2008年12月 5日 (金曜日)

許せないプラモデル

Ws2001455k178

小さい頃から、プラモデルが好きだ。一番最初に作ったのは、忘れもしない「少年忍者風のフジ丸」。今で言うフィギュアで、価格は50円だった。パーツは10個もあっただろうか。後に白土三平の劇画のファンになろうとは思ってもいなかった頃だ。

裕福とは正反対の我が家では、子供のおもちゃにそんなにお金はかけられなかった。買ってもらえるプラモデルは小さなものばかり。子供心にも家計の状態はわかっていて、自分からもおねだりはしなかったが、どうしても欲しいものが出てきた。テレビで人気のサンダーバードシリーズである。友人の持っている「秘密基地」は高価だったが、1号と2号はどうしても欲しい。初めて「買ってぇ~」とせがんだのは、このサンダーバード1号だったと思う。いろいろあるが、ちいさなもので良い。

しかし、親が買ってくれたものを喜び勇んで開けたとき、「なんじゃ、こりゃ」と思ってしまった。大きな車輪の部品がある。1号に車輪なんかついていない。そして胴体の一部に切り欠きがある。完成図を見ると、ゼンマイで動くようになっているらしい。車輪が3個ついている。

僕は、小さい頃から「リアリティ」を大切にする。ウルトラマンの両目の下のほうに、中に入っている人間のための覗き穴が開けられているだけで、物語に入り込めないのだ。サンダーバードは、子供心に「科学的」だった。タイムトンネルと並び、小さい頃のお気に入り番組だった。そんなサンダーバードの胴体になぜ車輪なんかつけるのか。そうすれば子供が喜ぶだろうという大人の発想がわからない。僕は本当に腹が立った。メーカーを憎んだ。そして、「だったら、僕が作ってやる!」と決意した。

これが、僕の「工作用紙」での模型作りのきっかけである。

       

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木曜日)

ゴジラの身体の成分

        
映画「ゴジラ」のシリーズで、身長や体重は映画によって以下のように変化している。
       
身   長 体   重
50 メートル  20,000 トン 
80 メートル  50,000 トン 
100 メートル  60,000 トン 
55 メートル  25,000 トン 
60 メートル  30,000 トン 
55 メートル  25,000 トン 
100 メートル  55,000 トン 
       
長らく「50メートル、20,000トン」の時代が続いたが、その後、いろいろな都合で変化したらしいのだが、「55メートル」というのは松井秀樹の背番号からきているらしい。なんで天下の怪獣王が、踏み潰せば骨の形も残らない弱小人間の背番号なんかで身長に影響を受けるのかはわからないが、もっとわからないのは、このデータから想像する身体の構造である。
      
まず、ゴジラの「体型」であるが、顔つきや尻尾の長さ等を中心に微妙に変化はするが、基本的にそんなに太ったり痩せたりはしないようである。それならば、身長が2倍になれば体重は8倍になるはずだが、100メートルの身長になっても体重が60,000トンや55,000トンということをどう考えればよいのか? 本来なら160,000トンになるべきだ。「比重」で考えると、半分以下になっている。これは身体の構造や成分がまったく別のものになったとしか考えられない。さらに言えば、「猫背」「背びれ有り」「尻尾有り」の体型でも、50メートルで20,000トンというのは、そもそも重過ぎないか? 貴乃花が185cmで154kgだった。彼に背びれや尻尾をつけても、多めに考えても体重は250kgは超えないだろう。50メートルの身長はその27倍だから、体重はその3乗倍で約3,000トン。ゴジラの比重が人間に近いなら、このくらいが妥当なはずだ。その7倍近い比重ということは、「鉄」に近い。強いはずである。
       
