2008年10月26日 (日曜日)

好きな漫画作品

       
タイトルどおり、「好きな漫画作品」を挙げる。
        
「好きな漫画作品」=「好きな漫画家」とは必ずしもならない。たとえば楳図かずおは、挙げた作品は好きだが、代表作とも言われる「まことちゃん」はどちらかというと嫌いであり、川崎のぼるも「巨人の星」以外は特に好きではない。漫画の単行本は下記以外にも相当買ったが、現在もあるものはごくわずかである。「女性漫画」もかなり買っているところがすごい(?)。
      
ちなみに、好きな漫画家BEST3は、以下の人たちです。
    吉田 秋生
    浦沢 直樹
    高橋 留美子
        
漫画家 作品名 個人的評価 単行本全巻購入 完読した
あだち 充 ナイン
夕陽よ昇れ!!
陽あたり良好!
みゆき
タッチ
スローステップ
ラフ
じんべえ
石ノ森 章太郎 サイボーグ009
佐武と市捕物控
楳図 かずお 漂流教室
おろち
浦沢 直樹 パイナップルARMY
MONSTER
20世紀少年
PLUTO
大友 克洋 童夢
AKIRA
彼女の想いで…
さよならにっぽん
尾瀬 あきら 夏子の酒
川崎 のぼる 巨人の星
小山 ゆう がんばれ元気
あずみ
西岸 良平 三丁目の夕日
鎌倉ものがたり
柴門 ふみ P.S. 元気です、俊平
あすなろ白書
東京ラブストーリー
同・級・生
女ともだち
庄司 陽子 生徒諸君!
白土 三平 カムイ伝
カムイ外伝
忍者武芸帳 影丸伝
高橋 春男 (4コマ漫画)
高橋 留美子 うる星やつら
めぞん一刻
らんま1/2
1ポンドの福音
犬夜叉
人魚シリーズ
高橋留美子劇場
手塚 治虫 鉄腕アトム
ブラック・ジャック
火の鳥
マグマ大使
鳥山 明 Dr.スランプ
ドラゴンボール
ながやす 巧 愛と誠
弘兼 憲史 人間交差点
○○島耕作
ハロー張りネズミ
かわぐち かいじ 沈黙の艦隊
メドゥーサ
太陽の黙示録
藤子・F・不二雄 パーマン
オバケのQ太郎
松本 零士 銀河鉄道999
宇宙戦艦ヤマト
宇宙海賊キャプテンハーロック
クイーン・エメラルダス
男おいどん
元祖大四畳半大物語
聖凡人伝
恐竜荘物語
帰らざる時の物語
みつはし ちかこ 小さな恋のものがたり
やく みつる (4コマ漫画)
三浦 建太郎 ベルセルク ●(継続)
望月 峯太郎 ドラゴンヘッド
弓月 光 エリート狂走曲
おたすけ人走る!!
うっふんレポート
みんなあげちゃう
横山 光輝 鉄人28号
バビル2世
三国志
項羽と劉邦
吉田 まゆみ アイドルを探せ
吉田 秋生 カリフォルニア物語
夢みる頃をすぎても
夢の園
十三夜荘奇談
吉祥天女
河よりも長くゆるやかに
櫻の園
ラヴァーズ・キス
BANANA FISH
YASHA-夜叉-
ゆうき まさみ 機動警察パトレイバー
じゃじゃ馬グルーミン★UP!
      
      
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火曜日)

WorldWide Telescope

Ws002040

Ws002029_2

Ws002030_2 

Ws002032_3 

「宇宙」「天体」というものが大好きな僕にはもってこいのはずのフリーソフト「WorldWide Telescope」が公開されたということで、早速インストールしてみた。作者は Microsoft Corporation だから安心(?)。

宇宙の神秘的画像が数多く見れる。機能もかなり豊富。データはアプリに同梱されているのではなく、Google Earth と同じようにオンラインで送られてくるので、アプリ自体のサイズはそんなに大きくならなくてすむ。そのかわりCPUの稼働率は高い。

