« 麻田奈美のポスター | トップページ | 緒形拳さんが亡くなられた。 »

2008年10月 7日 (火曜日)

「グラデーションエディタ」で新規作成

      
またまた、GIMPに関する質問への回答の記事です。
          
質問は以下のとおり。
      
「2006年のフォトレタッチスーパーテクニックのことです。グラデーション黒から青(R0.G128.B255)たぶん色選択画面で選択すると思いますが。GIMPの作成のやり方を載せた サイトはご存知でしょうか。本の見ていると、いろんなグラデーションがあるのですいません。」
      
      
以下、回答です。
      
① 「フォトレタッチスーパーテクニック」というのは、GIMPの解説本だと思いますが、僕は持っていないので、申し訳ありませんが、ちょっとなんのことか良くわかりません。
      
② グラデーションですが、以下のもの(291種類)は、もうダウンロードされましたか? 僕もグラデーションは多用するのですが、結構使えます。
http://www.geocities.jp/gimproject/patterns/extras-gradients.html
       
          
さて、基本的な「作り方」は以下のとおりです。
なお、「サイト」ですが、これは申し訳ありませんが、人により何を知りたいかが違うので、できればご自身で捜してみてください。
      
グラデーションの作成      
      
まず、「グラデーションエディタ」を起動する。「グラデーションエディタ」は、グラデーションダイアログの中で、右クリックして、「新しいグラデーション」を選択する。
      
     
また、下のボタンからも同じことができる。
      
     
扱いやすいように、ウインドウをマウスで右に広げます。
      
    
中で右クリックして、まず、「左終端色」を選びます。
       
     
以下のようなウインドウが現れます。
さて、質問では、「黒から青(R0.G128.B255)」となっていますので、まず「左終端色」を「黒」にします。「H」~「B」の値が全てゼロで「A」が「100」で、これは完全不透明な「黒」です。
ちなみに、「H」「S」「V」の三つがひとつのセットで、「R」「G」「B」の三つは別のひとつのセットです。また、「A」とは色の要素ではなく、「アルファチャンネル」のことです。つまり透明度です。「A」の数値を下げれば、半透明にすることができます。これで良ければ「OK」を押します。
       
      
またまた、中で右クリックし、今度は「右終端色」を選びます。
      
     
RGBを順に設定していきます。
まず、「R」をゼロに。
      
     
続いて、「G」を「128」に。
      
     
最後に「B」ですが、「255」ということなので、ここでは動かさなくて良いですね。
以上で「R0、G128、B255」となったので、「OK」を押します。
       
    
以下のようになりました。
       
    
グラデーションの中で一度クリックしてから、△をマウスで移動して調整します。
        
       
良ければ、名前をつけ、保存ボタンをクリックします。
      
      
「charrycharry」というグラデーションができました。
       
       
      
なお、僕の「GIMPの使い方②」において、この記事をそのまま追加するとともに、新たに「作ったグラデーションの編集」についても若干書き加えましたので、よかったらそちらもご覧ください。 
       

|

« 麻田奈美のポスター | トップページ | 緒形拳さんが亡くなられた。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
教えて下さり。

見ながら勉強していきます。

投稿: kok | 2008年10月 7日 (火曜日) 午前 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/24322484

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラデーションエディタ」で新規作成:

« 麻田奈美のポスター | トップページ | 緒形拳さんが亡くなられた。 »