しかし、映画会社の違いという人間界の勝手な都合により「対決」はたぶん無いだろうと思われる「ガメラ」という怪獣もいるが、こいつは、身長60メートルで体重は80トンである。80万トンではない。ただの80トンだ(「平成」の頃は80メートルで120トン)。見た感じ、どう見てもガメラのほうが重そうだが、この異常な軽さはなんだろう。20,000トンの3%でしかない。いくら「飛ぶ」から重くちゃ困るといっても、仮にゴジラと対決して勝ち目はあるのだろうか? 体重80kgの僕が2.4kgの相手と喧嘩をするようなものだ。まあ、それでも僕は体重1kgくらいの「ハブ」「コブラ」なんかと戦えばたぶん負けるだろうが。
      
ちなみに、ゴジラは「ヘドラ」との対決時、自らの放射能火炎によって空を飛んでいる。ゴジラ映画の中で僕の最も嫌いなシーンのひとつだが、あの重さでそれができたことには拍手を送りたい。
       
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月曜日)

異星人の言語

Ws2000128

小さい頃、テレビでアメリカのSF映画を見ていた。特殊撮影はほとんど無いシリアスなもので、精神的な緊張感のあるものだった。登場人物は数人。記憶喪失の主人公が病院で目覚めるのだが、医師や看護婦の態度の微妙な不自然さに疑問を持った彼は、夜、病院を抜け出し、街明かりのほとんど無い道を走って電話ボックスにたどり着く。そして、電話をかけるのだが、通じた相手の言葉がわからない。そして雲が切れると、夜空には大きな月が三つ。「ここは、地球ではなかった」と気付き、驚愕と絶望の中で物語は終わった。

サスペンスの要素の濃い映画で、僕は引き込まれて見ていたのだが、最後のシーンでがっかりした。電話ボックスには「Phone」と表示されていたからだ。人間の医師や看護婦に化けた異星人が、地球人の言語を解析して英語をしゃべるのは「有り」だが、主人公が行くはずのなかった電話ボックスに、地球という星の一部に使われている言語である英語で「Phone」と表示するのは「無し」だろう。おまけに、電話の相手の言葉は通じない(地球の言葉ではない)のに、その文字は英語だという矛盾。子供心に、「ちゃんとつくれよ」と怒りがこみ上げてきた。

僕は、別にアラ捜しをしながら見ているわけではない。しかし、特にSF映画は、好きだからこそ、ちゃんとしてほしいのだ。「ウルトラマン」「宇宙戦艦ヤマト」等は、最初から「ちゃち」だという思いで見ていたから、宇宙人が全員、地球人との会話ではなく宇宙人同士の会話でさえ、日本語をしゃべっていてもいっこうにかまわない。この記事は「言語」に関する記事なのでここでは触れないが、重力や質量保存の法則が無視されていてもかまわない。ただ、それなりの「大作映画」では、納得できる「異星人」であってほしいのだ。「スターウォーズ」シリーズでは思いつく場面は記憶に無い。しゃべる言葉は全て翻訳されていると考えるからだ。だが、「スタートレック」シリーズのある場面で、戦闘の果てに相手の宇宙船を乗っ取ったのは良いが、操作盤が全て英語だったのにはがっかりした。

       

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗号の解読

     
最近の「アクション」ものの映画やテレビでは、コンピュータのパスワードの解析なんていう場面がよく登場し、文章の「暗号を解読する」というような場面は減ってきたように思うが、僕らの若い頃は、そんな場面がけっこうあった。
      
さて、僕がまだ小学生の頃、そういう映画を見ながら、「なんで、そんなに簡単に暗号が解読されるんだ?」と不思議に思い、僕なりに「こういうのは、どうだろうか」と考えたのが以下のようなもの。
      
送信文書
         
受信者の持つ「型紙」
      
なにせ、小学生の考えることだから、そんなに難しいことは考えない。上の二つを見ただけで、原理はわかると思うが、以下のように「型紙」を受信したものに重ね合わせると「本文」が見えてくる。
    
