2013年11月23日 (土曜日)

アクセス解析が終了するらしい

この 『ココログ』 のアクセス解析サービスが終了するらしい。

それで、データをダウンロードし、まとめてみた。

Bbbbb_2

11111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日曜日)

アクセス ありがとうございます。

多くのご訪問、ありがとうございます。

アクセス総数 2,000,000 突破となることができました。

2012年9月までのアクセス状況の推移です。

Ws77779098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日曜日)

『Windows 8 Consumer Preview』

P1030859

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水曜日)

メモリが底値らしいので16GBに増設

P1050316_2
      

パソコンのメモリの価格が、今、底値だという噂がある。だったら、どうせ将来増設するなら今のうちに買おうと給料日である本日、買ってしまった。しかし、本日の価格は購入を検討していた1週間前よりちょっとだが上がっていた。まあ、良いけれど。

AD3U1333C4G9-2 [DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組]

2組買ったから、合計16GB。私のパソコンのマザーボードが認識できる最大容量。同じ [DDR3 PC3-10600]でも最安値、だから品質も高級品とはお世辞にも言えないものだが、OCせずに定格で利用するなら、これで十分。

P1050326

装着後、無事認識されていることを確認。

しかし、「16GBも必要なのか?」という声も聞こえてくるが …… 。

Ws000002061


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木曜日)

『GV-MVP/XZ2』で地デジの静止画が ……

地デジ放送の静止画をキャプチャ(スクリーンショット)したいということは、地デジをパソコンで見ることができる人なら、一度くらいは思ったことがありませんか。もちろん普通の録画や再生だけなら、パソコン用地デジチューナーがあれば出来ます。しかし、その静止画を画像として保存することは、意外とハードルが高いのです。

 

Ws00000841      

Ws00000840     

上の二つの画像は、現在の私のパソコンのデスクトップのものです。上がソフトのウインドウが何も無い状態。そして下がパソコンの地デジソフトを起動している状態です。合成画像ではありません。まず、この画像を見て特に不思議に感じないとしたら、それは地デジの特性を知らない人か、逆に『オーバーレイ』に詳しくてその対策を講じている人です。地デジの画面は、普通にデスクトップをキャプチャすれば、『オーバーレイ』の関係で、下の画像のように真っ黒にしかならないのです。
     

45_2      

この問題(?)に関してネットで検索すると、『アマレココ』というフリーソフトがヒットします。他のソフトもいろいろあるようですが、フリーソフトではこれが最強らしい。実は私もこのソフトを使って何度もトライしましたが、昨日まで地デジの静止画キャプチャは出来ないままでいました。ネット上にはいろいろな情報があり、「できる」「できない」さまざまですが、OSが『Windows 7 』それも『64bit』だと、どうも可能性は低いらしい。まあ、それでも時々はチャレンジしていたのですが、昨日まで出来なかったのは事実です。

では、昨日と今日ではどこが違うのか?それは地デジチューナーのソフト(ハード?)です。
     

P1040597    

昨日までついていた『GV-MVP/HS2』。視聴ソフトは「mAgicTV Digital」。これが、お亡くなりになった。地デジだけ対応の古いものだったが、頑張ってくれていたのに …… 。まあ、それはともかく、仕方ないので新たな製品を購入。

P1050200     

パソコンの内部をさわるのが面倒なので、今回は「外付」のタイプを購入。『GV-MVP/XZ2』。この大きさで大丈夫なのかと思うくらい小さい。あまり録画を行なわない私にはダブルチューナーは不要なので、シングルチューナーのもの。視聴ソフトは「mAgicTV GT」。今では常識なんだろうが、私の以前のものには無かった「MPEG4-AVC/H.264圧縮変換」が出来るのが大きい。最大15倍録画が可能。まあ、試してみたが、地デジの美しさをかなり残したいなら「3倍」、それなりに見たいなら「5倍」までかなぁとは思うが、内容さえわかればいいという番組ならかなりHDDを節約できるのはありがたい。

Ws00000843_2
 

P1050197_3     

パソコンデスクの上が外付のものばかりになってしまった。

まあ、それはともかく、今回の新製品購入は、純粋に以前の機器の故障によるものであり、「地デジの静止画」にはまったく関係ないことだったのだが、視聴ソフトを起動して最初は気づかなかったのだが、何か違和感を覚えてようやく気づいたことがある。「Windows Aero」が無効化されていないのだ !!!!!!

『オーバーレイ』が表示されるとき、当然ながら「Windows Aero」は自動的に無効化される(この記述については、「追記」で訂正)。それが無効化されていない。これはもしかしたら …… とパソコンのデスクトップをキャプチャしたら、あっさりと地デジの画面も黒くならずに映っている。それがこの記事の冒頭の画像だ。もちろん全画面にすれば、「1920×1080」の画像で保存できます。地デジの綺麗な画像をそのまま静止画として保存できるのです。(もちろん、「地デジ」の電波は1440×1080 だけどね。 )

本当に良いのか?

