« 許せないプラモデル | トップページ | 入院中の出来事④ »

2008年12月 5日 (金曜日)

入院中の出来事③

P101fff0936

少し前、ダイエットに挑戦していた。僕の「失業」の原因となった「変形性膝関節症」への対策として、体重を減らし、膝への負担を軽くしようと思ったのだ。5月30日に91kgでスタートし、2ヵ月後の8月1日には82kgまで落ちていた。

しかし、その後、「腹痛」が頻繁に起こり、食べたものが胃から出て行かない原因がはっきりしない中で、「急激な食事制限」の影響もあるのかと考え、胃潰瘍の再発もあり、「食事制限」はやめていた。そのため、体重はゆっくりだが増えていき、一時は85kgまで戻っていた。ただ、激しい胃痛で「食べることが恐い」状況の中で、食事量自体は少なめで推移していた。そうした中で「仕事」が見つかり、身体を動かしていく中で、体重変化は再びマイナスに転じていた。入院前は80kgを切っていた。

そんな中で、11月28日の昼食後、胃痛が起こり入院したわけだが、その日は運悪く金曜日だった。注射を4本打っても痛みが治まらず、入院が決まったのは17時頃。そして、いろいろな検査が終わるまでは「絶食」となった。ところが、土曜日・日曜日は原則として検査が無いので、次に食事にありつけたのは月曜日の夕食。1日3食で考えると、金曜日の夕食分からなんと9食連続のパス。痛みが治まった後はひたすら空腹との闘いだった。おまけに、待ちに待った夕食は「超おかゆ」。

さすがに、ダイエット効果は現れ、本日の体重は77kg。91kgの頃にピッタリだったズボンはだいぶゆるくなってきた。今回の入院で唯一の「良かったこと」だ。

      

       

    

|

« 許せないプラモデル | トップページ | 入院中の出来事④ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

胃の痛み、胃拡張の経過日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484088/25936740

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中の出来事③:

« 許せないプラモデル | トップページ | 入院中の出来事④ »