しかし、覚悟はしていたが、「英語」の表記がわかりにくい。似たようなソフトを扱っていれば、操作方法も多少は想像できると思ったが、例えばNASAのWorldWindなんかともぜんぜん違う。多機能だから設定項目が細かく、何をどうすればどうなるのかがさっぱりわからん。誤操作してもパソコンが壊れることはないだろうと2時間ほど触りまくっているが、「楽しむ」というレベルに行き着くにはかなり時間がかかりそう。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水曜日)

開発秘話


昔、「ミクロの決死圏」という映画があった。その後、「インナー・スペース」というのもあった。人間や乗り物が小さくなって普通の大きさの人間の体内に潜入する。また、反対に、「ウルトラマン」では、メフィラス星人によって、フジ隊員が巨大化されてしまった。

さて、巨大化もしくは縮小化の装置や薬を開発した人には並々ならぬ苦労があると思うが、ぜひ聞きたいのが以下のようなことだ。開発者の方がこのブログに目を通したら、ぜひコメントを。

もし、開発したものが「薬」で、「飲み薬」を飲むと大きくなったり小さくなったりするのなら、たとえば飲んだ人間が大きくなるとき、着ている服も大きくなるのはなぜなのか。もし服装が元のままで「大きいサイズ」が別に準備されているなら、変身時はオールヌードなのか。また、飲み薬なら、当然体内にいきわたるまでに時間がかかるはずだが、例えば食道や胃腸が先に大きくなってしまわないために、どんな抑制剤を開発したのか。
「レーザー光線等」でそういう効果を与える場合なら、光線は当然ながら大きくしたい人間以外(壁、床等)にも照射されてしまうはずだが、それらを大きくしないためにどんな工夫をしているのか。それとも大きくなってしまったそれらのものを極秘裏に破壊しているのか。
「質量保存の法則」の問題は解決しているはずだが、例えば身長が20倍になると、体重は8000倍になるが、身体の表面積は400倍にしかならない。発汗や皮膚呼吸の対策はどうしているのか。
大きくなるとき、体内の細胞やたんぱく質、DNA、分子、原子等は、「大きくなる」のかそれとも「数が増える」のか。「大きくなる」なら、呼吸するとき、自分の体内にある酸素分子よりもはるかに小さな酸素を吸うことになるが、適応できるのか。逆に、吐き出した「巨大な二酸化炭素分子」の環境対策は万全なのか。また、「数が増える」なら、輸血すれば血液不足は解消するし、大きくする対象が牛や豚なら食糧問題も解決されるはずだが、なぜ目先の小さな問題の解決だけに使い、もっとグローバルな視点に立とうとしないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月曜日)

「時空」の自分なりの解釈


アインシュタインが「相対性理論」を提唱してから、僕らの世界は空間の広がりの三次元の世界から、時間という次元を加えたある意味では四次元の世界として扱われるようになった。しかし、時間と空間とはまったく同じものではないらしい。

さて、この「次元」だが、どう考えるかが難しい。ミクロな世界を扱う「量子力学」では、素粒子の形や性質への考察として「ひも理論」「超弦理論」等があるが、例えば「超弦理論」では、10次元の空間が必要とされ、「M理論」では、11次元であるという。ミクロな世界の集合体であるはずのマクロの世界にはそんなに次元は存在しない。これはいったいどう考えればよいのか?

量子力学まで考えていると頭が混乱するので、とりあえず、三次元の世界から「時間」を次元として考えるにはどうしたら良いかと考えた。今から書くことは、まったくの個人的文章で、科学的でも何でもありませんので、誤解の無いようにお願いします。

僕の考えたことは、「次元とは、『同時に存在できる可能性』だと考えるとわかりやすい」ということだ。

以下のように「線」があるとする。「線」は一次元である。わかりやすいように太くしてあるが、「線」だから、太さという概念は無い。だから、線上のある場所に「点」が存在すれば、もうその場所には別の「点」は存在できない。

次に、次元を増やして「面」を考える。すると、「面」には、その面上に引いた線に交わるように別の線が引ける。交点の場所はひとつの点だが、その交点に対応する別の線上の点は無数に存在する。つまり、「線」という一次元ではありえない元の線に対応する「別の点の存在」が、二次元となることで可能となる。

