2008年9月28日 (日曜日)

パソコン設定④ インターネット設定

       
誰でも知っていることだが、インターネットに接続すれば、その時間がたとえ0.1秒以下の短時間であっても、ある程度の「個人情報」は洩れる。個人情報といっても、別に年齢や顔つきや体重や秘密の愛人の存在がわかるわけではないが、「どんなパソコンから」「どんな方法で」アクセスされたかがある程度はわかる。ブログにはほとんどの場合、「アクセス解析」といって、「どんな人がアクセスしているのかな」という情報を開設者が見れるような情報があるが、何もブログに限ったことではない。ただ、接続した側が不用意に自分のメールアドレスやカードの暗証番号を入力しない限り、個人の住所(都道府県はわかる)や名前等が知られることはない。悪質な「詐欺」に引っかかるのは、そういう「入力」を行なったり、言われるままに「メールを送る」「電話をかける」等の行為をやってしまうからだ。違法サイトで「メールをすれば30万円にできるが、しないと100万円請求するぞ」なんかの脅迫にのってしまうからだ。変なサイトに接続してしまったら、一番良いのは「ほっておくこと」。相手は「わからない」から「メールや電話」をさせようとするのだ。絶対に自分から相手に連絡してはいけない。
      
…… ここまでは、常識。  しかし、「特定」はされなくても、相手に与える情報は、なるべく少ないほうが良いのは間違いない。よって、僕はブラウザの設定を以下のようにしている。なお、使っているブラウザは、「Firefox」で、この「個人情報」とは関係ないことも、いっしょに書いてある。
       

      
      
① 「履歴」はFirefox終了時に削除する。だから、とりあえず「残す」ほうが便利。
② 個人情報関連。この「Cookieは保存しない」が重要。ただし、「例外サイト」として必要なものは保存する。
③ Firefox終了時に消去する。 設定は以下のとおり。
       
       
① 「履歴」はここで削除する。
② キャッシュは、ブラウザ利用時は良いが、それ以外のソフトの軽快動作の邪魔。
③ 上記の設定で、「Cookie」は必要なもの以外は保存されていない。必要なものは残すので、ここで削除してはいけない。
         

         
       
「Firefox」利用者なら、「NoScript」はたぶん使っているだろう。設定の仕方は非常にわかりやすい。これを使いたいという理由で「Firefox」を使っている人も多いはずだ。とにかく、基本的に「script」は禁止し、必要に応じて必要なものだけを個別に許可する。「詐欺サイト」にある「偽装されたWindow」なんかもブロックされるから、そういう意味での安全性も高い。ちなみに、僕は「Flash」は許可しているが、禁止してもなんら問題はない。
          

        
      
どうしても、「Internet Explorer」を使わざるを得ない場合がある。また、「Internet Explorer」のほうが都合が良い場合もある。ただ、「Internet Explorer」では「プライバシー」タブの保護レベルを「高」に設定しての「Cookie許可サイト」が設定できない。また、「JavaScript」も、個々に許可するか否かを設定するということができない。だから、せめて、保護レベルは最低でも「中-高」には設定しておきたい。
         
        
…… だから、「危ないサイトに行きたくない」人には、「保護者による制限」「コンテンツアドバイザー」の両方を有効にしておいたほうが良いのかもしれない。
        
       
セキュリテイとは関係ないが、「履歴」と「キャッシュ(一時ファイル)」は「Internet Explorer」終了時に削除するように設定しておくと良いと思う。
         
        
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木曜日)

パソコン設定③ マウスの速度

      
各種ソフトでの長いプルダウンメニューでの選択等で、マウスの「動く速度」は意外と重要。僕は小さなマウスパッドを使っているので、速度が遅いとパッドの上で1回で動かしきれない。できれば、手首の軽い動きで目的の場所へ動いて欲しい。だから、僕は、マウスの速度は最も速くしている。設定は、Vista の場合、「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「マウス」で、「ポインタオプション」タブから。
      
       
ちなみに、マウスの大きさ(デザイン)も「特大」に設定しています。見やすいほうが良い。
形が「恐竜」というのもあるけど、使う人はいるんだろうか?
      
      
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火曜日)

パソコン設定② 壁紙の変更

      
僕のパソコンの設定。
       
「愛用しているフリーソフト」という記事で、壁紙を変えるソフトとして、「BackGround WallpaperChanger」を紹介したが、それはそれとして、Windows Vista の既定の機能を使っての壁紙の変更について少しだけ書く。
     
Vista では、もちろん、一般的には、デスクトップ上で右クリックして、「個人設定」から行なうのだが ……
      
     
「Windows の壁紙」にも綺麗なものがそろっているが、その中に好みのものが無い場合は、「参照」から、たとえば「ピクチャー」等の別のフォルダから設定できる。 …… ここまでは、常識だ。
       
      
しかし、「お好み」のものはひとつにまとめておきたい。そこで、「Windows の壁紙」の中にその画像を入れておく。なにも難しい設定はいらない。マウスで画像をドラッグ&ドロップで入れるだけだ。
       
     
「管理者として実行」を迫られるが、もちろん実行する。
        
     
ちなみに、「Windows の壁紙」フォルダは、「コンピュータ」→「Windows Vista(C:)」→「Windows」→「WEB」→「Wallpaper」だ。階層をたどってこのフォルダを開き、その中へドラッグ&ドロップしても、もちろんOK。
         
      
もちろん、事前に、自分のパソコンのアスペクト比に画像のサイズを調整しておく。
        
      
       
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月曜日)

パソコン設定① 「ドキュメント」は外付HDDに

       
僕のパソコンの設定。
     
パソコン雑誌では、よく「自分のファイルはDドライブに」と書いてあるけれど、目的はそれと同じこと。広い意味でのセキュリティ対策だ。ただ、HDDのことは詳しくないが、「Cドライブは壊れたがDドライブは無事」ということと、「パーテーションに関係なくHDDが壊れた」ということの発生確率は、どの程度の差なのだろうか。それがわからないので、「より安全に」と考えれば、別のHDDにしたほうが良いだろう。そして、パソコンの自作なんかしない人には、内蔵HDDの増設より、外付HDDの追加のほうがはるかに簡単だ。簡単な分、「USB2.0接続」では速度はかなり遅くなる。しかし、最近では「eSATA接続」のものも多いらしい。…… 僕は「USB2.0接続」だが、我慢できないレベルじゃない。じゅうぶん使える。
       
    
設定は、Vista の場合、「スタートメニュー」で「ドキュメント」を右クリックし、「プロパティ」を選ぶ。
       
     
「場所」タブで、パスを書き込めば良い。僕の外付HDDは「F]が割り当てられている。そして、その中に、ドキュメントになるものとして「FumioDocument」という名前のフォルダを作ったので、パスは「F:¥FumioDocument」となる。
      
     
同様に「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」のためのフォルダを作って、そのパスを設定すれば、アイコンもちゃんと既定のアイコンに自動的に変わってくれる。
      
      
「Dドライブにファイルを保管し、そのバックアップを外付HDDに」と書いてある雑誌もあるが、バックアップという発想は大事だとは思うが、同じファイルを内蔵と外付にというのももったいない。僕は、本当に大事なものは定期的にDVDにバックアップを取ってある。
      
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)