« 2011年5月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木曜日)

『GV-MVP/XZ2』で地デジの静止画が ……

地デジ放送の静止画をキャプチャ(スクリーンショット)したいということは、地デジをパソコンで見ることができる人なら、一度くらいは思ったことがありませんか。もちろん普通の録画や再生だけなら、パソコン用地デジチューナーがあれば出来ます。しかし、その静止画を画像として保存することは、意外とハードルが高いのです。

 

Ws00000841      

Ws00000840     

上の二つの画像は、現在の私のパソコンのデスクトップのものです。上がソフトのウインドウが何も無い状態。そして下がパソコンの地デジソフトを起動している状態です。合成画像ではありません。まず、この画像を見て特に不思議に感じないとしたら、それは地デジの特性を知らない人か、逆に『オーバーレイ』に詳しくてその対策を講じている人です。地デジの画面は、普通にデスクトップをキャプチャすれば、『オーバーレイ』の関係で、下の画像のように真っ黒にしかならないのです。
     

45_2      

この問題(?)に関してネットで検索すると、『アマレココ』というフリーソフトがヒットします。他のソフトもいろいろあるようですが、フリーソフトではこれが最強らしい。実は私もこのソフトを使って何度もトライしましたが、昨日まで地デジの静止画キャプチャは出来ないままでいました。ネット上にはいろいろな情報があり、「できる」「できない」さまざまですが、OSが『Windows 7 』それも『64bit』だと、どうも可能性は低いらしい。まあ、それでも時々はチャレンジしていたのですが、昨日まで出来なかったのは事実です。

では、昨日と今日ではどこが違うのか?それは地デジチューナーのソフト(ハード?)です。
     

P1040597    

昨日までついていた『GV-MVP/HS2』。視聴ソフトは「mAgicTV Digital」。これが、お亡くなりになった。地デジだけ対応の古いものだったが、頑張ってくれていたのに …… 。まあ、それはともかく、仕方ないので新たな製品を購入。

P1050200     

パソコンの内部をさわるのが面倒なので、今回は「外付」のタイプを購入。『GV-MVP/XZ2』。この大きさで大丈夫なのかと思うくらい小さい。あまり録画を行なわない私にはダブルチューナーは不要なので、シングルチューナーのもの。視聴ソフトは「mAgicTV GT」。今では常識なんだろうが、私の以前のものには無かった「MPEG4-AVC/H.264圧縮変換」が出来るのが大きい。最大15倍録画が可能。まあ、試してみたが、地デジの美しさをかなり残したいなら「3倍」、それなりに見たいなら「5倍」までかなぁとは思うが、内容さえわかればいいという番組ならかなりHDDを節約できるのはありがたい。

Ws00000843_2
 

P1050197_3     

パソコンデスクの上が外付のものばかりになってしまった。

まあ、それはともかく、今回の新製品購入は、純粋に以前の機器の故障によるものであり、「地デジの静止画」にはまったく関係ないことだったのだが、視聴ソフトを起動して最初は気づかなかったのだが、何か違和感を覚えてようやく気づいたことがある。「Windows Aero」が無効化されていないのだ !!!!!!

『オーバーレイ』が表示されるとき、当然ながら「Windows Aero」は自動的に無効化される(この記述については、「追記」で訂正)。それが無効化されていない。これはもしかしたら …… とパソコンのデスクトップをキャプチャしたら、あっさりと地デジの画面も黒くならずに映っている。それがこの記事の冒頭の画像だ。もちろん全画面にすれば、「1920×1080」の画像で保存できます。地デジの綺麗な画像をそのまま静止画として保存できるのです。(もちろん、「地デジ」の電波は1440×1080 だけどね。 )

本当に良いのか?

ネットで検索してみたが、『GV-MVP/XZ2』にも『mAgicTV GT』にもオーバーレイ機能が無いという情報は無い。というか、静止画をキャプチャ出来ないという情報なら有る。ということは …… このソフトかハードか知らないが(というか、たぶんソフトのほうだろうが)、これは正常ではなく【欠陥品】ということになるのではないだろうか。だけど、すべての機能を試したわけではないが、それ以外に特に不具合は見当たらない。ならばこれは欠陥品ですと返品するつもりは無い。だって、今までさんざんトライして出来なかったことが、何をしたわけでもないのに出来るようになったのだから、これは喜ぶべきことではないだろうか。

ちなみに、IODATA(アイ・オー・データ)の製品サイトには以下のような記述がある。

Ws00000868       

必要としているはずが、機能していない。そして、視聴や録画には何の問題も無い。やっぱり「必要」の理由は著作権の問題でしかないんだろうなあ。だけど元映像の画質が悪いアナログならコピーしても良いが画質が良いデジタルならコピーしては駄目だというスタンスで守られる著作権ってなんだろうという気がする。出来ないはずのことをやりながら言うことではないが。

 

【追 記】(2012年1月4日)

少し訂正をしたいと思います。記事本文で『オーバーレイ』が表示されるとき、当然ながら「Windows Aero」は自動的に無効化されると書きましたが、これは誤りでした。この『mAgicTV GT』は、デフォルトではオーバーレイ有効時でも、「Windows Aero」を無効にしない設定になっているようです。つまり、「Windows Aero」を無効化することはオーバーレイ機能のための必須項目ではないようです。「当然ながら」と書いた自分が恥ずかしい。失礼しました。ただ、私が画像をキャプチャ出来る、つまりオーバーレイが機能していないということに気づいたのは、「Windows Aero」が無効化されないからでした。ということは、『mAgicTV GT』をインストールした人の多くは、最初は「Windows Aero」が無効化されないことで、これはキャプチャできると考えるんじゃないでしょうか。

ちなみに、テレビを見たり録画したものを再生する場合には、「Windows Aero」を無効化したほうが、画質は上がるようです。これは比べるとわかります。それで私は、このことを知ってからは、静止画キャプチャをする場合以外では、「Windows Aero」を無効化する機能を有効化しています(なんのこっちゃ)。

Ws00000840   

Ws00000841_2    

元に戻せば、またキャプチャが可能です。

 

追記 2012年6月7日

 

静止画がキャプチャできる不具合は、どうやら私のパソコンの「環境」という条件はあるのですが、間違いなくこの機器の問題のようです。以下、そのことを書いた私の Yahoo ブログ の記事参照。

http://blogs.yahoo.co.jp/fumionatsukokomura/30716725.html

 

Ws00000844

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2012年2月 »