同様なことが、二次元の「面」から三次元の「空間」に拡大するときにも言える。「面」上にある面積を持った赤色の広がりが存在するとき、この部分には別のものが同時に存在することはできないが、その面に空間が交差すれば、「面」にとってはまったく同じ場所に別の広がりが無数に存在することが可能になる。「同時存在の可能性」が生じることを「次元が増える」と考えればよいのではないだろうか。

では、「時間」ではどうか。

ある「空間」に下のようにオートバイが存在しているとする。今、オートバイがあるのに、同時にそこにケーキは存在できない。可能性は無い。

ところが、5分後(10分後でも1時間後でも)、オートバイを移動させれば、そこにケーキを存在させることは何の問題も無くできる。「今」とか「ある一瞬」に同時に別々のものが同じ「空間」に存在することは不可能だが、時間がずれれば、つまり時間という軸を空間に加えれば「同時存在」の可能性が生じるのだ。

…… 以上、妄想の世界でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火曜日)

「おまえを甲子園に連れて行く」

Google earth より

あだち充の単行本は、いくつかのタイトルを全巻持っていた。「みゆき」「ラフ」「タッチ」「夕陽よ昇れ!」「陽あたり良好!」……

さて、「タッチ」だが、僕の小学校からの友人に自分の二人の息子に「和也」「達也」とつけた猛者がいるほどの人気漫画だが、その中で南が言う。「たっちゃん、あたしを甲子園に連れて行って」。

達也が地区大会を勝ち抜いて甲子園に出場しても、南はもちろん出場できない。観客席から応援するのなら別に達也が出場しなくてもいつでもお金を払えば入れる。どうしても「連れて行って」ほしいなら、にっこり微笑んで頼めば達也は入場料くらい払ってくれ、隣で「阪神-巨人戦」でも観戦してくれるだろう。なぜ、南を甲子園に連れて行くためにわざわざ苦労するのか、僕にはいまひとつわからない(今は亡き和也のためということはもちろんあるのだが)。

念のために書いておきますが、単行本を揃えたことでもわかるように、僕は、あだち充のファンです。誤解のないように。

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木曜日)

天体望遠鏡

僕が中学生のとき、学校に、ある業者が「天体望遠鏡」の販売にやってきた。相手が中学生では売買が即決できるわけがなく、カタログを配布し、親と相談の上、1週間後くらいまた来るので、そのときに買う人は申し出るというもの。

僕は「欲しい」と思った。しかし、「裕福」という言葉とは正反対の我が家では、「無理だろうなあ」とは思ったが、一応、父に頼んでみた。そうしたら、あっさりとOK。しかも3種類あるグレードで一番高いものにしろと言う。「どうせ買うなら、ちゃんと見えるものを」がその理由。価格はいくらだっただろうか?中学校に販売に来るものだから専門的なものというより「教材」という感じだったが、それでも安くはなかった。

さて、望遠鏡が届いた日は晴天だった。学校から帰って、夜までの間に組み立てる。そして夜になってから、一家全員で天体観測だ。説明書どおりに探すのだが、土星がなかなか見つからない。しかし、10分くらいで見事に焦点を合わせることができた。「綺麗だ」が第一印象。

もちろん、雑誌に載っているような写真のように綺麗ではない。それでもちゃんと土星の「輪」が見えた。テレビや雑誌でしか見たことのない土星と初めての対面だ。感動した。この望遠鏡の向いている方向に、今、土星がある ……。

僕の「宇宙」好きは、このときから始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火曜日)

新惑星?