     
①~⑥を番号順に読めば、「はたらきたい」となり、今の僕の「働きたい」ということになる。小学生なりに考えたことは、規則やヒントが文中にあれば解読されるから、そんなものが無い暗号なら良いのではないかということだ。これなら、まったくわからないだろう。さらに言えば、何回も同じ「型紙」を使えばばれるかもしれないが、数十種類の型紙を使い分ければ、その可能性は低い。まして、1通だけの暗号ではそんなことは不可能だろう。
     
ここまで考えて、思ったことは、「小学生の僕でもこれくらいのことは考えられるのに、映画の中の悪の組織やCIAや宇宙人なんかが、すぐに重要な暗号を解読されるなんて、馬鹿じゃないのか」ということだった。傲慢な小学生で申し訳ないが、この僕の方法による暗号を、「型紙を入手する」という手段以外の方法で解読できるという方がいらっしゃったら、ぜひその方法を教えてほしい。
      
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火曜日)

鈴木オートを破壊するゴジラ

Ws002413

DVD「ALWAYS 続・三丁目の夕日」をTHUTAYAから借りてきた。東宝のタイトルバックが流れ、始まったと思ったら、昔懐かしいタイトルバックがもう一度出てきた。そして家を揺るがす大きな地響き。「これは、もしかして …」と思ったら、案の定、ゴジラが出現した。そして、巨大な尻尾で、鈴木オートをなぎ払う。

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に関する評価・感想等は見たことが無かったので、こんなシーンがあるとは知らず、驚いた。しかし、昭和30年代を「懐かしい」と思うおじさん族はゴジラも大好きなはずだから、これは有り難い。東宝の特撮も進歩したもので、CGがリアルだ。はっきり言って、今まで見たどのゴジラよりもかっこいい。もう作らないなんて言わずに、全編CGでもう一度ゴジラ映画を作ってくれないものだろうか。

…… 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」本編の感想は、またいずれ。

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日曜日)

THUNDERBIRDS

「VeohTV」をインストールしたことは、このブログに一昨日に書いたが、調べると、結構見たい動画があるようだ。特に倖田來未や宇多田ヒカル、浜崎あゆみ等の人気歌手のプロモーションビデオは、かなりの数がアップロードされている。

さて、本日は懐かしの「THUNDERBIRDS」の第一話をダウンロードした。容量は約700MB。50分の動画で700MBだから、画質はテレビ並みとは言わないが、それでも「YouTube」なんかとは比べ物にならない画質だ。

この「THUNDERBIRDS」が初めてテレビで放映されたのは、僕らがまだ小学生のとき。当時としては群を抜いた「特撮」で、あっというまに人気番組になったことは、周知の事実だが、当時の我が家は白黒テレビ。カラーテレビのある友人の家がうらやましく思ったのは、この番組を見るときだ。サンダーバード2号の機体が緑色だなんて、当時は知らなかった。

レンタルビデオショップができ、自分もビデオデッキを購入して、最初にレンタルしたのは、なんだったかは忘れたが、ショップにこのビデオが並んだとき、真っ先にあるもの全てをレンタルしていった。当時は一度に借りられる本数が3本までで、もどかしく思ったのを覚えている。

ダウンロードしたのは一話だけだが、Veohのサイトには10本ほどアップロードされている。今日は、Yahooの囲碁もそこそこに、こればかり見て過ごした一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日曜日)

UFO ②

続いて、「宇宙人は実在するか」という点について。

僕らが住んでいる地球を含む銀河系には1000億~2000億の恒星(太陽のようなもの)があり、この宇宙にはそういう銀河がやはり2000億ぐらいあるというのだから、恒星の総数と、そこにあるかもしれない惑星の数を考えると、地球にしか生命が存在しないということは考えられない。むしろ、この地球よりも高度な文明を持つ生命体も存在すると考えるほうが自然だろう。NASAも太陽系の外へと向かう探査機であるパイオニア10号と11号には、地球外知的生命体に遭遇した場合を想定して人類からのメッセージを刻んだプレートが取り付けられていた。

