に門前町総持寺祖院バックの写真を入れ、文字を入れたもの
          
       
例② 「背景」「イラスト」「文字」
       
「背景」「イラスト」「文字」を合成し、その他の合成等も加えたもの
         
       
例③ ハガキサイズ
        
面倒くさがりやの人には、住所と名前を入れるだけのものもある。
        
       
喪中ハガキのテンプレートまである。
       
      
     
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木曜日)

写真の現像

Wwwwx403664

僕が若い頃、カメラは高級品だった。友人にも「持っている」と言う者は少なかったと思う。だから、僕の若い頃の写真はほとんどが友人や知人のカメラで撮影されたものだ。30歳頃に富士フイルムからレンズ付きフィルムの「写るんです」が発売されたときには「なんとすごいものができたんだ」と喜んだものだ。

そんな僕だが、22歳のときに入った職場で「カメラマン」を担当することになった。職場が労働組合なので、年に1度の「定期大会」をはじめ組合の行事がかなりあり、その様子を撮って「ニュース」を作るためだ。そしてカメラ管理者の特権で、職場から持って帰り、プライベートな写真撮影にも少しだが使わせてもらった。だから、わずかだが若い頃の写真にも僕がとったものがある。

さて、男がカメラを手にしたら、「撮りたい」と思う対象に「女性」が挙げられる。現像は業者に出すのだが、「公共良俗に反するものは現像してくれない」ということは知っていた。僕も、彼女のヌードは、たとえ現像してくれると言われても赤の他人に見せたいとは思わない。だが、「ヌードではないものはもしかしたらOKかな」との思いで、普通の写真と写真の間に、ふざけて撮った女性本人了解済みの「スカートの中」を撮った写真を紛れ込ませてカメラ屋に現像に出してみたことがある。女性も「OKだったら焼き増ししてね」と言っていたのだが、残念ながら現像してはくれなかった。その写真よりはるかにピンボケの「失敗」が一目瞭然の普通の写真は、しっかり現像してお金を請求されたのだが。

そんな25歳の頃、ポラロイドカメラを手に入れた。友人が「あげる」とタダでくれたものだ。これなら現像は必要無い。まさに僕の目的にぴったりのカメラではないか。しかし、結論から言うと、これで撮ったものは手元には1枚も残っていない。焼き増しができないから、シャッターの回数=写真の枚数なので、別れる際に「返して」と言われれば僕の手元には残らない。もっとも、僕が若い頃に知り合う女性は「マルクス・レーニン」について語るという者がほとんどだったので、軽蔑されないために僕が「撮ろう」と言い出せなかったというのが実際の話ではある。そして、ポラロイドカメラ自体も、いつしか別の友人にあげてしまった。フィルム代が高いから、通常の写真を撮るのには使いたいとは思わなかったからだ。

…… 現在、デジカメという、やはり「現像」の必要のないカメラが手元にある。しかし、「彼女いない歴」がすでに10年を超えた僕には、たとえパソコンがウイルスに感染しても、「流出」して困る画像は1枚もHDDに保存されていない。

     

    

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水曜日)

お勧めのフリーイラストサイト

878722

そろそろ年賀状の準備の時期です。パソコンで自分で作るなら、フリーイラストは是非使いたい。だけど、ネットで捜すと、意外と「リンク集」ばかりがヒットし、なかなかイラストそのものが見つからないということはありませんか? そんなサイトは「アクセスアップ互助会」だと僕は軽蔑しています。本当に良心的なサイトをご紹介します。

イラスト素材無料提供サイトのイラストポップ

見るとわかりますが、印刷を目的とした高品質なオリジナルイラスト素材です。画像形式はPNG形式なので透明部分は最初からアルファチャンネルとなっており、GIMP等の画像ソフトを使わなくてもMicrosoftのExcelでも合成が綺麗に簡単にできます。上の画像はすべてそのサイトからのものです。自作年賀状にチャレンジしたい方や個人のブログにイラストを使ってみたい方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

      

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火曜日)

新入社員の「やる気」

8787mmmmmm

10年以上前、僕は、その会社の、魚をさばいて寿司ネタにまで加工する職場にいた。そこに4月に新入社員が2名配属された。そのうちの一人のA君のお話。

初日、簡単なオリエンテーションのあと、魚のさばき方から教えていく。これは口で言っただけではわからない。「慣れ」がすべてだ。午前中の教育を終え、1時間の休憩。そして午後の部が始まる。僕は教えるための準備を整え、彼らが来るのを待っていた。ところがもう一人の新入社員B君は10分前にやってきたが、A君は定刻を過ぎても来ない。B君に聞いても知らないという。「初日からいい根性しとるやないけ」と思っていたが、30分経っても来ないので、さすがに心配になってきた。そして会社の中を探したら、裏の駐車場の辺りで掃除をしている。「何やっとるんや?」と尋ねたら、「ゴミがあったので掃除をしていました」と返事が返ってくる。聞けば、配属前の新入社員教育で「すすんで掃除をする人間になれ」と言われたので、その教えに従ったらしい。「なぜ、僕にそれを言ってからやらないのか」と怒っても、「自主的=許可不要」と思ったとのこと。その「やる気」は尊重したいが、勤務時間中の行動は直属の上司の指示に従うという基本ができていない。勝手な行動は「やる気」とは言わないのだ。

それから1週間後、A君が包丁で指を少し切った。手当てをした後、「魚は触らないで、この本を読んでいろ」と指示をした。おとなしく本を読んでいるので、彼はその場に残し、僕は仕事に復帰した。ところが、10分ほど席をはずして戻ったら、彼が魚を触っている。「なんでや!」と怒ったら、「大丈夫です。指を切ったくらいで遊んでいられません」と言ってくる。僕の説明も足らなかった。僕は彼の指を心配して魚を触るなと言ったのではないのだ。そして衛生的に処理する必要のある大事な魚が何匹も彼の血で汚れている。もう、お客様に出せるものではなくなっている。僕は、魚のために触るなと言ったのだ。彼の指のためではない。

新入社員の皆さん。仕事は上司の指示と許可を得て行ないましょう。勝手な判断と行動は「やる気がある」とは言いません。

       

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日曜日)

好きな漫画作品

       
タイトルどおり、「好きな漫画作品」を挙げる。
        
「好きな漫画作品」=「好きな漫画家」とは必ずしもならない。たとえば楳図かずおは、挙げた作品は好きだが、代表作とも言われる「まことちゃん」はどちらかというと嫌いであり、川崎のぼるも「巨人の星」以外は特に好きではない。漫画の単行本は下記以外にも相当買ったが、現在もあるものはごくわずかである。「女性漫画」もかなり買っているところがすごい(?)。
      