画像は「MitakaPlus」にて作成

数日前のニュースによれば、太陽系に新たな惑星が存在する可能性が高くなったという発表があったらしい。

こういうニュースを聞いて改めて思うのは、「星の数」だ。例えば、銀河系で星が2000億個あると言う場合、その2000億は「恒星の数」だ。惑星の数は含まれない。かなり昔、なぜ恒星の数だけなのかと疑問に思ったが、自らは電磁波を発しない「惑星」は発見するのが非常に困難なのだそうだ。こんな太陽系ですらまだ「新しい惑星が……」といっているんだから、遥か離れた恒星に惑星があるかなんて、確かにわかるわけがないわけだ。

よく、テレビドラマで高慢の女性が「あたくしのボーフレンドは、星の数ほどありましてよ。オーホホホ」とかいう場面があるが、地球の男性の数は30億程度だから、ほとんどのボーイフレンドは、地球外生命体なのか?それはおぞましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土曜日)

「マニア」と「オタク」


アニメで、「新世紀エヴァンゲリオン」にかなり興味を持っている人は「オタク」と言われることが多いが、「機動戦士ガンダム」にかなり興味を持っている人は「マニア」と呼ばれることが多いような気がするのは、僕だけだろうか?

一般に、否定的な意味に使われる「オタク」と肯定的な意味に使われる「マニア」だが、その使い分けの価値観はみんなどこで決めているのだろう。たとえば、同じ「模型作り」でも、25歳のフリーターの男が、セーラームーンのフィギュアばかり作っていたら「オタク」だろうが、50歳の大会社の社長が、帆船の模型を作っていたら「マニア」ということになるような気がする。

なぜ、このようなことを書くかというと、僕は子供の頃から50歳の今まで、ずっと「ゴジラ(モスラ)(ラドン)」、「サンダーバード」、プラモデル、高橋留美子の作品(これは20歳以降だが)、等々が大好きで、今でも常にネットで検索したりしているのだが、これらについてたまにブログに書くことが、オタクとして「きもい」と思われないかということだ。まあ、思われたとしても、自分の興味があることについて自分のブログに書くことをやめるつもりはさらさら無いのだが、できれば(知識は乏しいのだが)「マニア」と呼ばれたほうが良い。

ただ、残念なのは、そういう「興味の対象」にお金を注ぎ込む余裕なんて昔も今も無いから、たとえばゴジラの模型を買ったという経験が一度も無いことだ。だから、部屋の中は、「オタク」のそれでも「マニア」のそれでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水曜日)

サンダーバードが無くなった。


近くの「TUTAYA」のレンタルビデオのコーナーから「サンダーバード」シリーズが消えてしまった。アダルトビデオはあんなにスペースをとっているのに …… 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土曜日)

サンダーバード2号より長かったような


あるサイトに「サンダーバード3号」について以下のように書いてあった。

サンダーバード3号
全長 : 60.9m
直径 : 7.5m
全幅 : 12.4m
重量 : 620t


あれ、記憶では「サンダーバード3号」は、全長が80m以上の「サンダーバード2号」よりもさらに長かったはずで90mを超えていたはずだが、じゃあ「サンダーバード2号」については何と書いてあるかとそのページを読んだのだが、「2号」の記事はあるのだがその「大きさ」を書いてない。人気が一番の「2号」の大きさを書かないなんて何というやつだ、パイロットのバージルに申し訳がないと義憤に駆られ、別のサイトを調べてみた。

別のサイトでは

サンダーバード2号
全長 : 76.20m
全幅 : 54.86m

サンダーバード3号
全長 : 87.48m
全幅 : 24.38m

…… となっている。 うーむ。 2号と3号の大きさの関係は、3号のほうが大きいから、僕の記憶に近いが、80mを超えていたのは3号だったかなあ。

こうなると、よく利用するフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を見てみよう。すると、以下のような記述がある。

「当初の設定上の全長は60.8m。この数字はドラマの企画立案時に発表されていた、アポロ計画に使用されるサターン1型ロケットを参考に設定され、物語中明言はされなかったが、放映初期の関係出版物及び玩具ではそうアナウンスされた。しかし、本放送期間中に発表されたサターンV型ロケットの全長が110mと発表されたのを機に、87.48mに変更。 「素晴らしいクリスマスプレゼント」(英国:32話/日本:31話)内で、ジェフ・トレーシーの口からそう明言されている。」

そういうことか。ここまできちんと書かれると、「サンダーバード3号90m以上説」は撤回する。しかし、話は全く変わるが、サンダーバード2号からサンダーバード4号の入ったコンテナを海上に落下させることがあったが、2号の大きさから考えると、推定落下距離は50m以上のはず。パイロットのゴードンは不死身なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