ネットで検索してみたが、『GV-MVP/XZ2』にも『mAgicTV GT』にもオーバーレイ機能が無いという情報は無い。というか、静止画をキャプチャ出来ないという情報なら有る。ということは …… このソフトかハードか知らないが(というか、たぶんソフトのほうだろうが)、これは正常ではなく【欠陥品】ということになるのではないだろうか。だけど、すべての機能を試したわけではないが、それ以外に特に不具合は見当たらない。ならばこれは欠陥品ですと返品するつもりは無い。だって、今までさんざんトライして出来なかったことが、何をしたわけでもないのに出来るようになったのだから、これは喜ぶべきことではないだろうか。

ちなみに、IODATA(アイ・オー・データ)の製品サイトには以下のような記述がある。

Ws00000868       

必要としているはずが、機能していない。そして、視聴や録画には何の問題も無い。やっぱり「必要」の理由は著作権の問題でしかないんだろうなあ。だけど元映像の画質が悪いアナログならコピーしても良いが画質が良いデジタルならコピーしては駄目だというスタンスで守られる著作権ってなんだろうという気がする。出来ないはずのことをやりながら言うことではないが。

 

【追 記】(2012年1月4日)

少し訂正をしたいと思います。記事本文で『オーバーレイ』が表示されるとき、当然ながら「Windows Aero」は自動的に無効化されると書きましたが、これは誤りでした。この『mAgicTV GT』は、デフォルトではオーバーレイ有効時でも、「Windows Aero」を無効にしない設定になっているようです。つまり、「Windows Aero」を無効化することはオーバーレイ機能のための必須項目ではないようです。「当然ながら」と書いた自分が恥ずかしい。失礼しました。ただ、私が画像をキャプチャ出来る、つまりオーバーレイが機能していないということに気づいたのは、「Windows Aero」が無効化されないからでした。ということは、『mAgicTV GT』をインストールした人の多くは、最初は「Windows Aero」が無効化されないことで、これはキャプチャできると考えるんじゃないでしょうか。

ちなみに、テレビを見たり録画したものを再生する場合には、「Windows Aero」を無効化したほうが、画質は上がるようです。これは比べるとわかります。それで私は、このことを知ってからは、静止画キャプチャをする場合以外では、「Windows Aero」を無効化する機能を有効化しています(なんのこっちゃ)。

Ws00000840   

Ws00000841_2    

元に戻せば、またキャプチャが可能です。

 

追記 2012年6月7日

 

静止画がキャプチャできる不具合は、どうやら私のパソコンの「環境」という条件はあるのですが、間違いなくこの機器の問題のようです。以下、そのことを書いた私の Yahoo ブログ の記事参照。

http://blogs.yahoo.co.jp/fumionatsukokomura/30716725.html

 

Ws00000844

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日曜日)

Core i7 870 マシン

P1040629       

これが新しい「メイン機」

P1040556

PCケースは「Thermaltake ElementT VK90001N2Z」。1万円以内の予算で28cmクラスのビデオカードが装着できることを条件に捜した。ファンは、 フロントに(200 mm)1個、リアに(120 mm)1個、そして天板に(200 mm)1個ある。できれば側面にも取り付けられるものが欲しかったのだが、予算その他の関係で仕方が無い。 リアのファンは最初はもちろん「排気」となっていたのだが、CPUクーラーの関係でこれも「吸気」となったので、天板に排気ファンが付いていたことはありがたい。 

P1040526

「P55」のマザーボードといえば「P7P55D-E」が「定番」ということになるのだろう。実は最初は「EVO」を購入したのだが、1週間でお釈迦にしてしまったあと、ランクダウンして購入した。 

121

CPUは「Core i7 870」とした。

コア数  4 、スレッド数  8
クロック周波数  2.93 GHz  (ターボブースト時  3.60 GHz )
L3キャッシュ  8 MB

「Core i7 870」は値段が大幅に下がった今が買いどき。 3Dゲームも、このレベルのCPUがあれば、たいていのものはこなせる。とはいっても、パソコン使用時間の80%以上はネットなので、そういう意味では、このCPUは多少贅沢品だとは思う。     

P1040573

リテールのCPUクーラーはぜんぜん冷えてくれないので、「CORSAIR CWCH50-1」に交換した。簡易水冷方式で人気のもの。ゲーム等の高負荷時にも、一応、期待通りに冷えてくれます。水冷ということで、使用中に水漏れするとパソコンパーツのすべてがお釈迦になりそうで、わずかに不安はあるのだが、まあ大丈夫だろうということで購入。このCPUクーラーを使っている人がよくやっているように、12cmファン2枚で、ラジエターをサンドにしている。(画像は「サンド」前)