ちなみに、好きな漫画家BEST3は、以下の人たちです。
    吉田 秋生
    浦沢 直樹
    高橋 留美子
        
漫画家 作品名 個人的評価 単行本全巻購入 完読した
あだち 充 ナイン
夕陽よ昇れ!!
陽あたり良好!
みゆき
タッチ
スローステップ
ラフ
じんべえ
石ノ森 章太郎 サイボーグ009
佐武と市捕物控
楳図 かずお 漂流教室
おろち
浦沢 直樹 パイナップルARMY
MONSTER
20世紀少年
PLUTO
大友 克洋 童夢
AKIRA
彼女の想いで…
さよならにっぽん
尾瀬 あきら 夏子の酒
川崎 のぼる 巨人の星
小山 ゆう がんばれ元気
あずみ
西岸 良平 三丁目の夕日
鎌倉ものがたり
柴門 ふみ P.S. 元気です、俊平
あすなろ白書
東京ラブストーリー
同・級・生
女ともだち
庄司 陽子 生徒諸君!
白土 三平 カムイ伝
カムイ外伝
忍者武芸帳 影丸伝
高橋 春男 (4コマ漫画)
高橋 留美子 うる星やつら
めぞん一刻
らんま1/2
1ポンドの福音
犬夜叉
人魚シリーズ
高橋留美子劇場
手塚 治虫 鉄腕アトム
ブラック・ジャック
火の鳥
マグマ大使
鳥山 明 Dr.スランプ
ドラゴンボール
ながやす 巧 愛と誠
弘兼 憲史 人間交差点
○○島耕作
ハロー張りネズミ
かわぐち かいじ 沈黙の艦隊
メドゥーサ
太陽の黙示録
藤子・F・不二雄 パーマン
オバケのQ太郎
松本 零士 銀河鉄道999
宇宙戦艦ヤマト
宇宙海賊キャプテンハーロック
クイーン・エメラルダス
男おいどん
元祖大四畳半大物語
聖凡人伝
恐竜荘物語
帰らざる時の物語
みつはし ちかこ 小さな恋のものがたり
やく みつる (4コマ漫画)
三浦 建太郎 ベルセルク ●(継続)
望月 峯太郎 ドラゴンヘッド
弓月 光 エリート狂走曲
おたすけ人走る!!
うっふんレポート
みんなあげちゃう
横山 光輝 鉄人28号
バビル2世
三国志
項羽と劉邦
吉田 まゆみ アイドルを探せ
吉田 秋生 カリフォルニア物語
夢みる頃をすぎても
夢の園
十三夜荘奇談
吉祥天女
河よりも長くゆるやかに
櫻の園
ラヴァーズ・キス
BANANA FISH
YASHA-夜叉-
ゆうき まさみ 機動警察パトレイバー
じゃじゃ馬グルーミン★UP!
      
      
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校のクラス会

P1010918

昨日から1泊で小学校のクラス会が行なわれた。過去、僕は数回しか参加していない。参加できない理由は長くサービス業に従事していたので土日に仕事が休めなかったからだが、今回は1月半前に案内があったときにはまだ「失業中」で、出ようという気になれなかったからだ。

そんなクラス会に関東地方に住む友人が参加し、帰り際に訪ねてきてくれた。彼と会うのは僕が10年くらい前に参加した同じクラス会で会って以来だ。久しぶりだが、顔つきはあまり変わっていない。友人の中でも「変化の少ない」部類に属すると思う。一目ですぐわかった(当たり前か)。

さて、食事後、僕のアパートに来たのだが、僕のブログに興味を持ってくれているので、「ブログの作り方」を教えた。教えるといっても難しいことは何も無い。「作ってみようかな」と言っていたので、どうなるか楽しみだ。医師という忙しい仕事についているので、問題は時間的余裕があるかどうかだけなのだが。

     

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木曜日)

「ブログ検索」でのアクセス数実験結果

        
このひとつ前の記事の「実験」の結果です。 記事は10月21日22時過ぎにアップした。それから22日いっぱいでの約26時間での「ブログ検索」でのアクセス数は以下のとおり131件でした。 個人的に意外だったのは、①木村拓哉は結婚しても人気が衰えていないらしいことと、 ②「ブログ」とイメージがかみ合わない「演歌歌手」の名前での検索もあったこと。
       
 小池徹平 9  玉木宏 5  相武紗季 1
 石川さゆり 3  高島彩  2  スザンヌ 1
 安室奈美恵 7  赤西仁 9  木下優樹菜 1
 麻木久仁子 5  優香  2  五木ひろし 2
 堂本光一 8  松本潤 6  絢香 1
 亀梨和也 6  仲間由紀恵 5  堂真理子 1
 木村拓哉 12  小栗旬 3  蒼井優 1
 明石家さんま 3  松嶋菜々子 2  石原さとみ 7
 滝川クリステル 5  平井理央 2  綾瀬はるか 5
 伊東美咲 3  SMAP  5  新垣結衣 2
 森進一 1  福山雅治 1  順不同
 成海璃子 1  小林麻央 2
      
      

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月21日 (火曜日)

100,000アクセスありがとうございます。

         
僕のこの「charryつれづれ日記」へのアクセス数が本日、100,000件を突破した。ページの「カウンター」は途中から設置したので値はまだ9万台だが、事実上超えている。
      
多くのご訪問、本当にありがとうございます。ブログを始めた頃は、自分以外の訪問者はURLを知っている友人だけという日々が続き、初めて「検索での訪問者」があったときは大喜び。1日のアクセス数が20件前後というのが2カ月位続いたことを思うと、最近の1日700~800件というアクセス数は信じられない限りです。
本日は、個人的にも「新たな仕事」のスタートの日でもあります。仕事をするということはブログの更新頻度が下がることにつながりますが、画像を多用する関係からこの「ココログ・フリー」の容量制限2.0GBにも迫っており、まもなく更新もできなくなるでしょうが、それまでの間、今後ともよろしくお願いいたします。

         
アクセス数増加の要因
         
アクセス数増加の要因は、「ホームページの存在」と「検索サイトの順位」に尽きるでしょう。
僕のブログへの訪問は以下のようなものです。
         
       
僕のブログを「お気に入り」なんかで登録して訪問してくれている人は約20%であり、一番多いのは
http://charryhitorigoto.ame-zaiku.com/gimpgimpgimp.html
のアドレスからの訪問です。このアドレスが何かというと、僕のホームページであり、以下のようなものです。
        
      
このページは、もともとは僕が作った「GIMP 使い方」というホームページです。しかし、画像を多く使ったので容量が大きくなり、1日のアクセス数が100件を超えるだけで無料のホームページとしての「転送ログ情報量」の制限を越えるため、対応できなくなり、記事の内容をこの「ココログ」に移し、現在は「移転しました。以下へ移動してください」という案内だけのページになっています。そして、このページが Googl で「GIMP」「使い方」で検索すると、第1位の順位で最初にヒットするのです。ちなみにブログの「GIMPの使い方」のほうは15位前後です。
       