では、そういう知的生命体が地球へ飛来したことはあるのだろうか? 個人的にはそういう資料も集めていないし研究をしているわけでもないので、全くわからないのだが、僕らの知っている物理法則がこの宇宙の大部分で成立する(ブラックホールへの入り口等、「事象の地平線」と呼ばれる「法則の通用しない世界」も存在する)とするならば、「これが宇宙船の証拠写真だ」という写真に写っているものはあまりに”ちゃち”すぎないだろうか。あんなもので気の遠くなるような長い距離を旅してきたとは思えない。ではどこか近くに「母船」のようなものがレーダーにも引っかからず隠れているのだろうか。まあ、人類の想像できない方法で旅したり隠れたりしているんだとしたら、そういうこともあるだろうが、そもそも知的生命体が映画のように「地球を侵略する」意志を持つ理由も考えにくいから、「隠れる」理由も無いとは思うのだが。もっとも、物体の構造の全く違うものならば、隠れる意思が無くてもこちらからはわからないということも想定できないことはない。

仮定の話をしていてもキリが無い。夜ひとりで墓場へ入っていく度胸が無くても幽霊は100%信じない僕だが、宇宙人が地球にやってきている可能性は完全には否定しない。ただ、テレビなんかで「これが証拠だ」と主張する人間のほとんどはうさんくさい奴ばっかりだし、写真も合成だろうと思えるものばかりだから、「存在肯定派」が損をしているのは間違いないだろう。町村官房長官も、「個人的には存在すると信じる」なんて言わずに「存在するのは事実です」とでも言ってくれれば、面白い展開になっただろうと考えるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UFO

防衛省の真部朗報道官が記者会見で、怪獣のゴジラが日本に襲来したらどうするかということを、机上研究とはいえ、旧防衛庁が過去に行っていたことを明らかにしたそうだ。また、民主党の山根隆治参議院議員から提出された質問主意書を受けて、政府がUFOについての具体的事例は確認できていないとする答弁書を発表したが、町村官房長官等の、「個人的には存在すると信じる」という政府閣僚の発言が続いている。政局が重要な課題に直面しているときに、政府閣僚がこのような発言を …… という観点はこの際、棚上げして、純粋に「UFOは存在するか」という点について書きたい。

結論から言えば、「存在する」が正解。理由は簡単で、そもそもUFOとは、「Unidentified Flying Object」の略で、日本語に直すと「未確認飛行物体」となり、本来の意味は「それが何か確認されていない飛行物体」のことで、例えば「空飛ぶ円盤」とか「宇宙人の乗り物」とかいう意味なんか無い。もともとは米軍が防空の際に怪しい飛行物体を指した言葉で、極端なことを言えば、模型が趣味の人間が大きめのラジコンの飛行機を飛ばしたものがレーダーに引っかかると、それがそれと確認されるまではUFOなのだ。だから僕はUFOを信じるかと尋ねられたら、必ず「信じる」と答える。現に存在するんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水曜日)

身長50m

怪    獣 体   格 初   代
ゴジラ 身 長 50m
体 重 25,000トン
ラドン 身 長 50m
体 重 15,000トン
モスラ 幼 虫 体 長 180m
体 重 20,000トン
成 虫 体 長 135m
体 重 15,000トン
      
TVではよく大きさの基準となるものがある。例えば「ここは東京ドーム30個分の広さです」というような表現がよく使われる。
       
ニュアンスは違うが、僕は「高さが50m」と言われると、今でも必ず「ゴジラの身長と同じだな」と思ってしまう。大学1年生のとき、小学校からの友人と犀川沿いを散歩していたとき、どちらかがあの建物はゴジラより高いだろうかと言い出したら、それから延々と怪獣の大きさについて話を続けた記憶がある。大学 1年生にもなってである。
       
その後、ビルの高層化が進み、身長50mでは、①周りの建物に比べゴジラが貧弱に見える、②周りの建物の制作費が膨大になる、などの理由で巨大化していった。なぜか身長が2倍になっても体重は8倍にならないのだが。  だが、僕にとってゴジラは今でも身長50mである。
       
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)