P1040596     

電源は、「玄人志向 KRPW-P630W/85+」。今回組むCPUとビデオカードの消費電力を考えれば、500Wでもいけるかもしれないが、一応余裕をみて600Wは欲しいと思った。前から欲しかった「プラグイン」方式のもの。

P1040016

HDDは「WESTERN DIGITAL WD20EARS」を2枚装着している。高価なSSDには手が出ない。合計4TBの大容量としたのは、大量の動画ファイルの保存が目的。回転数は非公開だが、たぶん5400rpm らしい。まあ、この回転数でも、使った漢字は特に不満は無い。

P1040595

メモリは「UMAX Cetus DC -1333」を(2GB×2、1GB×2)で合計6GBという変則的な組み合わせで使っている。中途半端といえば中途半端だが、「XPモード」に1GBを割り当てるので4GBでは多少不足するが、動画や画像のエンコードはやらないので8GBも必要ないということでの設定。OSはもちろん64bitです。

P1040613     

ビデオカードは、今まではNVIDIAを愛用してきたが、今回初めてATI製品を購入した。今は「ハイエンド」だが、ビデオカードの進化は速いから、これも2年も経たないうちに「ミドルレンジ」以下になるんだろうなあ。Radeonの新しいビデオカード「6800」シリーズが発売となり、「旧製品」となって価格が大幅にダウンしたのを狙って購入。ネットで22,000円。まあ「6870」よりは高性能です。補助電源の位置がボードと平行方向なので電源ケーブルが、3.5インチベイスペースに食い込んでいるが、HDDは2枚あればOKなので問題無い。

P1030371_2      

ドライブはパソコンケース内には内蔵せず、「BR-H816SU2」をeSATAで接続している。家電製品のBlu-ray機器は持っていないので、見たいときにはパソコンがその役目を果たす。

12dh9400000404gy      

地デジも、対応のテレビはあるが、家電製品としての録画機は無いので、パソコンに「GV-MVP/HS2」を付けて録画している。

        

Logo125      

Ws00000264

「Windows7」のエクスペリエンスインデックスを計測してみた。HDDが遅いことはわかっているから、そのスコアが低いことは最初から納得している。そして、その他のスコアは満足できるものになっている。ただ、「DirectX」は「11」なのにどうして「10」と表示されるのかわからない。

Logo126        

Ws00000258_2      

Ws00000257      

このパソコンを組んだ頃、はやっていた「FINAL FANTASY XIV ベンチマーク」をやってみた。

LOW  5977   HIGH 4710

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土曜日)

「GIMP2.6.4」リリース

       
12月30日に「GIMP2.6.3」リリースの記事を書いたが、その舌の根も乾かぬうちに(?)「GIMP2.6.4」が今年に入って「本家サイト」でリリースされた。うーん。いくら年末年始の休日とは言え、さすがにそう頻繁に変更点を調べる気が起きない。それでも10分くらい触ってみたが、特にわからない。バグの修正でもあったのかな?
       
         
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GIMPの使い方 ③

        
「GIMPの使い方」の第3弾です。
       

ただ、今回は、
「本当に思いつくまま記事を増やしたいが、過去2回の記事に追加するのはアップの容量が大きいのでそのための小さなページが欲しい」という理由から作成するので、とりあえず、記事のボリュームは過去2回に比べて小さくなっています。また、「基本的なこと」は過去2回の記事で書いたので、あまり触れません。これはそういう記事です。中身は、気の向いたときに少しずつ追加していくつもりです。
            
       
        
① イラストにグラデーションを
        
まず、下のような蝶の画像を準備します。もちろん、「蝶」でも「パンダ」でもよいのですが。
     
   
GIMPで開きます。
「レイヤー」→「透明部分」→「アルファチャンネルを追加」でアルファチャンネルを追加しておきます。
      
     
「ファジー選択」ツールを使います。
      
      
不要な部分で1回クリックします。
       
     
不要な部分が選択されているので、「編集」→「消去」で消去します。アルファチャンネルが追加されているので、消去した部分は透明になります。次の作業のために「選択」を解除しておきます。
         
     
「ブレンドツール」を選択します。
      
       
グラデーションの種類を選び、ブレンドツールのモードを「乗算」に設定します。
          
      
マウスでドラッグします。とりあえず、これで完成です。
      
       
この状態から、「新規ブラシ」として保存しておきましょう。
新規ブラシの作成方法は「GIMPの使い方」に書いたので、ここでは省略します。
            
     
いかにも「合成」とわかりますが、草原に蝶を舞わせてみました。
        
        
        