      
つまり、ブログというより、ホームページのほうが訪問され、その訪問者が書かれてあるとおりにリンクボタンをクリックしてブログのほうに移動してくれています。このホームページも僕のホームページですから、嬉しいといえば嬉しいのですが、ワンクッションがある分、多少複雑な気持ちではあります。
        
これは、間に「サイト内」を挟んで次に多い
http://charryhitorigoto.ame-zaiku.com/gousei.html
のアドレスからの訪問についても、まったく同様です。ページは下のようなもので、もともとは僕が作った「フリーソフトで画像合成」というホームページです。
       
        
そして、「転送ログ情報量」の制限というまったく同じ理由で記事をこの「ココログ」に移し、現在は「移転案内ページ」でしかないのですが、今度は Google ではなく Yahoo で「フリーソフト」「画像」「合成」の検索で、このページが最初にヒットするのです。
        
        
僕のホームページは現在15ページで構成されていますが、その大部分はこのような「ココログの記事へ移転しました」というものになっています。つまり、ブログ訪問者の半分以上は、実は検索サイトで僕のホームページにアクセスしてくれた人たちであり、そのホームページから移動してきてくれているのです。通常、1日のアクセス数が500を超えれば「人気ブログ」と言えるのでしょうが、僕のブログの場合には、800件のアクセスならばそのうちの直接アクセスが400件程度でしかないことが、残念と言えば残念です。
      
検索ワード
           
      
7月1日~10月21日の全アクセス数 51,439件は、上記のようにホームページからの移動が半分以上なのだが、そのほかでは「お気に入り」登録での訪問は 10,276件であり、ブログ内の別の記事への移動が 11,503件、そして「検索」で訪問してくれた人は 7,721件となっている。この中で、「検索」についてまとめてみた。
      
検索には一般の検索以外にも「ブログ検索」「画像検索」等がある。これについては別記事がある。
http://charry.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/google-yahoo-38.html
そして、上の集計結果はそのすべてを含んでいるが、「Pixia」「GIMP」の語句とともに「和久井映見」が入っているのが僕のブログの特徴と言えるだろう。これは「和久井映見」「水着」の検索では Google では5位に Yahoo では4位に位置する(本日現在)ことが大きい。
       
ちなみに、下のように「なぜそんな検索をするの?」と聞きたくなるものもある。
       
「1MBを超えるjpg」 そんなJpeg画像もあるでしょう。
「雇入れ時 読み方」 「やといいれじ」と読んでは駄目なのか?
「今日何食った?」 見知らぬ人が何を食べようが自由だろう。
「ババ抜き 必勝法」 ネットで調べてでも勝ちたいものなのか?
「不法投棄 時効」 調べる前に、不法投棄はやめましょう。
「相手に婚約者がいた」 あなたの行動と愛情、誠意がすべてです。
ネットで調べるだけでは絶対に解決しません。
「男性ヌードモデル 体験記」 ぜひ、ご自身で体験して記事を書いてください。
「伊藤 名前 アルファベット 書き方」 そうか。 「Itou」か「Ito」かで悩んでいるのか。
「パソコンが」 パソコンがどうしたの?
「外付HDDの使い方」 たぶん、説明書に書いてあります。
「既婚者 キス」 キスに独身者か既婚者かが問題なのか?
「友人未満の知人」 それを一般に「知人」と言います。
「当て逃げ 自首 警察から電話」 電話の前に自首しましょう。
「俺 彼女 結婚」 だから、ネットで何を調べたいの?
「潮田玲子 鼻 低い」 僕よりは高い。
「風邪 服をまくる」 では、まくるのはやめましょう。
「長嶋茂雄 家庭崩壊」 そんなこと、他人が調べるもんじゃありません。
「なぜ 牛乳 風呂上り」 美味しいからです。
「芸能人麻木久仁子ヌード」 芸能人でない同姓同名の麻木久仁子は見たくない。
「石川動物園 パンダ」 そんな話があったのか?
「キャスターマイルド1カートン」 1カートンだと特別なことがあるのか?
「車の傷の原因」 いっぱいあります。
「ぼやけてる はっきりと」 まず、何がぼやけているのかはっきりしましょう。
「食べ過ぎた」 胃薬をどうぞ。
「好きなのに 誘えない10歳下 恋」 恋って切ないね。
「彼女 ジーンズ姿 多い」 似合ってれば、いいじゃん。
「初詣 charry」 誰か僕と初詣に行きたいの?
「金沢 gimp 中年」 僕のページを捜すなら「おじさん」にしなさい。
        
なお、この1年くらいのアクセスで思うことは、「人気のある芸能人やアイドルの名前を使った記事を書くと、その名前だけで「ブログ検索」で10件以上の訪問がある」という法則が成り立つのではないかということである。これは10月1日に「赤西仁は関係ありません」というタイトルの記事を書いたのだが、記事の内容は、有名タレントの名を使った「トラックバック・スパム」に関するもので、赤西仁本人にはまったく関係ないのだが、その日だけで「赤西仁」のブログ検索ばかり30件のアクセスがあり、翌日からピタッと止まった。ブログ検索では記事の順位は「日付」で決まるので、こういう現象が起きる。だからアクセス数を上げたいばっかりに意味も無く芸能人の名前を羅列するブログも多い。ただし、その日だけのことなので、継続してアクセスを得るためにそんなブログでは、同じようなものを毎日アップしている。僕もアクセス数は増えてほしいが、そんな方法を採りたいとは思わない。
     
ただ、1度だけ、「実験」をしたいと思う。 本日、以下の文章をここで掲載する。
       
実験記事   ファンの皆さん、怒らないでね。
     
SMAPの木村拓哉と明石家さんまが二人で道を歩いていたら、島田紳助がやってきて、彼が作った木下優樹菜、里田まい、スザンヌからなるユニット「Pabo」や「アラジン」について語るので、そんなことより俳優の小栗旬について教えろと言ったら、なぜか「篤姫」の宮崎あおいが現れた。そしてみんなで浜崎あゆみのコンサートに行こうとしたら、宇多田ヒカル、倖田來未、絢香、安室奈美恵たちが、私のコンサートに来てという。ラチがあかないので、とりあえず食事をしようとレストランに入ったら、そこでは松嶋菜々子、仲間由紀恵、玉木宏、福山雅治、速水もこみち、赤西仁、堂本光一たちがトンカツ定食を食べていた。長澤まさみは刺身定食で、亀梨和也はてんぷら定食、綾瀬はるかはモツ煮込み定食、小池徹平は焼肉定食、松本潤はなぜかラーメンをそれぞれ食べている。森進一や五木ひろしや石川さゆりなんかの大御所が現れるとまずいのでそうそうに引き上げ、次に伊東美咲が経営する喫茶店に入った。するとそこには石原さとみが堀北真希、相武紗季、新垣結衣、沢尻エリカ達とコーヒーを飲んでいる。蒼井優はレモンティーを飲んでいる。戸田恵梨香はサンドイッチをパクついている。優香は吸えない煙草にむせている。成海璃子はいまだにお子様ランチのようだ。ここではビールが飲めないとわかった一同は、喫茶店を出て公園に向かう。そこには小林麻央が高島彩と滝川クリステルからアナウンサーの極意を教わっている。平井理央や堂真理子も後から来るという。そして向こうのベンチには和久井映見とcharryが並んで腰掛けているのであった。
       
