2008年7月 3日 (木曜日)

LEGO Indiana Jones: The Original Adventures

        
久々に「4Gamer.net」のゲーム体験版のサイトを見てみた。
      
以前に体験版として遊んでわりと面白かったゲームに、「LEGO」シリーズの「スター・ウォーズ」版があったが、同じシリーズの「インディ・ジョーンズ」版があったので、さっそくダウンロードした。相変わらずのコミカルなキャラクターが可愛い。
     
しかし、このサイトを訪れるときに毎度ながら思うことは、僕のパソコンは「3Dゲーム」を遊べるパソコンではないなということ。下の「ソフト動作環境」は、上がこの「LEGO Indiana Jones: The Original Adventures」のもので、下が「遊びたいな」と思ったシュミレーションゲームのもの。「LEGO Indiana Jones: The Original Adventures」なら十分に遊べるスペックだが、下のものはおそらくまともに動かないから、インストールはしなかった。
       
ただ、どんどん重くなる3Dゲームだが、そんなに「綺麗で緻密な描画」ばかりを追求しないで、もう少し庶民でも遊べるものを作ってほしいと思うのは「少数意見」なんだろうか? ハイスペックマシンでないと楽しめないものって、結局、限定された人にしか買ってもらえないわけだから、「売れるものづくり」とはちょっと違う方向だとは思う。
      
      
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水曜日)

「TrackMania Nations Forever」

Ws002051

Ws002050

Ws002049

「TrackMania Nations Forever」というゲームをインストールした。無料の3Dフリーゲームだが、今月末に有料(5,250円)で発売されるゲームから、コースの数を少なくしただけの「デモ版」なので、クオリティはかなり高い。もっとも、最新の「重厚な3Dゲーム」ほど緻密な描画でもないので、グラフィックボードは最近のものならおそらくローエンドのものでいけるだろう。僕の2世代前の7600GTでも、最高画質設定でストレスは全く無い。オフィシャルページによると、動作環境は以下の通りでそんなに高スペックでなくてもいけるようだ。

■対応OS: Windows 2000/XP/XP-x64/Vista
■CPU: Pentium IV 1.6GHz / AthlonXP 1600+ 以上
■メモリ: 256MB(Vista使用時:512MB)以上
■グラフィック: DirectX 9.0c互換のビデオカード。
    ※ オンボードビデオ(チップセット内蔵)は想定外。
■サウンド: DirectX 9.0c互換のサウンドカード
■ディスク容量: 1.5GB以上

やってみての感想は「面白い」の一言。コースが、よくあるようなサーキット場ではなく、変化に富んでいることが一番の醍醐味。また、短めのコースなので、気軽に楽しめる。インストールしてのファイルサイズは【714MB】。コース数が65種類もあることとこの画質のクオリティからすれば、けして大きくはない。数日前にダウンロードを試みたとき、なぜか何回やっても駄目だったのだが、あきらめずに本日再トライしてみて正解。これはお勧めです。

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月曜日)

「The Ruins Of The Lost Kingdom」③

ゲーム画面をキャプチャ
ありがとう!

「The Ruins Of The Lost Kingdom」②という記事を載せてからわずか数時間で結果が出るとは思わなかった。

「The Ruins Of The Lost Kingdom」②と「強すぎるボス」の二つの記事に、同じ方から3件のコメントをいただきました。②で書いたようにこ「のコメント」は公表しません。しかし、「さわり」だけ紹介すると ……

「アビスターナから出た最初のマップ …… バレの岩窟の入り口前に出ますよ^^ 分かりづらいんですよね^^;」
「あ、分からなかったらアレなので攻略サイトの地図も載せておきますね^^」
「攻略サイトです、良かったら見てみてください。」


本当にありがとう。知りたい情報が全部あります。感激です。おかげで、上の画像のように、無事「バレの岩窟の入り口」には入れました!何かあったら(?)また、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日曜日)

「The Ruins Of The Lost Kingdom」②

ゲーム画面をキャプチャ

タイトルは、「The Ruins Of The Lost Kingdom」をゲームしている人が、この記事に訪れることを期待してつけました。

お願いです。第3章を始めたのですが、「バレの岩窟の入り口」が「セルストークの森」にあるはずなのに、どこを捜してもわかりません。わかる方は、ぜひ「コメント」をこの記事に書いて、どこら辺にあるのか教えて欲しいのです(地図のおおよその東西南北と、何か目印があればそれを)。ただ、こういう「コメント」なので、せっかく書いてもらっても、ブログには表示しません。あくまで、僕が読むだけです。

こういう虫のいい頼みを聞いてくれる方は、ぜひ「コメント」をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月曜日)