        
② 遠近スタンプ
        
下の画像から、道路を広げてみます。画像で広げるだけでは通れませんが(~o~)。
     
       
GIMPで開きます。
       
     
「遠近スタンプで描画」というツールを使います。
    
      
まず、「バース(遠近感)の設定」を選択します。
      
     
この状態で画面を1回クリックすると、4隅にグリッドが現れます。
     
         
このグリッドを使いたい角度にマウスで移動します。
      
    
続いて、「遠近スタンプで描画」を線t句します。
        
    
道路をコピーするので、道路の真ん中あたりでパソコンの「Ctrl」キーを押しながら1回クリックします。
        
       
「Ctrl」キーは離して、マウスでドラッグします。
        
         
とりあえず、下のようになりました。
        
      
不自然な部分を普通の「スタンプツール」と「修復ブラシ」で修正します。
「スタンプツール」と「修復ブラシ」の使い方は、「GIMPの使い方」に書いてあるので、そこを見てください。
        
       
おおざっぱですが、とりあえず完成。
        
            
     
③ 距離・角度を測る
     
以下のような画像をGIMPで開く。
        
        
使うのは、下の「定規」ツールのボタン。
              
      
画面上をマウスでドラッグすると、距離と角度が同時に計測できる。
      
      
このとき、「定規」のオプションダイアログで「情報ウインドウを使用」にチェックを入れておけば使いやすい。
      
      
距離と角度は「情報ウインドウ」を開かなくてもイメージウインドウの下部に表示されるが、ウインドウを開いているほうがわかりやすいのだ。
        
     
さて、今回この「定規ツール」を使うのは、車の横のラインを水平にしたかったからだ。ツールで計測したら、下のように「1.95°」の傾きであることがわかった。
      
      
ここで「定規ツール」は用済み。 続いて、「回転」ツールを使う。
        
      
画像をクリックして現れる回転のダイアログウインドウにさきほど計測した1.95°」の数値を入力して実行。
         
       
目的の角度に修正できた。
        
旧記事へのリンク
GIMPの使い方
               
GIMPの使い方 ②
       
       
      

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木曜日)

「ココログ」と「gooブログ」とブラウザ

       
僕のブログの移行期において、二つの無料ブログの違いを見ているのだが、わりと「このぐらいのことはちゃんと表示されて欲しい」と思うようなことがうまくいかないようだ。僕の旧ブログは「ココログ」で新ブログは「gooブログ」である。
           
ココログ gooブログ
最初は「InternetExplore」。
一応、「正常」に表示されている。
       
ココログ gooブログ
続いて「Firefox」。
gooブログでは「文字の大きさ」の指定(●%増)がうまくいかない。
       
ココログ gooブログ
最後に「Safari」。
gooブログでは「文字の大きさ」の指定(●%増)がうまくいかない。
また、「環境依存文字」の①②③が見えない。
     
以上、gooブログは「Firefox」「Safari」にはちゃんと対応していないようだ。逆の言い方をすれば、「Firefox」「Safari」のほうがgooブログに対応していない。僕は「文字の大きさ」はそんなに利用しない。大きな文字はgif画像のロゴを使う。だからその影響は少ないとは思うが、①②③等はよく使う。また、それ以外にも「環境依存文字」は結構使っている。使おうと思っているが、gooブログは前途多難と言うべきか。
       
       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火曜日)

「GIMP2.6.3」リリース

Ws2001252

GIMPの最新版「2.6.3」がリリースされた。以下、ちょっとだけ触ってみた段階での変更点。

① ツールボックスを常に前面に

「ツールボックスを常に前面に」ということに関しては、本当は「2.6.0」時点でちゃんとなるはずだった。ところがならないので、GIMPの特定のファイルに書き込みをする等のいろいろなことをしていたわけだが、この「2.6.3」でやっとちゃんとできるようになったようだ。だから、逆に言うと、デスクトップの解像度等の理由で「前面は困る」場合には、古いバージョンのGIMPをインストールする必要があるようだ。

② 「最小化ボタン」等

そして、そのことから変更されたと思うことだが、ツールボックスのウインドウには「最小化」のボタンが無くなった。また、パソコン下部のタスクトレイにもツールボックスは表示されなくなった。

③ ダイアログウインドウも使いやすく

さらに、すべてのダイアログウインドウも背面に隠れず、前面に位置するようになった。これは使いやすい! これは別の画像ソフトである「Paint.net」ではすでに使われていた機能だ。この機能がGIMPにあれば良いのにと思っていたのだがやっと実現した。

④ 日本語化

また、『日本語化』が以前よりも少し改善されているようだ。

     

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