この文章で何件の「ブログ検索」でのアクセスがあったかについて、後日報告します。
       
       
       
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日煮込んだもの

P1010911

昨日の出来事。

昼飯にレトルトカレーを温めた。そしてガスを消したつもりだった。しかし消し忘れていた。「弱火」で10時間以上気付かなかった。お湯は無くなりひたすら「空気」を煮込み続け、気付いたときにはガスの「安全装置」が作動し、湯沸かし器が使えない状態になっていた。

ガス洩れはなかったが、危ない危ない。そういえば部屋の中が昨夜は暖かかった。

      

        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日曜日)

当選確実を急ぐ理由

54kk4jj4mm

任期満了に伴う新潟県知事選、富山県知事選は、いずれも本日投開票され、新潟県知事選では現職の泉田裕彦氏(46)が山崎栄三氏(65)破り再選確実、富山県知事選も現職の石井隆一氏(62)が米谷寛治氏(61)を破り、同じく再選確実となったらしいことが21時前のニュースで流されていた。

選挙前や選挙戦での世論調査等で「現職の圧倒的有利」は間違いないのだろう。しかし、その開票結果は、富山県では0.4%で1029票対172票、新潟県にいたってはわずか0.1%で273票対8票というものだった。選挙をやる前から結果はわかっていると言ってしまえばみもふたもないが、新潟県のような大票田で、わずか273票で当選確実というのはあんまりではないだろうか。それこそ「開票なんて必要ない」と言っているようなものだ。マスコミは、特にこの10年ほどの選挙速報では「いかに速く当確を出すか」ということに躍起になっているような気がする。それも「有権者のため」というより「他局よりも速く」という観点でだ。

「速く出さないと祝杯の酒がいつまでも飲めないじゃないか」というクレームが選挙事務所からでもあるんだろうかと疑ってしまう。

      

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GIMPの質問への回答⑤

        
実はこのブログは僕が「失業中」であったため、作ったようなものです。早い話が暇つぶしです。有り余る時間を「お金を使わずにすごす」ことが目的のひとつでした。そのため、GIMPやPixiaの使い方の記事も書いていました。また、「質問」にも、僕のわかる範囲で答えていました。しかし、来週より仕事に復帰します。今後、生活の中心は「仕事」となりますので、記事の更新をはじめ、仕事以外のことは「本当に暇なとき」にしかやるつもりもないので、質問への回答は期待しないでください。書けないことも無いでしょうが、1週間後、10日後、1ヵ月後となるかと思いますので、ここに質問するよりネットで別サイトを調べるほうがはるかに速いでしょう。一応、今回が「最後」のつもりで書きます。質問するなという意味ではありません。質問していただけることはありがたいことです。ただ、状況が今までと違うということをご理解ください。
      
さて、今回の「質問」です。
      
      
よろしくお願いします。前景抽出選択をやる時はレイヤー設定をやらないといけないよと言われて。

画像をレイヤー設定をしてから作業するのでしようか。またほかの人は、後からレイヤー設定をすればいいよと言います。どちらが良いのでしょうか。お願いします。
     
まず、質問の意味がよくわからないのです。 「前景抽出選択」は2枚以上のレイヤー構造があるか無いかということはあまり関係ないように思います。あくまでも「範囲選択の方法のひとつ」だと僕は思っています。僕の「GIMPの使い方」という記事でもレイヤーの設定をどうこうという書き方はしていません。範囲選択をしたあと、選択部分(あるいは選択を反転した部分)を消去する等の作業を行なう場合には、そのレイヤーに「アルファチャンネル」が追加されているかどうかは影響しますが、それは「矩形選択」でも「楕円選択」でもとにかく「選択」という行為になら全てに当てはまることです。また、レイヤーの「モード」は、どのような種類の範囲選択をしようがしまいが、いつでも変更できます。ですから、その「言った」という人がどんな設定をする必要があると言っているのか、僕にはまったく想像できないのです。
       
以下、「前景抽出」をやってみます。
      
      
前景抽出
① 画像をGIMPで開きます。
② マウスで適当にぐるっと囲みます。
③ 「選択したい部分」の中をマウスでドラッグします。
④ 指を離すとこうなります。本来、次に細部の「修正」ですが、この画像では必要ないようです。
⑤ パソコンの「Enter」キーを押すと範囲選択されています。
……… 以上で「前景抽出」の作業は終わりです。
ここまでの作業だけが「前景抽出」であり、「クイックマスク」を使って範囲選択しても範囲選択という意味では結果はまったく同じです。今まで見てのとおり、「レイヤーを設定する」という作業は後にも先にもありません。その他の作業は「前景抽出」とは関係の無いことです。
       
前景抽出は関係ない
⑥ 選択部分を消去すれば下のようになります。
⑦ 選択範囲を反転してから消去すれば以下のようになります。
⑧ 消去する前にレイヤーの透明部分にアルファチャンネルを加えればこうなります。
⑨ ⑧の段階で、下に別のレイヤーがあれば以下のようになります。
⑩ 花のレイヤーのモードを「オーバーレイ」に変えるとこうなります。
       
……… しかし、これらの作業は「前景抽出」とは関係ありません。
      
結  論
         
質問の「レイヤー設定」とはレイヤーの何をどのように設定することなのか、僕には皆目見当がつきません。レイヤーの設定は一般的にはいつでもできます。「範囲選択」を行なう前にするか行なったあとにするかは、食事をするときに「箸を先に持つか茶碗を先に持つか」なんかと同様に、作業をする人の好みだけの問題だと思います。僕は「どちらが良いか」と聞かれても、答えに窮します。
       
       
       

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土曜日)

とんバラ定食の「宇宙軒」

金沢市、あるいはその近郊地域に住む人間なら、たいていの人が知っているというB級グルメの食事処、そしてその定番メニューがいくつかある。金沢市に本部がある「8番ラーメン」チェーン店の「野菜ラーメン」。現在は「もりの里」にあるが以前は「小立野」にあった「第7ギョーザの店」の「ホワイト餃子」。旨いのかそうでもないのかよくわからんが時々無性に食べたくなる「カレーのチャンピオン」の「Lカツカレー」。この三つが「金沢(石川)3大B級グルメ」といわれているらしい。僕もこれらの店にはよく行ったものだ(もちろん、現在も)。しかし、個人的には「金沢№1のB級グルメ」には、片町中心街近くにある「宇宙軒食堂(通称:「宇宙軒」)」の「とんバラ定食」を挙げたい。なお、「金沢3大B級グルメ」に「8番ラーメン」をはずしてこの「宇宙軒」を加えるという説もあるらしい。
      