強すぎる「ボス」


僕が「The Ruins Of The Lost Kingdom」というフリーゲームをダウンロードして遊んでいることは、2月14日の記事に書いた。

一般に「RPG」と呼ばれるゲームは、経験をつみ重ねながら主人公が強くなっていき、そのステージの「ボス」戦に勝利すると次のステージに進めるというシナリオがほとんどだが、このゲームもその例に漏れない。

ところが、全5章のゲームだが、2章のボスが強すぎる! 普通、シナリオに沿って進んでいき、そのボスと最初に戦ってみると勝てないものだが、「あと少しで何とか勝てそう」だから、少し雑魚敵と戦ってレベルを上げてまた挑むのだが、この2章のボスと最初に戦った感じは「絶対勝てそうもない」だ。レベルを上げるのに相当な時間を要する気がする。それも面倒だ。まあ、この「面倒さ」がRPGなのだが。

何か勝つための秘策がないものだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木曜日)

The Ruins Of The Lost Kingdom

画面をキャプチャしてみた

有料のものと違い、フリーの3D・RPGゲームには、けっこう「ちゃち」なものも多い中で、圧倒的なボリュームとグラフィックの美しさで、僕の知っている中では群を抜いていたと思うのが、「Brave Gear」だった。全6章からなり、総容量は3GBを超えていたと思う。やったことのある人は、「これが本当にフリーなのか!」と誰もが思ったことだろう。 そして、その「Brave Gear」をつくった『灯~ともしび~』さんが新たに3D・RPGゲームを作ったというので、さっそくダウンロードしてみた。タイトルは、「The Ruins Of The Lost Kingdom」だ。

まだ始めたばかりで、ストーリーが面白いかどうかはわからないが、やはり、グラフィックの美しさは素晴らしい。「2D」と違い、「3D」のゲームは、この美しさがないと、せっかくの「3D」が生きてこない。動きもカクカクせず、実にスムーズだ。操作はキーボードだが、「Brave Gear」と同様に、プレステ2のコントローラーが使えるので、肩こりの心配も無い。


もちろん、グラフィックが美しいといっても、1本8000円くらいで売っている有料のソフトと同レベルだとは言わない。しかし、そんな有料のソフトは、もはや僕のグラボのGeforce7600GTでは、太刀打ちできなくなりつつある。グラボの買い替えもパソコンの買い替えも、ましてゲームにお金を注ぎ込めない貧乏人が、このレベルのゲームを「無料」で遊べることが大きいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火曜日)

最新版? 「ネイビーミッション」


よく利用させてもらっている「Vector Softライブラリ」。そのなかの「ゲーム」で、以下の記事を発見。


なんだって! あの僕がめちゃくちゃ面白いと思っている「ネイビーミッション」が、1月にバージョンアップされたのか! それは知らなかった。さっそくダウンロードしなくては ……


ダウンロードしてみると、すでに僕のパソコンに入っている「2006年1月」のもの。

遅すぎるよ! Vector さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木曜日)

ユウナじゃない

僕が倖田來未を初めて知ったのは、何を隠そう、プレステ2の「FINAL FANTASY X-2」というゲームである。このゲームの熱烈なファンなもので、現在でも、倖田來未の曲で一番好きなのは「real Emotion」である。だが、肝心のプレステ2が故障していて、今はその画面を見れないでいる。

さて、広末涼子のCMの動画を見つけたサイトに、この曲の流れるはずのシーンがあったので、喜んでダウンロードしたのだが、声も曲も違う! どうやらゲームの英語版のものらしい。 「こんなのユウナじゃない!」と言いたいのだが、ゲームの中でも、このシーンは、「ユウナの偽者」が歌っていることになっているので、文句も言えない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木曜日)

やってみたら面白い


24日(月曜日)にVistaに同梱されているゲームに関連する記事を書いたが、その日、記事を書いたあと一通りやってみたら、その中で「インクボール」というのが面白い。反射神経を要求されるゲームだが、難易度も調整できて、けっこうハマる。この3日間、これで楽しんでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金曜日)

VistaでDOOM3


パソコンソフトは、「ホームページビルダー」や「Microsoft office」等のように、どうしても有料なものを使わざるを得ない場合を除いて、基本的に無料のものを使うことにしているが、そんな僕がお金を出して手に入れた数少ないソフトの一つに「DOOM3」というゲームがある。だが、2004年の製品で、当然ながらVistaには対応しておらず、OSをVistaにしてからは、使っていなかった。ところが、あるサイトを見ていたら、Vista対応のためのプラグ・インが公開されているという。英語表記で、パッチの当て方がこれで良いのかと少々不安ながら、やってみたら、とりあえずは動いた。次々と新しいゲームが開発されている中で、パソコンソフトとしては大昔になる3年前の製品に、アップデートが行なわれるとは思わなかった。これはありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