今、この記事を書きながらも、あの独特の「タレ」の味がよみがえってきて、口の中に唾が出てきている。僕が学生だった頃から利用していて、その旨さは今もまったく変わらない。若い頃、「片町」で飲んだあとの食事は、ここか「ナンちゃんラーメン(屋台だった頃)」と相場が決まっていた。駐車場が無いのだが、ここの「とんバラ定食」を食べるためだけに有料駐車場を利用することもある。ごく普通の定食屋で、「刺身定食」「野菜炒め定食」なんかも旨いが、毎日食べに来れるならそれらも注文するだろうが、最近はたまにしか来れないので、注文は「とんバラ定食・ご飯大盛り」に決まってしまう。ライスの量が少ないので、ご飯は「大盛り」で注文したい。はっきり言って、へたな店の高級牛焼肉定食なんかよりずっと旨い。
      
「ナンちゃんラーメン」は屋台だった頃に比べ味が変わってしまった。好き嫌いは人によるだろうが、僕は以前の味が好きだった。この「宇宙軒」は変わることはなさそうだ。老後、許されるなら、この近くに引っ越して、毎日食べて暮らしたいと本気で思う。
       
        

| | コメント (0) | トラックバック (1)

想い出のキーワード

         
その言葉を聞けばその人を想い出すという言葉がある。
        
お○○○○○ ギター、グレープ、「僕にまかせてください」、立て看板
し○○○○○ 検査技師、山形県
た○○○○○○ 上野公園、冬山、ペアルック、鳩、ホテル
こ○○○○○ 看護学校、暑中見舞い
さ○○○○○ 映画サークル、「来ないと死ぬ」、アメリカ土産
お○○○○○○ かぶら寿司、セーター、お尻
な○○○○○○ 肩紐、花火、犀川
な○○○○○ 歯槽膿漏、「三歩さがって」、留守番電話
さ○○○○○ テニス、カチューシャ、チューリップフェア、ぬいぐるみ、エイズ
こ○○○○○ テニス、脇の下、「髪を切る」
や○○○○○○ 高校生、羽村市、ぬいぐるみ、電子レンジ、「1957」
も○○○○○ 京都、クリスマスケーキ
       
職場の名前なんかはもちろんだが、相手を限定されやすいものは地名以外は書かなかったが、こうして書いてみると不思議なもので、強烈に覚えている場面での会話の内容よりも、特に何事も無いことでの会話や行動がなぜか記憶に残っている場合が多い。ちなみに「歯槽膿漏」というのは、3回目のデートの夜、車の中で話をしているとき、「今日はキスをしよう」と思っている僕に対して彼女が「あのね、今日、歯医者さんに行ってきたの」「歯槽膿漏なんだって」と言った言葉である。それで一気に「その気」が失せたのだが、彼女との「始まりから終わりまで」の中では2時間映画ならカットされそうな場面だ。「終わり方」があまり気分のいいものではないので、記憶はその部分が圧倒的に多いのに、そこ���交わされた会話や会った場所よりも、なぜか今ではこの「歯槽膿漏」で想い出すことが多い。不思議なものである。
      
     
     

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月16日 (木曜日)

夢を見た

           
      
夢を見た。
            
恋人に会いに目的地に向かっている。
途中、誰かが「ここから富士が見えるよ」と言う。
ふと横を見ると山の中で、青空の中、巨大なスクリーンのような枠の中に富士が見える。
しかし、どうも本当の富士と違うような気がする。枠自体が富士の形に靄がかかっているのだ。
枠をはずしてみた。
目の前にあるのは高い山。僕はその山に恐怖を感じる。
円柱形の山だ。直径が500mくらいで高さが2000mくらいの巨大な円柱が目の前にある。
ゴツゴツした山肌は、積み上げられた巨大なハンバーグそっくりな形をしている。
僕はそれを見上げる。
      
いつしかオートバイに乗っている。
前の車がやたら急ブレーキをかけるので危なくてしょうがない。
夜になった。あたりがまったく見えない中で走らせていると、川を渡る高い橋の上に来た。
後ろの車が道に直角にハンドルを切り、闇の中に消えていく。
「危ない。そんなことをしたら川に落ちちゃうじゃないか」と思いながら振り向いて止まった。
僕の走っていた橋も突然の行き止まりで、その先は崖だ。
傍らにたたずむ老人が、「ここは、車やバイクを捨てる道なんだよ」と教えてくれる。
      
目的の家に着いた。
そこには別の男性と結婚した元恋人がいる。
子供たちが大きい。その子供たちと遊んでいると、彼女のご主人がやってくる。
彼は酔っている。「俺はお前を恨んでいない」と僕に絡んでくる。
僕は初対面なのに恨みも何も無いだろうと適当にあしらう。
彼の親戚の人が来て「晩御飯の準備ができました」と言う。もう夕方になっている。
僕は「いや、帰る」と言うが、大勢出てきた親戚が口々に「泊っていけ」と言い、帰れない。
20人くらいの宴会が始まった。仕方なく席に着くと僕の前に膳がない。
舞台のようなところで誰かが踊っている。
僕は自分の膳を求め、移動する。
誰かが素手で持っていた「カレイの煮つけ」を席の隅の膳で、ポイと皿の上にほうり、食えと言う。
別の人間が味噌汁の入った椀をほうってくる。
僕は彼女のもとに近づく。
「今日、僕がここに来たのは……」
ところが、言いたいことが言えない。
言おうとしたことを言うには、この場所が「ありえない」場所だということを伝えなければならない。
しかし、それを言うと、彼女が消えてしまう。
僕は「当たり障りの無いこと」を一生懸命に考える。
………
           
          
僕は昔から、よく夢を見る。目覚めてからも夢の中の記憶がかなり鮮明に残っている。日頃考えてもいないドラマのような展開が夢の中では起こるので、時々「この記憶を書き留めておきたい」と思う。そして「こんな夢を見たよ」と誰かに言いたくなるときもある。小さい頃には、実際に枕元にノートと筆記用具を置いていたころもあった。
     
しかし、実際に「夢の記憶」を文章にしても面白くない。あるいは感動なんかしない。たとえばある小説を映画化しようとしても監督や俳優によりその面白さはかなり違ってくるだろうが、まして自分がその夢のどこに喜怒哀楽を感じるのかは、夢に反映される僕の経験を同じように経験した者でないと伝えるのは難しいだろう。夢の中に出てくる「小物」ひとつひとつに「これはこういう経験があって夢の中に出てきたものだ」という注釈を加えてみても始まらない。
      
本日、昨夜寝不足だったので夕方2時間ほど眠った。そこで見たのが上に書いたような夢。今、目覚めてから1時間くらい経つが、青空の中でそびえる巨大な円柱形の山の記憶がまだ残っている。黒っぽいカレイの煮付けの姿も鮮明だ。それで、「夢日記」として書いてみたが、やはり、この文章では、僕がこの夢から目覚めた直後に感じたことは100分の一も伝えられない。まあ、伝えるには夢の中の登場人物とのかかわりが無くては無理なことは最初からわかっているが。
     
      
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水曜日)

棋譜のGIF動画

       
昨日打ったYahoo 囲碁の棋譜のGIF動画を作ってみた。
     
134に対して135の受け、そしてその後の展開が正しいのかどうかは、5級の僕にはわからない。しかし、このままでは2眼できない。そこで、相手のダメ詰まりを突く。139で「ここに1眼作りますよ」と相手に140と打たせながら、ダメを詰める。141に相手は抵抗できない。そこで143が妙手。この「もう1手ダメを詰めれば渡れる」を見ていたので、別のところで相手の大石にとどめを刺しており、右下の「生き」で勝利が決まった。 僕には、「快心の譜」。
     
できれば盤面全体の動画にしたかったが、この大きさの12枚のもので画像サイズは686KBにもなる。「ココログ」ではアップロードするファイルの容量が1MB以下に制限されているので、これ以上大きくて長手数のものは、作ってもアップロードできないので仕方がない。
       
        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月曜日)

麻雀のフリーソフト

      
麻雀のフリーソフト。月に1回くらいしか使わないが、この「麻雀悠遊」が数ヶ月前にバージョンアップしてからは、使うのはこればかり。 別の「広告・スパイウエア付き」のソフトでは、もっと前から画像の綺麗な3D表示のものはあったが、純粋なフリーソフトでは、僕の知る限りこのソフトが一番良い。しかし、囲碁はコンピュータ相手でも多少は楽しめるが、麻雀は「面白いか?」とは聞かないでほしい。僕も、よほど暇でない限りは使わない。
       
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門前町の野菜

P1010864_3

最近、「友人に●●をいただいた」「友人に○○ということをしてもらった」という記事が多くなっている。一人暮らしだから、「家族」の記事が書けるわけもないが、「僕が友人に何かをしてあげた」という記事は無い。仮にそういうことがあったとしても、自分でそんな記事は書かないだろうが、現実問題として、最近はいろいろな友人に世話になりっぱなしだ。ありがたいと感謝しつつ、もう少し自分自身がしっかりしたいと思う。

本日は、連休で門前町に帰っていた友人が、大阪への帰途、門前の実家から野菜を持ってきてくれた。この数ヶ月、野菜が高いから、これはありがたい。9月の末に別の友人からいただいた野菜が、ジャガイモ以外がなくなっていたが、そこへ、この野菜。本当にここしばらくは、「お米」といい、友人からもらったものを中心に食べている。

「胃拡張」にならないよう、少しづつ食べさせていただきます。

        

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日曜日)

「喉元」が過ぎていた。

P1010863

友人が、「就職決定祝い」をしてくれた。おいしいものを食べ、お酒を飲み、サウナにゆっくりつかって泊まるというコース。好意をありがたく受け、久しぶりの「生ビール」。そして、ステーキ等、おいしいものをご馳走になった。

僕は、8月に4回、胃拡張の激痛で病院に運ばれた。普通、「胃拡張」ではそんなに痛くないはずなのに、僕の場合はそれはものすごい痛みで、そのため、9月はかなり「食事」には気を使っていた。しかし、忘れっぽい性格で、40日以上「症状」が現れないので、「ビール」にもさほど警戒せず、「中ビン」で3杯いただいた。そして食後、再びお風呂につかった。

30分後の20時頃、僕は友人の呼んでくれたタクシーで、付き添ってくれた友人とともに病院にいた。「胃拡張」の激痛の再発。そんなには食べていないが、「普通に」食べたことに加え、久々のビールがいけなかったようだ。いつもの「筋肉注射1本」では効いてくれず、「2本目」を打つが、のた打ち回る痛みは去ってくれない。そこでそのまま「入院」。別の「モルヒネ系」の3本目で少しはおさまるが、「普通に痛い」まま。そして、真夜中の2時過ぎ、痛みの激化で「4本目」。痛い時間がこんなに長時間続いたのは初めてだ。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」というが、本当にそうだ。正直、9月の初め頃は「食べるのが恐い」とかなり食事に気を使っていたのが、いつのまにか、最近は「普通に」食っていた。「自分の胃は正常ではない」という自覚が、改めて必要のようだ。

       

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金曜日)

パソコン教室の授業中

      
「そろそろ年賀状の準備だ」と、過去の年賀状をひっくり返していたら、同じとことからフロッピーディスクが出てきた。友人がパソコンケースをくれる際にFDDも付けてくれていたが、ディスク自体が無かったので一度も使っていなかったのだが、「一度は使ってみよう」とこのフロッピーを開いてみた。
    
中身は、2年前に通ったパソコン教室で作ったものだった。「Excel」の授業中に、他の人間が「真面目なもの」を作っている中で、僕は上のようなものを作っていた。一応、他のメンバーよりも「できる」という余裕で、課題に真面目に取り組まずに遊んでいたのだが、気づいた講師も、社会人相手の教室だから大目に見てくれたものだ。しかし、「教室」でこれなのだから、僕のパソコンの使い方がわかろうというものだ。
     
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三人と一人

      
友人より「お米」が届いた。
     
2日前の夜、友人より以下のようなメールが届いていたから、本日届くのはわかっていた。
「今日、往診で患者さんからお米をもらいました。自宅に持って帰っても、置いておく所に困るので、○○に送るこ とにしました。受け取って下さい。 先ほど、クロネコヤマトに持って行きました。そちらに着くのは10日になるそうです。それではまた…!」
       
ちなみに彼は3人家族である。お米が200kgとか300kgとかなら「置いておく所に困る」だろうが、この量は、もちろん、困らないはずだ。現在無収入の僕のための好意なのだが、僕に気を使わせないための言葉だということはわかっている。ありがたくいただきます。一人住まいの僕には3か月分くらいはありそうだ。
      
        
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「電話が大変混みあっている」時間帯

Gum02_cl03098

「24時間電話受付」を謳うサービスが、最近増えてきている。僕の場合、利用するのはパソコン関係のものが多い。しかし、このサービスでいつも感じることがある。それは、電話をかけるのだが、生身の人間が電話に出なくて、「申し訳ありません。ただいま、電話が大変混みあっております。もうしばらく経ってから、おかけ直しください」というガイダンスが流れる場合だ。

例 ①

夜の23時すぎぐらいにかけると、「生身」が出たことがない。5分おきに連続10回以上かけても、すべて「ガイダンス」しかでない。これは、早朝4時頃でもまったく同じ。夜の21時くらいには、まれにつながることもある。

例 ②

朝、7時に電話をかけても、①と変わらない。「生身」はまったく応対しない。8時半でも変わらない。ところが、普通の会社の勤務開始時間の朝9時を過ぎると、とたんにつながる。そして、追加の問い合わせをしてもすぐつながる。9時から17時くらいは、とにかくつながるのだ。

「交代制」は間違いない。9時からつながるのは、9時からの人間が出勤するからだろう。しかし、本当に夜間は出ようとしない。これって「24時間サービス」と言えるのか? 夜間は対応できる人間が少ないからというより、当直を1人だけ置き、その一人がぐっすり熟睡していて、「対応できなくてもいいや」と思っているとしか思えない。

     

      

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水曜日)

3日後

P1010dccx847

若い頃、労働組合の仕事をしていた。勤務先が労働組合だったのだが、そこで働く全国800名の仲間で労働組合を作っていた。労働組合の労働組合だ。その中央執行委員と西日本支部書記長をやっていたので、月に2回は東京や名古屋・大阪等に出かけていた。そしてあるとき、年に一度の全国大会があり、当然ながら僕も参加するから、2泊3日で東京に出かけた。車は金沢駅近くの職場指定の駐車場におき、「足」は列車だった。

大会の内容はここではどうでもいい。3日後の昼過ぎ、米原経由の列車で再び金沢に帰ってきた。駅から歩いて駐車場に行き、車のボンネットの上にカバンを置いて中から車のキーを取り出そうとした。しかし、いつもそこに入れるはずのセカンドバッグの中には無い。おかしいなと思いつつ、カバン全体の中を捜しはじめた。最初は「どこかにあるはずだ」と余裕で捜していたが、どこをひっくり返しても出て来ない。さすがにあせってきた。「東京」での行動範囲は限定され、その中でカバンやバッグの開閉した場所はさらに絞られる。だから問い合わせる先は10箇所未満だが、仮に運良く見つかったとしても、送ってもらうのに時間がかかる。それまでの数日間、車に乗れないどころか、キーホルダーにはアパートの鍵もついていたから、部屋にも入れない。そして、何より、いつ落としたかがわからないのだから、見つかる可能性自体が極めて低いだろう。疲れているのに、帰ることもできず、今から合鍵屋かと落ち込みながら何気なく車の室内を覗き込んだ。

なんと、カギはそこにあった。スタータについていた。そしてとんでもないことに車のドアはロックされていなかった。それなのに車は無事だったのだ。そしてこんな場合、普通ならエンジンは切って忘れるものだと思うが、僕の場合はエンジンもかけっぱなしだった何か考え事でもしていたのかもしれないが、よく気付かずにそのまま出張に出かけたものだ。ガソリンは多少はあったはずだが、さすがにガス欠になり、エンジンは止まっている。その駐車場は「草っパラ」だったので、人通りも少なく、車も盗難されることがなかったのだろうが、それにしても、本当によく無事だったものだ。もうエンジンが止まっているから静かだが、僕が出かけた日の夜なんかは、近くを通る人にはエンジンの音が聞こえたはずなのだが。

よく利用していたスタンドに電話してガソリンをポリタンクで持ってきてもらい、バッテリーの接続ケーブルも一緒に持ってくるようお願いした。当時、「EFIエンジンはガス欠させると壊れる」と言われていたはずだが、その心配も大丈夫だった。しかし、今でもこのことは時々思い出すが、本当に、よく無事だったと思う。あの時、いったい何時間、無人でエンジンが回っていたんだろうか?

      

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緒形拳さんが亡くなられた。

        
緒形拳さんが亡くなられた。
     
彼は僕が最も好きな男優だった。好きな男優はこの他にも大勢いるが、「この俳優が出るなら、この映画を見たい」と思える唯一の男優だった。こう書くと「亡くなった人への追悼」だと思うかもしれないが、そうではない。事実だ。この20年くらい、「好きな俳優は?」と聞かれたら、僕は間違いなく最初に「緒形拳」と答えていた。
      
僕は、俳優・女優、芸能人やタレント等の動向についてはあまりブログ記事として書こうとは思わないが、彼については書きたい。ただ、「まとめる」つもりはないので、思い出すままに意味不明な雑文を書いていきます。
        
NHK大河ドラマ「太閤記」 僕の家にテレビが来たのが前年の夏だった。だから、僕が大河ドラマを年間を通して見たのが、これが最初である。まだ小さい頃の記憶だが、たしか百姓の生活を飛び出した主人公が、「これからどうしよう…」という台詞を第1回に言ったと思う。桶狭間の合戦に向かう織田信長の軍勢が途中で川を渡るとき、とぼとぼと最後尾を歩いていたはずだ。この番組が僕を「緒形拳ファン」にさせた。
映画「復讐するは我にあり」 素人が役者を評価するのも失礼だが、緒形拳ほど善人から悪人までいろいろな役を演じられる役者もいないだろう(あと思い浮かぶのは「中井貴一」くらいだが)。「善人が犯罪に手を染める」というより、「根っからの悪人」という設定だったと思うが、見事だった。ぐいぐい引き付けられた。
話題になった「倍賞美津子」「小川真由美」のヌードを見たくて映画館に行ったことも否定はしないが。
NHK大河ドラマ「峠の群像」 「忠臣蔵」の話だが、普通のヒロイズム強調の描き方ではなく、「地道な闘い」という作品の作り方がとにかく良かった。そんな作品に緒形拳の抑えた演技が絶妙だった。落ち着いたしゃべり方がかえって迫力を出していた。「仇討ち」を成し遂げたあとの浅野内匠頭の墓前で、浪士達に「ここで腹は切らない」と静かに告げる場面が印象に残っている。
    
さて、最近では「風林火山」で、上杉謙信の軍師役で大河ドラマに出演していた。しかし、実はこの番組を見ていて、正直言うと「少し老いたか?」と感じていた。落ち着いたしゃべり方は冷静沈着な軍師役だからこそだが、いくつかの場面で、台詞の「間」がコンマ何秒くらい長すぎるように思えたのだ。演技というより、体調で次の台詞に行けないという感じがしていたのは僕だけだろうか? 実際の体調がどうだったかはわからない。しかし、僕が「緒形拳ファン」だからこそ感じていたことだとは思う。
        
        
ご冥福をお祈りいたします。
     
     
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火曜日)

「グラデーションエディタ」で新規作成

      
またまた、GIMPに関する質問への回答の記事です。
          
質問は以下のとおり。
      
「2006年のフォトレタッチスーパーテクニックのことです。グラデーション黒から青(R0.G128.B255)たぶん色選択画面で選択すると思いますが。GIMPの作成のやり方を載せた サイトはご存知でしょうか。本の見ていると、いろんなグラデーションがあるのですいません。」
      
      
以下、回答です。
      
① 「フォトレタッチスーパーテクニック」というのは、GIMPの解説本だと思いますが、僕は持っていないので、申し訳ありませんが、ちょっとなんのことか良くわかりません。
      
② グラデーションですが、以下のもの(291種類)は、もうダウンロードされましたか? 僕もグラデーションは多用するのですが、結構使えます。
http://www.geocities.jp/gimproject/patterns/extras-gradients.html
       
          
さて、基本的な「作り方」は以下のとおりです。
なお、「サイト」ですが、これは申し訳ありませんが、人により何を知りたいかが違うので、できればご自身で捜してみてください。
      
グラデーションの作成      
      
まず、「グラデーションエディタ」を起動する。「グラデーションエディタ」は、グラデーションダイアログの中で、右クリックして、「新しいグラデーション」を選択する。
      
     
また、下のボタンからも同じことができる。
      
     
扱いやすいように、ウインドウをマウスで右に広げます。
      
    
中で右クリックして、まず、「左終端色」を選びます。
       
     
以下のようなウインドウが現れます。
さて、質問では、「黒から青(R0.G128.B255)」となっていますので、まず「左終端色」を「黒」にします。「H」~「B」の値が全てゼロで「A」が「100」で、これは完全不透明な「黒」です。
ちなみに、「H」「S」「V」の三つがひとつのセットで、「R」「G」「B」の三つは別のひとつのセットです。また、「A」とは色の要素ではなく、「アルファチャンネル」のことです。つまり透明度です。「A」の数値を下げれば、半透明にすることができます。これで良ければ「OK」を押します。
       
      
またまた、中で右クリックし、今度は「右終端色」を選びます。
      
     
RGBを順に設定していきます。
まず、「R」をゼロに。
      
     
続いて、「G」を「128」に。
      
     
最後に「B」ですが、「255」ということなので、ここでは動かさなくて良いですね。
以上で「R0、G128、B255」となったので、「OK」を押します。
       
    
以下のようになりました。
       
    
グラデーションの中で一度クリックしてから、△をマウスで移動して調整します。
        
       
良ければ、名前をつけ、保存ボタンをクリックします。
      
      
「charrycharry」というグラデーションができました。
       
       
      
なお、僕の「GIMPの使い方②」において、この記事をそのまま追加するとともに、新たに「作ったグラデーションの編集」についても若干書き加えましたので、よかったらそちらもご覧ください。 
       

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日曜日)

麻田奈美のポスター

部屋の中にポスターを貼るという人も多いだろう。理由は二つ。その写真が好きなこと。そして部屋のアクセント。 たまに、部屋一面に何十枚も貼る人がいるが、ずっと賃貸住宅に住んでいる僕の場合は、貼れる部分が限定されるから、過去、多いときで3枚ぐらいだろうか。写真中心のカレンダーを含めてだ。そして、そのうちのいくつかは女性のヌードである。
      
学生時代、初めて部屋に貼ったのが、「麻田奈美」のポスターだった。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用させてもらうと、「…… 1973年3月12日号に掲載された、青柳陽一によるたった一枚の見開きグラビアである。赤い林檎で股間を控えめに隠したこの写真は「林檎ヌード」と呼ばれ、後日販売されたポスターは当時の青少年の部屋に必ず貼られているとまで言われるほどに売られた。……【光と風にたわむれる現代のヴィーナス】(藤田敏八の表現)とまで言われ、れっきとしたトップアイドルとしての地位を確立したのは麻田が最初で最後とされる。……」とあるように、僕らの年代の者で「見たことが無い」という者はほとんどいないのではないかと思えるほど有名なもので、僕の場合も、友人の部屋に貼ってあるものを見て欲しくなったものだ。ポスターを「買う」という行為も、部屋のポスターがヌードだということも、これが生まれて初めてのことだった。このポスターは、今も「芸術作品」だと思っている。
     
この若い頃の「麻田奈美」以外で記憶にあるのは「水沢アキ」等のカレンダーで、一時期、洋酒メーカーが競って「ヌード・カレンダー」を歳末商戦の特典とした時期があり、その頃、僕には酒屋の娘の知人がいたので、ウイスキーも買わずに手に入れることができたものだ。お堅いNHKの当時の看板番組「連想ゲーム」の中で、司会者が「本日は水沢アキさんと○○さんという、ヌードカレンダーが有名な女優同士の対決です」と言ったくらい、これもはやった。僕は、カレンダーの年が過ぎても、気に入ったものはポスターとして貼っていた。
     
さて、こういうポスターが貼ってある部屋に遊びに来る女性の反応も、人によって違う。「やだぁ」とぶりっ子する者、「私のほうが○○よ」と比べる者、無視する者、「ふぅ~ん」とあしらう者、しかし、それらは、まだ、「友人」だから良い。相手にもよるが、遊びに来ることがわかっていても、僕はポスターを剥がそうとは思わなかった。それは風景写真のポスターと同じなのだ。芸術写真を部屋に貼っていて悪いわけがない。
     
そんな僕だったが、些細なことで、ヌードは部屋に貼らないと決めた。 僕には、時々部屋に漫画の単行本を見るために遊びに来ていた姉の娘、つまり「姪」がいたのだが、6年ほど前、彼女がまだ多感な中学生のとき、たまたま来た日に、部屋にそんなポスターが貼ってあった。いつものように本棚から読むものを探して寝っころがって読むのだが、どうも雰囲気がよそよそしい。ふと気になって様子を見ていたが、視線の動きから、口には出さなかったが、原因はポスターだろうと思われた。相手は純粋無垢な中学生だ。しかも、「友人」と違い、彼女とは永久に叔父と姪との関係は続く。エッチなおじさんと笑ってくれればいいが、変質者と思われるわけにはいかない。彼女が帰ってから、僕はすぐに貼ってあったポスターを剥がした。
      
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木曜日)

GIMP2.6.0 公開される

       
「GIMP」の大きなバージョン・アップがあった。 「2.4 → 2.6」
         
しかし、インストールして、少しだけ使ってみての感想は、「2.2 → 2.4」のときほどのインパクトは感じなかった。インターフェイスの変更は、慣れないだけだが、多少扱いづらい。便利になった部分もあるが、「そこをせっかく変えたのなら、同時に、ここをこうなるようにすべきだろう」と思う部分もある。
    
なお、「マイコミジャーナル」に書かれている「描画機構にも改良が加えられている。従来のGDK描画機構がCairoベースに置き換えられたことにより、画面要素の透過表示など表現手法が多様化された。内部の描画エンジンが次世代のGEGL (Generic Graphical Library) への移行を開始するなど、将来を見据えた変更も行われている。」…… という点については、当然ながら(?)、なんのことかまったくわからない。
       
        
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水曜日)

赤西仁は関係ありません

       
この1週間、しつこく「赤西仁がなんとかかんとか」というタイトルで、アダルトサイト(出会い系?)へのトラックバックを貼ろうとしている方へ。 個人的に赤西仁は好きでも嫌いでもない(というか、知らない)が、アダルトサイトへのトラックバックは絶対に貼らせません。やるだけ無駄ですよ。
       
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »